クライスラー「PTクルーザー」モニターキャンペーン実施

2003.01.16 自動車ニュース

クライスラー「PTクルーザー」モニターキャンペーン実施

ダイムラークライスラー日本は、「PTクルーザー」の新車に1年間無料で試乗できる、「クライスラー・PTクルーザー モニターキャンペーン」を実施する。

クライスラー「PTクルーザー」は、1998年のジュネーブショーで発表されたコンセプトカー「プロントクルーザー」を原型とし、「クライスラー・ネオン」をベースに開発された、クラシカルな外観をもつモデル。アメリカでは2000年4月、日本では2000年7月から販売が開始され、最近では東京ディズニーランドのある千葉県浦安市舞浜地区で、タクシー車両としても活躍している。

今回モニター車両として貸し出されるのは、2003年モデルのベーシックな「クラシック」グレード。 モニター募集人数は15名で、貸し出し期間は2003年3月の車両登録後1年間となる。その間のリース代、登録諸費用等の負担は発生しない。

詳しい募集要項は以下の通り。

モニター期間:2003年3月車両登録後1年間
モニター車両:2003年モデル クライスラー・PTクルーザー クラシック
応募期間:2003年1月6日〜2003年1月31日まで

応募条件:以下の4項目すべてに該当するものに限る
1)日本国内に居住し、20歳以上の普通自動車免許所持者
2)1年以上運転経験のある者
3)モニター車両の車庫証明を取得できる者
4)モニター車両の受け渡し、返却時に指定のクライスラー・ジープ正規代理店に来店できる者

応募方法:
1)インターネットの場合
クライスラーオフィシャルサイト(http://www.chrysler-japan.com/)から応募
2)官製はがきの場合
103-8638 日本橋郵便局私書箱289号「クライスラー・PTクルーザー モニターキャンペーン」係へ応募
3)FAXの場合
0120-081-963へ応募

官製はがき、FAXで応募する場合は以下の項目を記入
1.名前 2.年齢 3.性別 4.生年月日(西暦)5.郵便番号 6.住所 7.自宅電話番号 8.連絡先電話番号 9.職業 10.メールアドレス 11.販売店からの案内希望の有無 12.現在所有している車種・年式・次回車検時期

(webCG 永瀧)

クライスラーオフィシャルサイト:
http://www.chrysler-japan.com/
クライスラー「PTクルーザー」:
http://www.chrysler-japan.com/lineup/pt.html

 
クライスラー「PTクルーザー」モニターキャンペーン実施の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

PTクルーザーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • クライスラー・イプシロン プラチナ(FF/5AT)【試乗記】 2013.1.23 試乗記 クライスラー・イプシロン プラチナ(FF/5AT)
    ……260万円

    ランチア改めクライスラーのバッジを付けて上陸した「イプシロン」。ブランドが変わっても、このクルマならではのワン&オンリーな魅力は変わらない。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • クライスラー・イプシロン プラチナ(FF/5AT)【試乗記】 2013.1.6 試乗記 クライスラー・イプシロン プラチナ(FF/5AT)
    ……260万円

    イタリアのランチア改め、アメリカのクライスラーブランドで国内販売が始まった、新型「イプシロン」。巨匠 徳大寺有恒が、その印象を語る。
ホームへ戻る