アウディ、高性能スポーツモデル「RS6」発表

2003.01.21 自動車ニュース
 

アウディ、高性能スポーツモデル「RS6」発表

アウディジャパンは、アッパーミドルクラス「A6」の高性能セダン「RS6」と、そのワゴン版「RS6アバント」を、2003年1月20日に発表した。販売開始は同年2月3日から。


【写真上】アウディ「RS6」
【写真下】同「RS6アバント」
 

■「アウディ史上初の最強モデル」

アウディ「RS6」は、「A6」をベースに、450psを発する4.2リッターV8バイターボエンジンを搭載した「アウディ史上初の最強モデル」(プレスリリース)。「A4」ベースの「RS4」に続く、アウディと、そのエンジニアリング子会社であるクワトロ社とのコラボレーションモデル第2弾であり、また「RS」としては、1993年に登場したポルシェとの共作「RS2」から数えて3台目となる。

セダンと「アバント」ことワゴンの2車種を設定。ともに5段AT「ティプトロ」と4WDシステム「クワトロ」を採用した左ハンドル仕様で、価格はセダンが1180.0万円、ワゴンは1200.0万円である。

ボディサイズは、A6と較べて60mm長く、40mm幅広く、30mm低い、全長×全幅×全高=4865×1850×1440(アバントは1455)mm。ホイールベースは2760mmで変わらない。

ハイパフォーマンスを謳う割には、デザイン面での主張はやや控えめ。大型エアインテークやハニカム状のグリルを採用するなどに留めた。アバントには、マット調アルミニウムのルーフレールやサイドモール、ドアミラーを与えた。
ボディ色は、「ムジェロブルー」「デイトナグレー」「アーヴスシルバー」「ミサノレッド」「グッドウッドグリーン」が基本の5色。すべてパール効果のある専用カラーで、サーキットの名が冠される。これに加え、クワトロ社のテーラーメイドシステム「アウディ・エクスクルーシブ」には、39色のスペシャルボディカラーが用意される。



 

インテリアは、ブラックとシルバーの2色。標準仕様のシート素材は、黒レザーとクロスのコンビネーションで、サポート性に優れるとされるレカロ製スポーツシートを配する。オプションで「ファインナッパ」「バルコナ」「アルカンタラ」という3種類のフルレザーシートが選べるのに加え、上記テーラーメイドシステムでは、11-18色のレザーカラーと、8色のインテリア色が用意される。
そのほか、ディンプル加工仕上げの本革巻きステアリングホイール&シフトノブなどでスポーティ感を演出。ステアリングホイールの裏には、固定式のシフトパドルが付く。


RS6に搭載される、4.2リッターV8 DOHC40バルブ・バイターボエンジン
 

■0-100km/h加速、4.7秒

心臓部の4.2リッターV8 DOHC40バルブ・バイターボは、各バンクに1基ずつターボチャージャーとインタークーラーを装着、過給効率の最適化を図ったもの。加えて、インテーク&エグゾーストポートの改良などにより、450ps/5700-6400rpmの最高出力と、57.1kgm/1950-5600rpmの最大トルクを得た。
トランスミッションは、「スポーツモード」が選べるティプトロニック付き5段AT。アウディの新型「A8」6リッターW12(420ps、56.1kgm)に搭載されるものをベースとしており、「強大なトルクにも問題なく対応します」(プレスリリース)。ステアリング裏のパドルか、センターコンソールのセレクターレバーでマニュアル操作も可能という。

車重は1900kgオーバーだが、0-100km/h加速4.9秒を誇る。最高速度はリミッターにより250km/hに制限されるが、はずせば300km/hを超えるという。

エンジンパフォーマンスをアップするとともに、ストッピングパワーも増強。「ハイパフォーマンス・ブレーキシステム」と呼ばれるブレーキ系は、直径が前365mm、後335mmのベンチレーテッドディスク、前8ピストンの固定式キャリパー、後シングルピストンのバンドブレーキ一体型キャリパーという構成。ディスクチャンバーにはアルミニウムを使用し軽量化、バネ下重量の軽減を図った。

サスペンション形式は、前4リンク、後ダブルウィッシュボーン。RS6向けにチューニングされたショックアブソーバー、スプリングを採用するなどし、スポーティなハンドリング特性を実現したという。
電子デバイスを介さないで車両のロールやピッチに対応するダンピングシステム「ダイナミック・ライド・コントロール(DRC)」はジマンのひとつだ。



 

装備品は、高級サルーンらしく豪華。左右独立式のフルオートエアコンや、サブウーハー付き9スピーカー&BOSEサウンドシステム、DVDナビゲーション付きのマルチメディアステーションなどが標準で備わる。

(webCGオオサワ)

アウディジャパン「RS6」:
http://www.audi.co.jp/models/RS6/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA4アバント2.0 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.6.21 試乗記 アウディといえば四輪駆動のクワトロにとどめを刺すが、FFモデルも侮ってはいけない。「A4アバント2.0 TFSIスポーツ」に乗れば、透明で清涼感に満ちた新しいアウディが味わえる。「らしさ」が再定義されていることに気づくはずだ。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • アウディA4アバント2.0 TFSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.10 試乗記 2016年4月に国内販売がスタートした、最新型の「アウディA4アバント」に試乗。6代目となったアウディブランドの代表的ワゴンは、どんなクルマに仕上がっているのか? 走行性能や乗り心地、使い勝手を報告する。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――アウディA4 2.0 TFSIクワトロ スポーツ(後編) 2016.5.5 mobileCG SUPER GTやD1グランプリなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー・谷口信輝が、歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き、新型「アウディA4」に試乗する。
ホームへ戻る