三菱「エアトレック・スポーツギア」発売

2003.01.16 自動車ニュース

三菱「エアトレック・スポーツギア」発売

三菱自動車は、SUV「エアトレック」に、RVテイストを強調した新グレード「スポーツギア」を追加設定、2003年1月17日に販売を開始する。

ターゲットをアウトドア志向の若者に据える「エアトレック・スポーツギア」は、北米市場で販売されている「OUTLANDER」(エアトレックの北米版姉妹車)をベースに、ウオークスルーを可能にするインパネシフトを採用するなど、日本市場向けにアレンジしたもの。
車体はノーマルモデルから55mmリフトアップされ、外観は大型ルーフレールや大型前後バンパーで着飾った。結果、サイズは全高で100mm、全長では140mmそれぞれ拡大した。

エンジンは同じ2.4リッターながら、「エアトレック24V」に搭載されている「GDI」ユニットではなく、「ECI-MULTI」。4段ATを組み合わせる。

フロントグリル中央には、「コルト」以降、三菱のデザインを象徴する「大型スリーダイヤ」を配置。ボディ下部の樹脂製部品をグレー塗装とし、全車ツートンボディーカラーとした。またラゲッジフロアの表皮は、撥水加工を施したビニール製。多少の濡れや汚れならば、簡単にふき取ることができるという。

価格は、2WDが200.0万円、ビスカスカプリングの4WDは215.0万円。

(webCG 永瀧)

三菱自動車「エアトレック」:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/AIRTREK/

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。