フォード「フォーカス」に新グレード

2003.01.28 自動車ニュース
 

フォード「フォーカス」に新グレード

フォードジャパンリミテッドは、ハッチバック「フォーカス」の1.6リッターモデルに、ベーシックグレードたる「GLX」を新設定。加えて、2002年に限定モデルとして販売した、スポーティな「2.0トレンド」をカタログモデルとして設定し、2003年1月21日に発売した。


【写真上】「フォーカス1.6GLX」
【写真下】スポーティモデル「フォーカス2.0トレンド」
 

日本で販売されている「フォーカス」は、1.6リッターエンジンを積む「1.6GHIA」と、2リッター「2.0GHIA」の2種類で構成されていたが、今回、装備品を省いて価格を引き下げた「1.6GLX」と、スポーティな「2.0トレンド」がランナップに加わった。

1.6GLXは、同じエンジンを積む1.6GHIAの安全装備はそのままに、標準装備されていたオーディオやフォグランプをオプションに変更。さらに、アルミホイールを14インチスチールホイール+フルキャップとするなど、装備の簡略化が図られた。
価格は、1.6GHIAより12.0万円安い189.0万円。

一方の2.0トレンドは、2002年に限定モデルとしてリリースしたスポーティバージョン。2リッターエンジン搭載モデルに、スポーツサスペンションと16インチタイヤ、専用デザインのアルミホイールを装着。装備品としてHIDヘッドランプや電動ガラスサンルーフ、6連奏CDチェンジャーなどを標準で備える。電子装備として、車両安定性を高める目的のESP(エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)が装備されることもニュースだ。
2.0GHIAより1.0万円安い、248.0万円。

(webCGオオサワ)

「フォードジャパンリミテッド」:
http://www.ford.co.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その27) 2017.3.12 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。フォードのブースを画像で紹介する。
  • フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.10.23 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けた「フォード・フォーカス」に試乗。1.5リッターのエコブーストエンジンや、よりしなやかなサスペンションなどによってフィジカルを高めた最新型は、ライバルから“ハンドリング王”のタイトルを奪回できるのか?
  • 第44回:巨乳にも限度がある 2017.6.6 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第44回は「巨乳にも限度がある」。「一生乗る!」との決意とともに2580万円で購入した「フェラーリ458イタリア」、筆者がその“お宝”を手放したワケとは? 進化しすぎたスーパーカーにモノ申す。
  • 第18回:ありがとうフォーカス(最終回)
    3カ月間で3800kmを後にして思ったこと
    2016.3.25 フォード・フォーカス日常劇場<PR> 3カ月間、距離にして3800km、われわれの力強い助っ人として活躍してくれた「フォード・フォーカス」が、今回の報告を最後に編集部から卒業する。ありがとうフォーカス! 駆け足でこの3カ月を振り返る。
  • 第14回:フォーカスの実用燃費報告
    約2000km走って11.0km/リッターを記録
    2016.2.26 フォード・フォーカス日常劇場<PR> フォーカスがwebCGにやって来てから早いもので2カ月が経過した。約2000km走って得た実用燃費は11.0km/リッター。燃費を伸ばすためには、ちょっとした傾向と対策があることがわかってきた。
ホームへ戻る