【スペック】全長×全幅×全高=3395×1475×1630mm/ホイールベース=2390mm/車重=820kg/駆動方式=FF/0.66リッター直3DOHC12バルブ(58ps/7600rpm、6.5kgm/4000rpm)/車両本体価格=106.9万円(テスト車=108.4万円)

ダイハツ・ムーヴX(2WD/4AT)【ブリーフテスト】

ダイハツ・ムーヴX(2WD/4AT) 2003.01.18 試乗記 ……108.4万円総合評価……★★★


あすなろ物語

ある意味、2面性を持ったクルマである。1つは「すべての面で現在最高レベルの性能を持った軽」。最大のライバルであるスズキ「ワゴンR」に負けじと、ボディをプラットフォームから一新し、クラストップの広さ、質感、トップレベルの衝突安全性等を手に入れた。それはそれでいいことなのだが、おかげで「小型車コンプレックスを感じさせるクルマ」になってしまった。
まるで『あすなろ物語』である。軽を超えよう、上のクラスであるコンパクトカーになろうなろうと思うがあまり、質感でも室内の広さでもコンパクトカー並みになった。だが、やはり660ccという排気量の制限がある動力性能や、ハンドリングの点で物足りず、中途半端なイメージが拭えない……、という。
とはいえ、今もっとも「立派」な感じのする軽であることは、間違いない。



【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
ダイハツの軽セミトールワゴン。現行モデルは、2002年10月15日にフルモデルチェンジを行った3代目で、プラットフォームが一新された。ボディサイズは軽自動車規格イッパイ。ホイールベースを従来比+30mmの2390mmに延長。ドア内側の形状を見直すなどして、幅で80mm、前後乗員間隔が105mm長い、広い室内がウリ。加えて、スライド量を250mmに拡大した後席や、ワンタッチで後席を折り畳める「ワンモーション荷室フラット」など、使い勝手の向上が図られた。
ムーヴは、コンサバティブな「ムーヴ」と、スポーティな外観をもつ「ムーヴ カスタム」の2種類がラインナップする。エンジンは、0.66リッターの直3NA(自然吸気/58ps、6.5kgm)とターボ(64ps、10.5kgm)。カスタムには、それらに加え、「軽」で唯一の4気筒ターボ(64ps、10kgm)もラインナップされる。トランスミッションは、コラム式4段ATをメインに、フロアシフトの5MT、CVTが用意される。FF(前輪駆動)のほか、4WDも設定される。
(グレード概要)
ムーヴのグレードは、NAの「L」と「X」、ターボエンジンを積む「R」の3種類。「X」は中核グレードで、0.66リッター直3DOHC12バルブ(58ps、6.5kgm)のエンジンに、コラム式4段ATが組み合わされる。250mmスライドする後席や、ワンモーション荷室フラットを標準装備。Xにのみ、センタクラスター下に脱着式のクリーンボックスが備わる。



ダイハツ・ムーヴX(2WD/4AT)【ブリーフテスト】の画像


ダイハツ・ムーヴX(2WD/4AT)【ブリーフテスト】の画像
写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。

写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ、装備)……★★★★★
あすなろ……を、最も感じさせるのがインテリアだ。そういう意味では★1つ。運転席に座った瞬間、「どっかで見た感じだなぁ」と思う。具体的にどれとはいえない。とはいえ、インパネ運転席側にある“ヒサシ”風デザインや表皮の樹脂の質感は、まさにモダンコンパクトカーのそれ。特に質感なんて、完全にトヨタ「ヴィッツ」以上。くぅ〜頑張ってる!
(前席)……★★★
前席の座り心地は普通にいい。ベンチシート風の見た目通りに横方向のサポート性は悪く、厳しいコーナリングで体が動くが、これは仕方ない。
それより驚きは、助手席の遠さ。ドアの内側形状まで考慮したおかげで、カップルディスタンス、つまり「運転席-助手席間の長さ」は、旧型比プラス40mmの620mm。暑苦しくなくなったが、ちょっと寂しい。
(後席)……★★★★
ムーヴのインテリアは驚きの連続だが、特筆はなんといっても後席の広さ。ホイールベースを2390mmと、3395mmのボディ全長に対して極限まで延長したおかげで、インパネから後席後端までの長さは、旧型の1730mmから1920mmになった。実際、座るとひざが余裕で足が組める。これはコンパクトカーレベルを超えて、「セルシオ」に匹敵するレベルだという。いやはやご苦労様、って感じ。うれしいけどね。
(荷室)……★★
通常の状態では、トランクはハッキリいって狭い。一番小型のスーツケースでさえ積めないか? という感じである。ただそれも仕方ない。全長は“軽自動車規格”ゆえに変えられず、室内長を極限にまで伸ばしたのだから。ただ、250mmの移動量を誇るスライド機構のおかげで、シートを思いっきり前に出せば普通に使える。

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
エンジンは、基本的に旧型譲りの660cc直列3気筒。58psを発するが、一番ツライのはこの点である。ゆっくり走ってる分には前より静かになったような気もするし、日常的には動力性能も過不足ない。だが他が良くなった分、コンパクトカーと較べるとツライ。特にアクセル全開でのエンジン音は、やっぱウルサめ。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★
乗り心地は良くなったんじゃないだろうか。特に感じるのはフロア剛性の高さで、道路継ぎ目を越える時に感じられる“安っぽさ”は微塵もない。基本的に足は硬めで、コーナリング中のロールも少ないのだが、それでいて不快な衝撃は入ってこない。ただステアリング中立付近にしっかり感が薄いのは、やっぱり軽自動車って感じ。

(写真=郡大二郎)

【テストデータ】

報告者:小沢コージ
テスト日:2002年10月25日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2002年型
テスト車の走行距離:900km
タイヤ:--
オプション装備:バックソナー(1.5万円)
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(10)
テスト距離:--
使用燃料:--
参考燃費:--


この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ムーヴの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 特集 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスG“メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.7 試乗記 ダイハツから、“新感覚スタイルワゴン”をうたう新型軽「ムーヴ キャンバス」が登場。試乗してみると、愛らしいルックスの向こうに、ユーザーの生活を考え抜いた真面目で地道なクルマ作りが見えてきた。
  • ダイハツから新感覚スタイルワゴンが登場 2016.9.7 特集 ダイハツの新型軽乗用車「ムーヴ キャンバス」がデビューを飾った。「幅広い世代にとって使いやすい軽を目指した」という新たなスタイルワゴンには、どんな特徴があるのだろうか。発表会の様子も交えつつ、クルマとしての見どころを紹介する。
  • 「日産セレナ」に生誕25周年を記念した特別仕様車 2016.11.30 自動車ニュース 日産自動車は2016年11月30日、「セレナ」の生誕25周年を記念した特別仕様車「25thスペシャルセレクション」を設定し、販売を開始した。2017年3月末までの期間限定販売となる。
ホームへ戻る