スズキ、シボレー「トレイルブレイザー」の取り扱いを開始

2003.01.27 自動車ニュース

スズキ、シボレー「トレイルブレイザー」の取り扱いを開始

スズキは、米ゼネラルモーターズとの提携の一環として、同社の販売網の1つ「スズキアリーナ店」で、シボレー「トレイルブレイザー」を取り扱うことを発表した。「ボウタイ」(シボレーのトレードマーク)を付けたアメリカンSUVが店頭に並ぶのは、2003年2月1日から。

「トレイルブレイザー」は、2001年9月に日本に初上陸したミディアムSUV。2002年11月にマイナーチェンジを受け、7人乗りモデル「EXT LT」が追加された。
今回スズキが取り扱うのは、「トレイルブレイザー」の5人乗りモデル「LT」と「LTZ」。4.2リッター直6エンジンが発する279psのパワーは、4段ATを介し、パートタイム4WDで四輪を駆動する。
装備面では、盗難防止装置やデュアルゾーンエアコン(左右独立温度調節機能付きエアコン)などを採用した。

価格は、日本GMの希望小売価格と変わらない。

シボレー「トレイルブレイザー」
「LT」:369.0万円(4WD/4段AT)
「LT」(電動サンルーフ付き):381.0万円(4WD/4段AT)
「LTZ」:421.4万円(4WD/4段AT)

(webCG 永瀧)

「スズキ」:
http://www.suzuki.co.jp/

 
スズキ、シボレー「トレイルブレイザー」の取り扱いを開始の画像

関連キーワード:
トレイルブレイザーシボレー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・トラバースLS(FF/6AT)【試乗記】 2009.6.15 試乗記 シボレー・トラバースLS(FF/6AT)
    ……498.0万円

    全長5.2m超、ホイールベース3m超! 圧倒されそうな巨体に乗り込んでみると、意外やその乗り味は……。
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2018.3.5 試乗記 クリーンディーゼルエンジンを搭載する「フォルクスワーゲン・パサート」が、いよいよ日本上陸。その乗り味にはどんな特徴があるのか、ワゴンの上級モデル「パサートヴァリアントTDIハイライン」に試乗して確かめた。
  • ブラックでキメた「シボレー・キャプティバ」限定発売 2017.5.30 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・ジャパンは2017年5月30日、ミドルサイズSUV「シボレー・キャプティバ」の特別仕様車「キャプティバ パーフェクトブラック エディションII」を発表した。同年6月3日に15台限定で発売される。
  • シボレー・トレイルブレイザー日本上陸! 2001.9.5 自動車ニュース ■シボレーをメジャープレイヤーに2001年9月4日、東京は港区台場の「ホテル日航東京」において、シボレーの新型クロスカントリー「トレイルブレイザー」の発表会が行われた。トレイルブレイザーは、新開発のラダーフレームシャシーに、従来のブレイザーよりひとまわり大きな5ドアボディを載せたブランニュー4WDモデル。搭載される4.2リッター直6(!)エンジンがまったくの新開発であるのはもとより、専用の生産工場まで立ち上げたGMの重要車種である。
  • シボレー・キャプティバ(4WD/6AT)【試乗記】 2011.8.8 試乗記 シボレー・キャプティバ(4WD/6AT)
    ……395万3000円

    韓国GMが生産するシボレーのSUVモデル「キャプティバ」が日本上陸。新しいアメリカ車の走りと使い勝手を試した。
ホームへ戻る