メルセデスベンツの高性能モデル「CLK55 AMG」発売

2003.01.22 自動車ニュース

メルセデスベンツの高性能モデル「CLK55 AMG」発売

ダイムラークライスラー日本は、メルセデスベンツ「Cクラス」ベースの2ドアクーペ「CLK」をメルセデスAMG社がチューニングしたハイパフォーマンス版「CLK55 AMG」を導入、2003年1月20日に発売した。

メルセデスベンツ「CLK」は、「Cクラス」ベースの2ドアクーペ。Bピラーがないボディ形状に加え、ウィンドウが下がりきることによる開放感が特徴とされる。
「CLK55 AMG」は、そのCLKに、メルセデスAMG社が手がけたエンジン、足まわり、内外装を与えた高性能バージョンである。

パワーソースは、メルセデスベンツのV8 SOHCユニットをベースに、8mmストロークを延長し、排気量を拡大した5.5リッターV8 SOHCエンジン。367ps/5750rpmの最高出力と、52.0kgm/4000rpmの最大トルクを発生する。トランスミッションは、電子制御式5段AT。レバーの左右でシフトできる「ティップシフト」に加え、ステアリングコラム左右に組み込まれたセレクタースイッチでギアチェンジできる、「AMGステアリングシフト」を装備する。

足まわりには、AMG強化ブレーキシステムやスポーツサスペンションを装着。AMGデザインのツインスポークアルミホイールに、フロント225/40R18、リア255/35R18の薄くて太いタイヤ履く。

内外装も変更された。エクステリアは、AMGデザインのフロントスポイラー、サイド&リアスカートで飾り、またインテリアでは、センターコンソールやドアトリムにアルミニウムパネルを採用し、スポーティさと高級感を演出した。フロントシートは、サイド部のサポート性などをきめ細かく調整できる、「マルチコントロールシートバック」付きの本革スポーツシート。ほかに、本革巻きスポーツステアリングホイールなどが付与された。

左ハンドルのみの設定で、価格はCLK302より390.0万円高い、1090.0万円。詳しくは「メルセデスコール」(電話:0120-190-610)まで。

(webCG武政)

「メルセデスベンツ」:
http://www.mercedes-benz.co.jp/

 
メルセデスベンツの高性能モデル「CLK55 AMG」発売の画像

関連キーワード:
CLKクラスメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • デトロイトショー2016(その2) 2016.1.15 画像・写真 メルセデスの新型オープン2シーター「SLC」の姿を写真で紹介する。
  • 単なるブームの産物なのか?
    新型SUV「ランボルギーニ・ウルス」に思うこと
    2018.2.16 デイリーコラム コンセプトカーの登場から6年。ようやく日本上陸を果たした「ランボルギーニ・ウルス」だが、スーパーカーメーカーのSUVにはさまざまな議論がつきまとう。これは単なる“SUVブームの産物”なのか? その見どころはどこにある?
  • BMW X3 xDrive20d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.1.31 試乗記 見た目はキープコンセプトながら、多くの先進機能を携えて登場した3代目「BMW X3」に試乗。そのライバル車に対するアドバンテージはどこにあるのか。内外装の出来栄えや、走行性能をチェックした。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.1.24 試乗記 いよいよ日本にも導入されたファン待望のスポーツセダン「アルファ・ロメオ・ジュリア」。そのラインナップのなかから、今回は280psを発生する「ヴェローチェ」の4WDに試乗。その走りの特徴を、アルファの4WDの歴史とともに紹介する。
  • 第73回:伊達軍曹、スバリストになる!? 2018.1.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第73回は「伊達軍曹、スバリストになる!?」。筆者が率いるカーマニア集団「MJ戦略参謀本部」、そこに属する個性派メンバー達のこだわりとは? 共にスバリストを自認する守旧派VS改革派(!?)が激突する!
ホームへ戻る