スズキ、シボレー「トレイルブレイザー」の取り扱いを開始

2003.01.27 自動車ニュース

スズキ、シボレー「トレイルブレイザー」の取り扱いを開始

スズキは、米ゼネラルモーターズとの提携の一環として、同社の販売網の1つ「スズキアリーナ店」で、シボレー「トレイルブレイザー」を取り扱うことを発表した。「ボウタイ」(シボレーのトレードマーク)を付けたアメリカンSUVが店頭に並ぶのは、2003年2月1日から。

「トレイルブレイザー」は、2001年9月に日本に初上陸したミディアムSUV。2002年11月にマイナーチェンジを受け、7人乗りモデル「EXT LT」が追加された。
今回スズキが取り扱うのは、「トレイルブレイザー」の5人乗りモデル「LT」と「LTZ」。4.2リッター直6エンジンが発する279psのパワーは、4段ATを介し、パートタイム4WDで四輪を駆動する。
装備面では、盗難防止装置やデュアルゾーンエアコン(左右独立温度調節機能付きエアコン)などを採用した。

価格は、日本GMの希望小売価格と変わらない。

シボレー「トレイルブレイザー」
「LT」:369.0万円(4WD/4段AT)
「LT」(電動サンルーフ付き):381.0万円(4WD/4段AT)
「LTZ」:421.4万円(4WD/4段AT)

(webCG 永瀧)

「スズキ」:
http://www.suzuki.co.jp/

 
スズキ、シボレー「トレイルブレイザー」の取り扱いを開始の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ブラックでキメた「シボレー・キャプティバ」限定発売 2017.5.30 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・ジャパンは2017年5月30日、ミドルサイズSUV「シボレー・キャプティバ」の特別仕様車「キャプティバ パーフェクトブラック エディションII」を発表した。同年6月3日に15台限定で発売される。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.6.5 試乗記 マイナーチェンジを受けて、デジタルインターフェイスと先進運転支援システムの両面で進化を遂げた「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。その完成度はCセグメントの基準を揺るがすか? ワゴンモデル「ゴルフヴァリアント」に試乗した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.30 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジを受けて登場! もともとの基本性能の高さに加えて、最新の安全装備やデジタルインターフェイスも手にした“Cセグメントの盟主”に、もはや死角は残されていないのか? 中間グレード「TSIハイライン」でテストした。
  • 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジ 2017.5.25 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年5月25日、マイナーチェンジを施した「ゴルフ/ゴルフヴァリアント/ゴルフ オールトラック」を発表した。同年5月29日に発売する。車両価格は249万9000円から。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
ホームへ戻る