スズキ「エリオ」シリーズに1.8リッターモデル

2003.01.16 自動車ニュース

スズキ「エリオ」シリーズに1.8リッターモデル

スズキは、5ドアハッチバック「エリオ」とそのセダン「エリオセダン」に、1.8リッターエンジン搭載車を追加設定し、2003年1月14日に発売した。

スズキ「エリオ」シリーズは、コンパクトボディながら広い室内空間がウリの乗用車。従来は1.5リッターモデルのみだったが、今回1.8リッター直4DOHC VVTエンジンを積む、スポーティなモデルが追加された。

搭載される1.8リッターエンジンは、新開発の「M18A」型オールアルミエンジン。バルブコントロール機構を持ち、1.5リッターエンジン車と同様に「優-排出ガス」認定をクリアする。
スポーティを標榜する1.8リッターモデルは、エクステリアを専用エアロパーツと15インチアルミホイールでお化粧。内装は黒基調で、本革巻きステアリングホイール&シフトノブを採用するなどしスポーティ感を出した。快適装備として、オートエアコンが備わる。

価格は以下の通り

●エリオ1.8(5ドア)
144.8万円(2WD/4段AT)
162.8万円(4WD/4段AT)

●エリオセダン1.8(4ドア)
142.1万円(2WD/4段AT)
160.1万円(4WD/4段AT)

(webCG 永瀧)

スズキ「エリオ」:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/aerio/
同「エリオセダン」:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/aeriosedan/

 
スズキ「エリオ」シリーズに1.8リッターモデルの画像

関連キーワード:
エリオエリオセダンスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.6 試乗記 スズキのコンパクトスポーツモデル「スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、パワフルでトルキーな1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新型の走りやいかに? その実力をリポートする。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)【試乗記】 2017.11.8 試乗記 日本を代表するコンパクトスポーツ「スズキ・スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。動力性能も操縦性も乗り心地も、全方位的に進化を遂げた新型だが、2日間にわたる試乗体験ではいまひとつ留飲が下がらなかった。その理由とは?
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.12.12 試乗記 新たにトルコン式の6段ATが搭載された、2ペダル仕様の「スズキ・スイフトスポーツ」。“元気モリモリ”のコンパクトスポーツをイージードライブで走らせるというのはアリなのか? 雨の中のドライブを経てたどり着いた結論を報告する。
  • 第82回:無段変速車ボクメツ宣言 2018.3.20 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第82回は「無段変速車ボクメツ宣言」。日本の国民車がダサイのにはワケがあった!? 「スイフトスポーツ」を国民車に! と熱望する筆者が、CVT車ばかりの日本のベストセラーモデルに異議を唱える。
  • 第81回:愚の骨頂 2018.3.13 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第81回は「愚の骨頂」。「スイフトスポーツ」を国民車に! と意気込む筆者だったが、そこには大きな壁が。MTが約7割を占めるカーマニア向けモデルが国民車の地位を獲得することは、可能なのか!?  
ホームへ戻る