スズキ、シボレー「トレイルブレイザー」の取り扱いを開始

2003.01.27 自動車ニュース

スズキ、シボレー「トレイルブレイザー」の取り扱いを開始

スズキは、米ゼネラルモーターズとの提携の一環として、同社の販売網の1つ「スズキアリーナ店」で、シボレー「トレイルブレイザー」を取り扱うことを発表した。「ボウタイ」(シボレーのトレードマーク)を付けたアメリカンSUVが店頭に並ぶのは、2003年2月1日から。

「トレイルブレイザー」は、2001年9月に日本に初上陸したミディアムSUV。2002年11月にマイナーチェンジを受け、7人乗りモデル「EXT LT」が追加された。
今回スズキが取り扱うのは、「トレイルブレイザー」の5人乗りモデル「LT」と「LTZ」。4.2リッター直6エンジンが発する279psのパワーは、4段ATを介し、パートタイム4WDで四輪を駆動する。
装備面では、盗難防止装置やデュアルゾーンエアコン(左右独立温度調節機能付きエアコン)などを採用した。

価格は、日本GMの希望小売価格と変わらない。

シボレー「トレイルブレイザー」
「LT」:369.0万円(4WD/4段AT)
「LT」(電動サンルーフ付き):381.0万円(4WD/4段AT)
「LTZ」:421.4万円(4WD/4段AT)

(webCG 永瀧)

「スズキ」:
http://www.suzuki.co.jp/

 
スズキ、シボレー「トレイルブレイザー」の取り扱いを開始の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

トレイルブレイザーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シボレー・トラバースLS(FF/6AT)【試乗記】 2009.6.15 試乗記 シボレー・トラバースLS(FF/6AT)
    ……498.0万円

    全長5.2m超、ホイールベース3m超! 圧倒されそうな巨体に乗り込んでみると、意外やその乗り味は……。
  • 「アルファ4C/4Cスパイダー」に創業107周年記念の特別仕様車 2017.4.25 自動車ニュース FCAジャパンは2017年4月25日、アルファ・ロメオの創業107周年を記念した特別仕様車「4C/4C Spider 107th Edition」を設定し、2017年5月1日から6月30日までの期間限定で注文を受け付けると発表した。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(後編) 2017.3.30 mobileCG レーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 前回に引き続き、今回も「BMW 540i」に試乗する。新しい直列6気筒エンジンを搭載する「5シリーズ」の真打ちは、どんなドライバーにお薦めか。谷口視点で分析する!
ホームへ戻る