スズキ「エリオ」シリーズに1.8リッターモデル

2003.01.16 自動車ニュース

スズキ「エリオ」シリーズに1.8リッターモデル

スズキは、5ドアハッチバック「エリオ」とそのセダン「エリオセダン」に、1.8リッターエンジン搭載車を追加設定し、2003年1月14日に発売した。

スズキ「エリオ」シリーズは、コンパクトボディながら広い室内空間がウリの乗用車。従来は1.5リッターモデルのみだったが、今回1.8リッター直4DOHC VVTエンジンを積む、スポーティなモデルが追加された。

搭載される1.8リッターエンジンは、新開発の「M18A」型オールアルミエンジン。バルブコントロール機構を持ち、1.5リッターエンジン車と同様に「優-排出ガス」認定をクリアする。
スポーティを標榜する1.8リッターモデルは、エクステリアを専用エアロパーツと15インチアルミホイールでお化粧。内装は黒基調で、本革巻きステアリングホイール&シフトノブを採用するなどしスポーティ感を出した。快適装備として、オートエアコンが備わる。

価格は以下の通り

●エリオ1.8(5ドア)
144.8万円(2WD/4段AT)
162.8万円(4WD/4段AT)

●エリオセダン1.8(4ドア)
142.1万円(2WD/4段AT)
160.1万円(4WD/4段AT)

(webCG 永瀧)

スズキ「エリオ」:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/aerio/
同「エリオセダン」:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/aeriosedan/

 
スズキ「エリオ」シリーズに1.8リッターモデルの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
ホームへ戻る