【スペック】X:全長×全幅×全高=4550×1695×1590mm/ホイールベース=2750mm/車重=1330kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC16バルブ(132ps/6000rpm、17.3kgm/4200rpm)/車両本体価格=168.8万円(テスト車=201.5万円/ムーンルーフ+CD/MDプレイヤー付きDVDナビ+6スピーカー+ガラスアンテナ、バックガイドモニター&ブラインドコーナーモニター、ステアリングスイッチ、ラジオレス)

トヨタ・ウィッシュX FF/X「Sパッケージ」4WD(4AT/4AT)【試乗記】

ストリームは大したもんだ 2003.01.25 試乗記 トヨタ・ウィッシュX FF/X「Sパッケージ」4WD(4AT/4AT)……201.5/257.4万円「メタルカプセル」を標榜するモノフォルムボディに、3列シートを並べたトヨタのピープルムーバー「ウィッシュ」。雨の小田原で開催されたプレス試乗会に、webCG記者が参加した。


トヨタ・ウィッシュX FF/X「Sパッケージ」4WD(4AT/4AT)【試乗記】の画像
X\"Sパッケージ\"のインパネ

X\"Sパッケージ\"のインパネ

「Steel Egg」転じて「メタルカプセル」に

「イプサムが3ナンバーに決まった時点で、じゃあ、5ナンバーサイズのクルマはどうするのか? というハナシが出ていました」と関係者が語る「トヨタ・ウィッシュ」。昨2002年10月29日から開催された東京モーターショー(商用車)で“ほぼ”市販モデルが参考出品され、翌2003年1月20日に販売が開始された、3列シート7人乗りのピープルムーバーである。「プレミオ/アリオン」のコンポーネンツを活用して開発され、ベースモデルより50mm長い2750mmのホールベースに、全長×全幅×全高=4550×1695×1590mmのボディを載せる。

ウィッシュが売られるビスタ店では「イプサムの小さいの」、ネッツ店では「ヴォクシーみたいにイカつくないヤツ」という位置づけになろう。エンジンは、当面1.8リッター直4(132ps、17.3kgm)のみ(後に2リッターが加わる予定だという)で、4段ATと組み合わされる。FF(前輪駆動)をメインに、寒冷地用の4WDモデルあり。価格は、158.8から214.8万円となる。

ウィッシュのデザインに関わった方によると、ウィッシュのデザインは「四角いミニバンのなかにあって、差別化が図れる“モノフォルム”スタイルを取った」そうで、流麗なボディラインに違わず、空気抵抗を示すCD値は0.30という優秀なもの。「乗りやすいサイズに、ボリューム感、存在感を出しました」。
内装は、20代、30代のヤングカップルを対象に、ブラック基調で「シックにまとめた」という。

2年ほど前に描かれた、デザインのコンセプト画を見せていただく。クルマのリアに「Steel Egg」の文字。しかし、市販ウィッシュのデザインイメージは「メタルカプセル」と聞いている。
「エスティマが“天才タマゴ”というキャッチコピーだったので、エッグはやめよう、と。目玉を見ていただくとわかるのですが、3次曲面にまとわりつくような縦長のヘッドランプは、セリカやエスティマにも用いられる……」最近の“トヨタ顔”で、「小エスティマをつくるつもりはなかったのですが、(はからずも)ウィッシュを見たヒトから『エスティマに似ている』と言われることが多いんです」と、デザインスタッフは笑う。
そうですか。僕は、ホンダ・ストリームに似ていると思います。と、webCG記者は胸のなかでつぶやく。

【スペック】
X“Sパッケージ”4WD:全長×全幅×全高=4550×1695×1600mm/ホイールベース=2750mm/車重=1470kg/駆動方式=4WD/1.8リッター直4DOHC16バルブ(125ps/6000rpm、16.4kgm/4200rpm)/車両本体価格=214.8万円(テスト車=257.4万円/サイド&カーテンエアバッグ、イモビライザー、CD/MDプレイヤー付きDVDナビ+6スピーカー+ガラスアンテナ、バックガイドモニター&ブラインドコーナーモニター、ステアリングスイッチ)

【スペック】X“Sパッケージ”4WD:全長×全幅×全高=4550×1695×1600mm/ホイールベース=2750mm/車重=1470kg/駆動方式=4WD/1.8リッター直4DOHC16バルブ(125ps/6000rpm、16.4kgm/4200rpm)/車両本体価格=214.8万円(テスト車=257.4万円/サイド&カーテンエアバッグ、イモビライザー、CD/MDプレイヤー付きDVDナビ+6スピーカー+ガラスアンテナ、バックガイドモニター&ブラインドコーナーモニター、ステアリングスイッチ)
写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。

写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。
写真をクリックするとシートアレンジが見られます。

写真をクリックするとシートアレンジが見られます。

着実な“カイゼン”

ウィッシュは基本的に「X」のみのモノグレードだが、各種モノ入れやオーディオ類を省いた廉価版「Eパッケージ」と、ディスチャージヘッドランプやエアロパーツ、革巻きステアリングホイールなどでスポーティに装う「Sパッケージ」が用意される。

ドライバーズシートに座ると、いわゆるミニバンより着座位置が低く、普通の乗用車と変わらない運転姿勢がとれる。ギザギザゲートをもつATシフターは、センターコンソールから生える。「ノア/ヴォクシー」というよりは「ホンダ・アヴァンシア」に似たインパネまわり。足踏み式パーキングブレーキを採用したこともあり、前席左右間の行き来は楽で、忙しい撮影の際に便利だった。

セカンドシートは前後に195mmスライドでき、また、ヘッドレストを抜くことなく、座面を前に折って背もたれを倒すダブルフォールディングが可能だ。物理的に十分なスペースがあるうえ、大きなサイドウィンドウが広々感を強調する。感心したのがリアドア開口部の大きさで、Cピラーにあたる窓枠に黒いガーニッシュを付けてピラーが前傾している印象を与え“スポーティ”を演出する。一方、内側の、実際の開口部は、上が狭まることなく垂直に近くに切られ、乗降性に考慮された。手練れによるさりげない工夫である。

サードシートは、この手のクルマの例に漏れず、子供もしくはエマージェンシー用。とはいえ、クルマのサイズは違うが、「カローラスパシオ」では肩下までしかなかったバックレストが、ウィッシュではちゃんと肩にかかる。「ガッチリした頼もしいヘッドレスト」「背もたれを前に倒すと連動して沈む座面」と、着実に“カイゼン”が施された。



トヨタ自動車株式会社 第2開発センター 製品企画 チーフエンジニア 吉田健氏

手動で助手席が回転して、車外へスライドする「助手席回転スライドシート車」など、トヨタウェルキャプシリーズもラインナップされる(177.8-219.8万円)

ストリームに似ていませんか?

搭載されるパワーソースは、可変バルブタイミング機構を備えた1.8リッター“BEAMS”ユニット。FF(132ps、17.3kgm)と4WD(125ps、16.4kgm)で多少チューンが異なる。ウィッシュは、FFモデルでプレミオ/アリオンより100kg以上重い1300kg、四駆版はさらに100kg重い1400kgのボディをもつが、1.8リッター4気筒エンジンは、ことさらドライバーに「遅い!」と感じさせることなく、引っぱる。
前マクファーソンストラット、リアは3列目シート幅を確保するため、セダンより取り付け位置を下げたトーションビームの足まわり。雨の小田原を平均的に走るかぎり、よろめくことなく、ステアリング操作にもシェアに応えて、しっかり走る。“スポーティ”と表現するのは躊躇されるが、ウィッシュの“走り”は、ドライビングポジション同様、乗用車のようだ。ステアリングホイールを握って10分もたつと、乗っているクルマのことを意識しなくなるのも、トヨタの他のモデルと同じ。

「ストリームに似ていませんか?」。ウィッシュの開発をとりまとめた吉田健第2開発センター製品企画チーフエンジニアにうかがう。
「パッケージは一緒なんです。7人乗りというコンセプトが」
−−スポーティな……。
「スポーティ、ですね」と言葉を続けた吉田さんは、ウィッシュは、ストリームをターゲットにしたモデルというより、次の時代のクルマを模索することから誕生した、と語る。2年後に登場したのだから、クルマのレベルも違う、と。
−−まるで違うクルマにしたかったという欲求はありませんでしたか?
「クルマを比較されるのはお客さまですから。違いを出そうと、ボディサイズを変えたり、高さを低くしたり、と考え出すと、(結果的に)不便なクルマになってしまう」と吉田チーフエンジニアは言う。(そういう意味では)「やっぱりストリームの考え方というのは大したもんだ、と」と口に出してから、そういうことなんでしょうねェ、と自らの言葉を確認する。正直なエンジニアなのだ。

なるほど。おっしゃることはもっともだけれど、フォロワーはフォロワーである。それも2年遅れの。……といった外野の声をまるで気にしないところが、いまのニッポンのナンバーワン自動車メーカーの強さだ。登場の仕方はともかく、売れてしまえばそれも実力、という割り切りがすごい。テレビコマーシャルのCMソングには、宇多田ヒカルじゃなくて、倉木麻衣を起用するべきだったな。

(文=webCGアオキ/写真=峰 昌宏/2003年1月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・アルファード/ヴェルファイア【試乗記】 2015.2.28 試乗記 「大空間高級サルーン」をキーワードに開発したという、新型「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」。果たして、その仕上がりは? 複数のバリエーションに試乗してわかった、使い勝手や走りの特徴を報告する。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • アウディA3スポーツバック1.4 TFSI スポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2017.3.14 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3スポーツバック」をテストドライブ。新たに与えられた先進装備の使い勝手など、アウディの屋台骨を支える、最量販モデルの仕上がりをリポートする。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――ホンダ・オデッセイ アブソルートEX Honda SENSING(前編) 2017.2.23 mobileCG レーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは「ホンダ・オデッセイ アブソルート」。ミニバンウオッチャーをもって任じる谷口。“ホンダイズム”を結集させた最新のオデッセイに何を見いだすのか!
ホームへ戻る