ホンダ、中国で新型「アコード」の生産を開始

2003.01.29 自動車ニュース

ホンダ、中国で新型「アコード」の生産を開始

本田技研工業は、同社の中国における合弁会社、広州本田汽車有限公司により現地生産されている「アコード」のフルモデルチェンジを行ったと発表した。2003年1月15日から製造を始め、1月25日に中国全土で発売した。

ホンダの世界戦略車たる「アコード」。その中国モデルは、日欧で販売されるものではなく、2002年9月にデビューした、大柄なボディをもつ北米向け仕様車がベース。中国の道路事情や使用条件にあわせて、一部を変更したものという。
エンジンは、2リッター、2.4リッターの「i-VTEC」と、3リッターV6「VTEC」の3種類。トランスミッションは5段オートマチックだ。まず2.4リッターを25万9800元(約390.0万円)で先行リリースし、3月に2リッター、4月に3リッター版を投入する予定。全モデルで年間7万台の販売を見込む。

広州本田は、1999年3月の工場稼動以来、アコードを生産しており、これまで累計約13万9000台がラインオフした。
新型からは、中国で加工したシリンダーブロックを使用するなどし、部品の現地調達率を従来の60%から70%に引き上げた。
中国市場では、アコードに加え、2002年4月に「オデッセイ」の生産を開始、2003年夏には「フィット」のセダンモデル「フィットサルーン」も追加する予定という。2003年に計画される生産台数は11万2000台、2004年春には生産能力を24万台まで拡大する計画という。
また販売面では、「四位一体」(販売、サービス、アフターパーツ、マーケット情報のフィードバック)のネットワークを、2003年末までに現在の約140店から200店にまで広げる予定だ。

(webCG 永瀧)

「本田技研工業」:
http://www.honda.co.jp/

 
ホンダ、中国で新型「アコード」の生産を開始の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アコードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・アコード ハイブリッドEX(FF)【試乗記】 2016.6.13 試乗記 誕生から40年を迎えた今年、「ホンダ・アコード」が大幅なマイナーチェンジを受けた。よりパワフルかつトルクフルに進化したパワーユニットの出来栄えはいかに? 変更されたエクステリア、インテリアの印象と併せて報告する。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2015.4.15 試乗記 10年ぶりに登場した新型「ホンダ・レジェンド」に試乗。ホンダの誇る最高級セダンの実力を確かめるとともに、その課題を探った。
  • 「トヨタ・ヴィッツ」にハイブリッドモデルが登場
    2017.1.12 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年1月12日、コンパクトカー「ヴィッツ」にマイナーチェンジを施し、販売を開始した。今回はハイブリッドモデルの追加設定が最大のトピック。さらに、エクステリア、シャシー、安全装備などにも改良が施された。
  • 【デトロイトショー2017】ホンダ、北米向け新型「オデッセイ」を世界初公開
    2017.1.11 自動車ニュース 本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2017年1月9日(現地時間)、北米国際自動車ショー(通称:デトロイトショー/開催期間:2017年1月8日~22日)で、北米向けの新型「オデッセイ」を世界初公開した。
ホームへ戻る