フィアットオート、MPV「ムルティプラ」を導入

2003.01.24 自動車ニュース
 

フィアットオート、MPV「ムルティプラ」を導入

フィアットオートジャパンは、6人乗りのマルチパーパスビークル、フィアット「ムルティプラELX」を、2003年4月5日から販売すると、同年1月23日に発表した。



 

■ユニークなレイアウト、そしてデザイン

1998年にデビューしたフィアット「ムルティプラ(Multipla)」は、前席3人後席3人のユニークなレイアウトをもつマルチパーパスビークル(MPV)。ユニークなのはパッケージだけでなく、そのフォルムは、一度見たら忘れられなくなるような個性を放っている。
ネーミングは「増える」の意。室内空間を自由にアレンジすることで、「クルマの表情や行動力がさらに“増える”」(プレスリリース)というわけだ。

日本に導入されるのは、1.6リッター直4 DOHC16バルブのガソリンエンジン(103ps/5750rpm、14.8kgm/4000rpm)に、5段MTを組み合わせた右ハンドル仕様。価格は249.0万円で、2003年の販売目標台数を300台に設定する。

ボディサイズは、全長×全幅×全高=4005×1875×1670mm、ホイールベースは2665mm。全長はフォルクスワーゲン「ゴルフ」より150mm短いが、全幅はメルセデスベンツ「Sクラス」よりも20mm広く、だいぶ幅広だ。

低いウェストラインの上に、大きなグラスエリアの上屋が載る奇抜なエクステリアデザインは、ムルティプラの特徴のひとつ。ガラス面を大きくとることにより、開放感ある室内と視界を確保する。バンパー、ボンネット、Aピラーの付け根と、異なる高さに配されたヘッドランプは、フロントマスクをファニーに演出するとともに、路面を効果的に照らす機能性を兼ね備えているという。


写真は、左ハンドル仕様
 

■6つの独立シート

インテリアでは、前席3、後席3の2列シートが特徴。シートはすべて独立式で、全席に3点式シートベルトとヘッドレストを与える。居住性を考慮し、中央シートはやや後方にずれて配置される。
後席は個別に取り外し可能。荷室容量は6座の場合490リッターだが、リアシートを取り外すと1900リッターまで拡大、ユーザーの使い方に応じたアレンジをウリとする。フロアは低床で、荷物の積み下ろしや乗降性の高さに配慮した。

コクピット中央には、これまた造形に凝ったセンターメーターと操作系を配置。シフトレバーはステアリングホイールの横、インパネ中央に設けられる。
収納スペースは多く、前後ドアポケットや上下ボックス付きのダッシュボード、携帯電話やドリンク、コインホルダーなどの小物入れも充実する。前後中央席のシートバックを前に倒せば、カップホルダー付きのテーブル&アームレストとしても利用可能だ。

■実用的なエンジン

エンジンは、1.6リッター直4 DOHC16バルブ。103ps/5750rpmの最高出力と、14.8kgm/4000rpmの最大トルクを発生する。2300-5800rpmで最大トルクの85%を生み出すという、フィアットいわく「トルキーエンジン」だ。
トランスミッションは5段MTのみで、前輪を駆動する。
諸元表によれば、0-100km/h加速で12.6秒、最高速度は170km/hである。

サスペンションは、フロントがマクファーソンストラット、リアはトレーリングアームで、前後ともスタビライザーが装着される。

快適装備は、オートエアコン、CDプレーヤー&AM/FM電子チューナー付きオーディオ、燃料消費量や走行距離などを表示できる「マルチファンクションディスプレイ」など。安全装備として、前席デュアル&サイドエアバッグと、側面衝突時に乗員を守るウィンドウエアバッグ、EBD付きABSなどを標準装備する。

(webCGオオサワ)

「フィアットオートジャパン」:
http://www.fiat-auto.co.jp/

関連記事
  • フィアット・ムルティプラ ELX(5MT)【試乗記】 2005.3.2 試乗記 フィアット・ムルティプラ ELX(5MT)
    ……262万3950円

    「奇怪な顔」とか「ブサイク」とか言われ続けてきたフィアットの「ムルティプラ」が、マイナーチェンジを受けて「普通の顔」になった。しかし、いちばんの美質はまったく損なわれていない、と自動車ジャーナリストの島下泰久は言う。


  • フィアットオート、MPV「ムルティプラ」を導入 2003.1.24 自動車ニュース フィアットオートジャパンは、6人乗りのマルチパーパスビークル、フィアット「ムルティプラELX」を、2003年4月5日から販売すると、同年1月23日に発表した。
  • ブサイクがフツー顔に――新「フィアット・ムルティプラ」発売 2004.11.12 自動車ニュース フィアットオートジャパンは、3席×2列=6人乗りのシートレイアウトを持つMPV「フィアット・ムルティプラ」のニューモデルを、2004年11月20日に発売する。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • フォルクスワーゲンが「up!」をマイナーチェンジ 2017.4.27 自動車ニュース フォルクスワーゲンがコンパクトカー「up!」をマイナーチェンジ。注目は新設定の純正インフォテインメントシステム「Composition Phone」で、スマートフォンとの連携により、ルート案内や音楽再生などの機能を簡単に使うことができるという。
  • 第19回:完全自動運転が実現する日は近い!?
    インポーターに聞きました~テスラ編~
    2017.5.15 JAIA輸入車試乗会2017 2017年4月上旬には株式の時価総額でゼネラルモーターズを抜き、アメリカの自動車メーカーで首位に立ったテスラ。飛ぶ鳥を落とす勢いのEV専業メーカーの、昨年の販売状況はどうだった? そして今年の動向は?
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • 仏プジョー、本国で「308」をマイナーチェンジ 2017.5.8 自動車ニュース フランスのグループPSAは2017年5月5日、「プジョー308」のマイナーチェンジモデルの概要を発表した。フロントまわりのデザインが変更を受けるほか、先進運転支援システムが強化される。
  • 第39回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    おデブなMINIってアリなのか?
    2017.5.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第39回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! おデブなMINIはアリなのか?」。サイズもお値段もマッチョなMINIクーパーSD クロスオーバーALL4をクルマ変態的視点で斬る!
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
ホームへ戻る