日産「スカイライン」などに福祉車両

2003.01.24 自動車ニュース

日産「スカイライン」などに福祉車両

日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは、「スカイライン」(セダン/クーペ)「フェアレディZ」「ステージア」「モコ」に、福祉車両「ライフケアビークル」を設定、2003年1月16日に発売した。

今回設定されたのは、「ライフケアビークル」のうち、下肢が不自由なひとが運転する際の運転補助装置の付いた「ドライビングヘルパーシリーズ」と呼ばれるもの。
軽自動車「モコ」(スズキ「MRワゴン」のOEMモデル)には、従来型の手動運転装置「オーテックドライブギア」を付与。一方の「スカイライン」のセダンとクーペ、ワゴン「ステージア」と2ドアクーペ「フェアレディZ」には、新開発「オーテックドライブギアタイプe」を与えた。この補助装置は、手元のコントロールグリップで行うアクセル操作の制御方式に、「日本メーカーで初めて電子制御方式を採用」(プレスリリース)したもので、装置のコンパクト化と、操作の滑らかさが謳われる。

詳しい価格とベースグレードは以下の通り。

スカイラインセダン(250GT):305.0万円
スカイラインクーペ(350GT):350.0万円
フェアレディZ(バージョンT):366.0万円
ステージア(250RX):295.0万円
モコ(C 2WD):132.8万円
モコ(C 4WD):144.0万円
(消費税は非課税)

なお同装置は、AT、CVT仕様車であれば、他グレードにも架装可能という。

(webCG 永瀧)

日産自動車「福祉車両ライフケアビークルシリーズ」:
http://www.nissan.co.jp/LV/

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スカイラインの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 歴代「日産スカイライン」を写真で紹介 2014.5.27 画像・写真 13台の歴代「日産スカイライン」が勢ぞろい! 各モデルの姿を写真で紹介する。
  • 「日産スカイライン」に誕生60周年を祝う特別仕様車 2016.11.7 自動車ニュース 日産自動車は「スカイライン」にデビュー60周年を祝う特別仕様車「60thリミテッド」を設定し、販売を開始した。セミアニリン加工を施した本革シートやオープンポアウッドの装飾パネルなど、カタログモデルとは異なる内装を特徴としている。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • トヨタ、新型小型車「ルーミー」「タンク」を発売 2016.11.9 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月9日、ハイトワゴンタイプの新型小型車「ルーミー」と「タンク」を発表し、販売を開始した。ルーミーとタンクは、広々とした空間“Living”と余裕の走り“Driving”を掛け合わせた「1LD-CAR(ワンエルディーカー)」がコンセプトの小型車である。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
ホームへ戻る