スズキ、シボレー「トレイルブレイザー」の取り扱いを開始

2003.01.27 自動車ニュース

スズキ、シボレー「トレイルブレイザー」の取り扱いを開始

スズキは、米ゼネラルモーターズとの提携の一環として、同社の販売網の1つ「スズキアリーナ店」で、シボレー「トレイルブレイザー」を取り扱うことを発表した。「ボウタイ」(シボレーのトレードマーク)を付けたアメリカンSUVが店頭に並ぶのは、2003年2月1日から。

「トレイルブレイザー」は、2001年9月に日本に初上陸したミディアムSUV。2002年11月にマイナーチェンジを受け、7人乗りモデル「EXT LT」が追加された。
今回スズキが取り扱うのは、「トレイルブレイザー」の5人乗りモデル「LT」と「LTZ」。4.2リッター直6エンジンが発する279psのパワーは、4段ATを介し、パートタイム4WDで四輪を駆動する。
装備面では、盗難防止装置やデュアルゾーンエアコン(左右独立温度調節機能付きエアコン)などを採用した。

価格は、日本GMの希望小売価格と変わらない。

シボレー「トレイルブレイザー」
「LT」:369.0万円(4WD/4段AT)
「LT」(電動サンルーフ付き):381.0万円(4WD/4段AT)
「LTZ」:421.4万円(4WD/4段AT)

(webCG 永瀧)

「スズキ」:
http://www.suzuki.co.jp/

 
スズキ、シボレー「トレイルブレイザー」の取り扱いを開始の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • シボレー・トラバースLS(FF/6AT)【試乗記】 2009.6.15 試乗記 シボレー・トラバースLS(FF/6AT)
    ……498.0万円

    全長5.2m超、ホイールベース3m超! 圧倒されそうな巨体に乗り込んでみると、意外やその乗り味は……。
  • シボレー・ブレイザーLS(4AT)【試乗記】 2001.9.8 試乗記 シボレー・ブレイザーLS(4AT)
    ……298.0万円

    1983年に登場したシボレー・ブレイザー。息の長いこの手のクルマのなかにあっても、いよいよモデル末期。熟成なったシェビーのSUVに、自動車ジャーナリスト、笹目二朗が乗った。


  • 「フィアット500」に青い海をイメージした限定車登場 2017.3.15 自動車ニュース FCAジャパンは2017年3月15日、「フィアット500」に特別仕様車「MareBlu(マーレブル)」を設定し、同年3月25日に100台の台数限定で発売すると発表した。
  • プジョー、ミドルクラスSUVの新型「3008」を発売 2017.3.14 自動車ニュース プジョーがミドルクラスSUVの新型「3008」を発売。既存のモデルから一新されたスタイリングが特徴で、直立したフロントマスクや高めのウエストラインなどにより、SUVらしさが強調されている。エンジンは1.6リッターターボで、駆動方式はFFのみとなる。
  • スバルの7シーター「クロスオーバー7」にレジャーで役立つ特別仕様車 2017.3.13 自動車ニュース スバルが「クロスオーバー7」の外装色を変更。同時に特別仕様車「X-BREAK」を設定した。ダッシュボードの装飾パネルやサイドクラッディングなどでデコレートされた内外装が特徴で、はっ水シートやリバーシブルカーゴフロアボードなどが装備される。
ホームへ戻る