スズキ「エリオ」シリーズに1.8リッターモデル

2003.01.16 自動車ニュース

スズキ「エリオ」シリーズに1.8リッターモデル

スズキは、5ドアハッチバック「エリオ」とそのセダン「エリオセダン」に、1.8リッターエンジン搭載車を追加設定し、2003年1月14日に発売した。

スズキ「エリオ」シリーズは、コンパクトボディながら広い室内空間がウリの乗用車。従来は1.5リッターモデルのみだったが、今回1.8リッター直4DOHC VVTエンジンを積む、スポーティなモデルが追加された。

搭載される1.8リッターエンジンは、新開発の「M18A」型オールアルミエンジン。バルブコントロール機構を持ち、1.5リッターエンジン車と同様に「優-排出ガス」認定をクリアする。
スポーティを標榜する1.8リッターモデルは、エクステリアを専用エアロパーツと15インチアルミホイールでお化粧。内装は黒基調で、本革巻きステアリングホイール&シフトノブを採用するなどしスポーティ感を出した。快適装備として、オートエアコンが備わる。

価格は以下の通り

●エリオ1.8(5ドア)
144.8万円(2WD/4段AT)
162.8万円(4WD/4段AT)

●エリオセダン1.8(4ドア)
142.1万円(2WD/4段AT)
160.1万円(4WD/4段AT)

(webCG 永瀧)

スズキ「エリオ」:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/aerio/
同「エリオセダン」:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/aeriosedan/

 
スズキ「エリオ」シリーズに1.8リッターモデルの画像

関連キーワード:
エリオエリオセダンスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スイフトスポーツ 2017.9.13 画像・写真 スズキが「スイフトスポーツ」をフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、最高出力140psの1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載。「五感に響く刺激的なドライビング」を実現したという新型の姿を、写真で紹介する。
  • スズキが新型「スイフトスポーツ」を発表 2017.9.13 自動車ニュース スズキが4代目「スイフトスポーツ」を発表。“Ultimate Driving Excitement”をテーマに開発された新型は、軽量・高剛性プラットフォームの採用により70kgの軽量化を果たすとともに、パワフルな1.4リッター直噴ターボを搭載。走りと燃費を同時に高めている。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドSL(FF/5AT)【試乗記】 2017.9.25 試乗記 「スズキ・スイフト」に、独自のフルハイブリッドシステムが搭載された新モデルが登場。2ペダル自動MTとモーターを組み合わせたユニークなパワートレインの見どころと、他のグレードよりさらに上質感を増したドライブフィールを報告する。
  • ホンダ・グレイス ハイブリッドEX モデューロパーツ装着車(FF/7AT) 2017.9.13 ホンダ・グレイスで試すModuloの神髄<PR> ホンダの純正アクセサリーブランド「Modulo(モデューロ)」のアイテムが装着された、白い「ホンダ・グレイス」。このクルマが持つ、落ち着いた乗り味と爽快な走りを支えるものとは? 上質なヨーロピアン・ライドを追求する“モデューロの哲学”の源泉を探った。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
ホームへ戻る