ブリヂストン、2003年モータースポーツ参戦計画を発表

2003.01.30 自動車ニュース

ブリヂストン、2003年モータースポーツ参戦計画を発表

ブリヂストンは、2003年1月29日、都内で「ブリヂストン・ニューイヤーズレセプション」を開催した。2002年のレースを振り返るとともに、2003年の参戦計画などを発表した。


昨年引退した星野一義も登場。長年の功績に感謝の意を表すため、花束が贈呈された

ブリヂストンの渡辺惠夫社長の挨拶に続き、昨年の国内レースシーンを振り返るトークショーが行われた。各カテゴリーを制したBSユーザー、ラルフ・ファーマン(フォーミュラニッポン)、脇坂寿一、飯田章(JGTC)、小暮卓史(全日本F3)、谷田川敏幸(全日本ダートトライアル)らが参加。司会に鈴木亜久里を迎え、昨シーズンの勝因や、今期への意気込みを語った。各選手には、今年から創設された「ブリヂストン・プライズ」(BSタイヤを使用して、国内各カテゴリーで優秀な成績を修めた選手に送られる)が授与された。

2003年、ブリヂストンがタイヤサプライヤーとして参戦するカテゴリーは、F1、IRL、フォーミュラニッポン、JGTCなどだ。

●四輪
F1、IRL、フォーミュラニッポン、全日本GT選手権(JGTC)、カート(Kart)世界選手権、全日本カート選手権、全日本ジムカーナ選手権、全日本ダートトライアル選手権、その他ブリヂストンタイヤワンメイクカテゴリー

●二輪
ロードレース世界選手権シリーズ(MotoGPクラス・125ccクラス)

(webCG 永瀧)

「ブリヂストン」:
http://www.bridgestone.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。