フォード「フォーカス」に新グレード

2003.01.28 自動車ニュース
 

フォード「フォーカス」に新グレード

フォードジャパンリミテッドは、ハッチバック「フォーカス」の1.6リッターモデルに、ベーシックグレードたる「GLX」を新設定。加えて、2002年に限定モデルとして販売した、スポーティな「2.0トレンド」をカタログモデルとして設定し、2003年1月21日に発売した。


【写真上】「フォーカス1.6GLX」
【写真下】スポーティモデル「フォーカス2.0トレンド」
 

日本で販売されている「フォーカス」は、1.6リッターエンジンを積む「1.6GHIA」と、2リッター「2.0GHIA」の2種類で構成されていたが、今回、装備品を省いて価格を引き下げた「1.6GLX」と、スポーティな「2.0トレンド」がランナップに加わった。

1.6GLXは、同じエンジンを積む1.6GHIAの安全装備はそのままに、標準装備されていたオーディオやフォグランプをオプションに変更。さらに、アルミホイールを14インチスチールホイール+フルキャップとするなど、装備の簡略化が図られた。
価格は、1.6GHIAより12.0万円安い189.0万円。

一方の2.0トレンドは、2002年に限定モデルとしてリリースしたスポーティバージョン。2リッターエンジン搭載モデルに、スポーツサスペンションと16インチタイヤ、専用デザインのアルミホイールを装着。装備品としてHIDヘッドランプや電動ガラスサンルーフ、6連奏CDチェンジャーなどを標準で備える。電子装備として、車両安定性を高める目的のESP(エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)が装備されることもニュースだ。
2.0GHIAより1.0万円安い、248.0万円。

(webCGオオサワ)

「フォードジャパンリミテッド」:
http://www.ford.co.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・フィエスタ 1.0 EcoBoost(FF/6AT)【試乗記】 2014.2.28 試乗記 欧州フォードのベストセラーモデルである「フィエスタ」が、いよいよ日本に上陸。注目の「1リッターEcoBoost」エンジンを搭載する新型は、どんな走りを見せるのか? 
  • ジュネーブショー2017の会場から(その27) 2017.3.12 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。フォードのブースを画像で紹介する。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドSL(FF/5AT)【試乗記】 2017.7.28 試乗記 スポーティーな走りが身上の「スズキ・スイフト」に、待望のフルハイブリッド車が登場。スズキ独自のハイブリッド機構の出来栄えは? 好評価だったドライバビリティーに影響は? 7000文字(!)もの字数を費やし、その仕上がりを徹底的に検証する。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • 第10回:「フィエスタ日常劇場」にする?
    日常劇場番外編~フィエスタに一週間乗ってみて
    2016.2.3 フォード・フォーカス日常劇場<PR> ちょい乗りのつもりが、結局「フォード・フィエスタ1.0エコブースト スポーツアピアランス」と一週間も過ごしてしまった。小さなボディーならではの、街中での取り回しの良さや小気味いい走りに、すっかり夢中になってしまったからである。
ホームへ戻る