日産「スカイライン」などに福祉車両

2003.01.24 自動車ニュース

日産「スカイライン」などに福祉車両

日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは、「スカイライン」(セダン/クーペ)「フェアレディZ」「ステージア」「モコ」に、福祉車両「ライフケアビークル」を設定、2003年1月16日に発売した。

今回設定されたのは、「ライフケアビークル」のうち、下肢が不自由なひとが運転する際の運転補助装置の付いた「ドライビングヘルパーシリーズ」と呼ばれるもの。
軽自動車「モコ」(スズキ「MRワゴン」のOEMモデル)には、従来型の手動運転装置「オーテックドライブギア」を付与。一方の「スカイライン」のセダンとクーペ、ワゴン「ステージア」と2ドアクーペ「フェアレディZ」には、新開発「オーテックドライブギアタイプe」を与えた。この補助装置は、手元のコントロールグリップで行うアクセル操作の制御方式に、「日本メーカーで初めて電子制御方式を採用」(プレスリリース)したもので、装置のコンパクト化と、操作の滑らかさが謳われる。

詳しい価格とベースグレードは以下の通り。

スカイラインセダン(250GT):305.0万円
スカイラインクーペ(350GT):350.0万円
フェアレディZ(バージョンT):366.0万円
ステージア(250RX):295.0万円
モコ(C 2WD):132.8万円
モコ(C 4WD):144.0万円
(消費税は非課税)

なお同装置は、AT、CVT仕様車であれば、他グレードにも架装可能という。

(webCG 永瀧)

日産自動車「福祉車両ライフケアビークルシリーズ」:
http://www.nissan.co.jp/LV/

 
日産「スカイライン」などに福祉車両の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スカイラインの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 歴代「日産スカイライン」を写真で紹介 2014.5.27 画像・写真 13台の歴代「日産スカイライン」が勢ぞろい! 各モデルの姿を写真で紹介する。
  • 第3回:ロータス・ヨーロッパ スペシャル 2017.3.29 特集 スーパーカーとは何だろうか。排気量と価格で判断したら、「ロータス・ヨーロッパ」をそう呼ぶのはためらわれる。しかしヨーロッパはまちがいなくスーパーだった。この軽やかさ! レースとの絆は、同時代のフェラーリよりも濃いかもしれない。
  • ブガッティ・シロン(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.3.27 試乗記 1500psから420km/hという最高速を繰り出す「ブガッティ・シロン」に試乗。その桁外れの動力性能は驚きに値するが、それにも増して感動的だったのは、どんな状況でもこのクルマを100%信頼できるという感触が備わっていることだった。
  • 【上海ショー2017】ポルシェ、5台のニューモデルを出展 2017.4.21 自動車ニュース 独ポルシェは、上海モーターショー(会期:2017年4月19日~28日)に、ワゴンボディーを持つ「パナメーラ スポーツツーリスモ」や、ロングボディーのショーファードリブン仕様「パナメーラ エグゼクティブ」など5台のニューモデルを出展した。
  • ポルシェが「パナメーラ」の最上級モデルを日本に導入 2017.4.20 自動車ニュース ポルシェが「パナメーラ ターボS E-ハイブリッド エグゼクティブ」の予約受け付けを開始。V8ターボとプラグインハイブリッド機構を組み合わせた「パナメーラ」最上級グレードで、価格は2831万~3044万円となっている。
ホームへ戻る