フォード「フォーカス」に新グレード

2003.01.28 自動車ニュース
 

フォード「フォーカス」に新グレード

フォードジャパンリミテッドは、ハッチバック「フォーカス」の1.6リッターモデルに、ベーシックグレードたる「GLX」を新設定。加えて、2002年に限定モデルとして販売した、スポーティな「2.0トレンド」をカタログモデルとして設定し、2003年1月21日に発売した。


【写真上】「フォーカス1.6GLX」
【写真下】スポーティモデル「フォーカス2.0トレンド」
 

日本で販売されている「フォーカス」は、1.6リッターエンジンを積む「1.6GHIA」と、2リッター「2.0GHIA」の2種類で構成されていたが、今回、装備品を省いて価格を引き下げた「1.6GLX」と、スポーティな「2.0トレンド」がランナップに加わった。

1.6GLXは、同じエンジンを積む1.6GHIAの安全装備はそのままに、標準装備されていたオーディオやフォグランプをオプションに変更。さらに、アルミホイールを14インチスチールホイール+フルキャップとするなど、装備の簡略化が図られた。
価格は、1.6GHIAより12.0万円安い189.0万円。

一方の2.0トレンドは、2002年に限定モデルとしてリリースしたスポーティバージョン。2リッターエンジン搭載モデルに、スポーツサスペンションと16インチタイヤ、専用デザインのアルミホイールを装着。装備品としてHIDヘッドランプや電動ガラスサンルーフ、6連奏CDチェンジャーなどを標準で備える。電子装備として、車両安定性を高める目的のESP(エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)が装備されることもニュースだ。
2.0GHIAより1.0万円安い、248.0万円。

(webCGオオサワ)

「フォードジャパンリミテッド」:
http://www.ford.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォーカスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る