ジープ「チェロキー」2003年モデルに「レネゲード」復活!

2003.01.17 自動車ニュース
 

ジープ「チェロキー」2003年モデルに「レネゲード」復活!

ダイムラークライスラー日本は、ジープ「チェロキー」の2003年モデルを、2003年1月18日に発売する。注目株は、ジープ往年のモデル名「レネゲード」の名を冠した、スポーティな外観をもつ「チェロキー・レネゲード」だ。


【写真上】ジープ「チェロキー・レネゲード」
【写真下】北米市場で2002年9月から採用されている、ジープブランドの新しいキャッチフレーズとロゴマーク。「Only a Jeep」は1980年代、アメリカン・モーターズ・コーポレーションが使用していたフレーズで、「どこでも行ける、何でもできる」という、ジープブランドの精神を強調する意味が込められている
 

■「レネゲード」、ここに復活!

ジープのなかでもっともスパルタンな「ラングラー」の前身である「CJ-7」に設定されいた“裏切りもの”を意味する「レネゲード」は、「ジープの心と魂を象徴する伝統の名前」(プレスリリース)。
その現代版は、チェロキーのオリジナルデザインに影響を与えたとされる、ラングラーの4ドアコンセプトカー「ダカール」のイメージを受け継ぐエクステリアを持つ。2つのハロゲンランプ(ハイビーム連動、7万5000カンデラ)を内蔵するルーフライトバーや、ルーフバスケット&ルーフレール、ステンレススチールのボルトヘッドがアクセントを付けるオーバーフェンダーなどで、外観をワイルドに演出する。ボディ色は、「カクタスグリーン」(写真)と「ブラック」の2色だ。
インテリアは、レザーアクセント付きのファブリックシート、アルミ調ダッシュボードなどで、上質にコーディネートしたという。

パワートレインは、全モデル共通。ベーシックな「スポーツ」、レザーシートや6スピーカーなどを奢った「リミテッド」(サンルーフ付きモデルもあり)とも、210psと32.1kgmを発する3.7リッターV6 SOHCを搭載、副変速機付きの4段ATが組み合わされる。駆動方式は、2WDと4WDの選択式となる。

■2003年モデルの変更点

2003年モデル、全グレード共通の変更点は、従来ドラム式だったリアブレーキがディスクブレーキとなり、4輪ディスクブレーキとなった。また、灰皿を脱着式に、ジャッキをパンタグラフタイプに変更した。

上級「リミテッド」では、ヘッドランプ消灯の遅延など7項目が設定できる機能装備「ビークルインフォメーションセンター」(レネゲードにも標準装備)や、自動防眩式ルームミラーを標準装備。タイヤは、235/70R16サイズのオールシーズンタイヤに変わった。

価格は、販売台数の増加を目標に全車引き下げ。「スポーツ」が25.5万円安くなり299.万円、「レネゲード」は330.0万円。「リミテッド」は18.5万円引き下げの350.0万円、同サンルーフ付きは360.0万円となる。

(webCGオオサワ)

ジープ「チェロキー・レネゲード」:
http://www.jeep-japan.com/news/renegade_sp/

webCG「ジープ・チェロキー・レネゲード・(4AT)【海外試乗記】(2002/11/08)」:
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000012282.html

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

チェロキーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • クライスラー300 SRT8/ジープ・グランドチェロキー サミット【試乗記】 2017.2.18 試乗記 「ジープやフィアットで雪道を走りませんか?」 そんな誘いを受け、長野・白馬へ。フロントマスクを一新した「グランドチェロキー」などアメリカとイタリアの5ブランドがそろう、FCAの冬季フルライン試乗会に参加した。
  • 「ジープ・レネゲード」に安全装備を強化した限定車 2017.2.2 自動車ニュース FCAジャパンは2017年2月2日、コンパクトSUV「ジープ レネゲード」に特別仕様車「Safety Edition(セーフティエディション)」を設定し、同年2月11日に発売すると発表した。400台の台数限定で、価格は309万9600円。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る