【スペック】全長×全幅×全高=3395×1475×1630mm/ホイールベース=2390mm/車重=790kg/駆動方式=FF/0.66リッター直3DOHC12バルブ(58ps/7600rpm、6.5kgm/4000rpm)/車両本体価格=94.8万円(テスト車=102.8万円)

ダイハツ・ムーヴL(2WD/4AT)【ブリーフテスト】

ダイハツ・ムーヴL(2WD/4AT) 2003.01.15 試乗記 ……102.8万円総合評価……★★★★

見えない部分に“新しさ”

「衝突時安全性と燃費、そしてパッケージングの飛躍的向上を図るため、今回あえてプラットフォームの一新を図りました」
開発責任者が誇らしげに語るのが、スズキ「ワゴンR」と共に、これまで“トールBOX軽自動車”市場を牽引してきた、ダイハツ「ムーヴ」のフルモデルチェンジドバージョンだ。
スクエアなキャビン部分から小さなノーズが突き出すという、軽自動車の世界ではもはや“当たり前”のフォルムゆえ、うっかりすると「従来モデルをベースに、ていよくリファインしただけじゃないの?」と、思えてしまうこのクルマ。けれども、実はその“新しさ”は、むしろ「見えない部分」にこそある。

【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
ダイハツの軽セミトールワゴン。現行モデルは、2002年10月15日にフルモデルチェンジを受けた3代目で、プラットフォームが一新された。ボディサイズは軽自動車規格イッパイだが、ホイールベースを従来比+30mmの2390mmに延長。ドア内側の形状を見直すなどして、幅で80mm、前後乗員間隔を105mm拡大した、広い室内がウリ。加えて、スライド量を250mmに拡大した後席や、ワンタッチで後席を折り畳める「ワンモーション荷室フラット」など、使い勝手の向上が図られた。
ムーヴは、コンサヴァティブな「ムーヴ」と、スポーティな外観をもつ「ムーヴ カスタム」の2種類。エンジンは、0.66リッターの直3NA(自然吸気/58ps、6.5kgm)とターボ(64ps、10.5kgm)。カスタムには、それらに加え、「軽」で唯一の4気筒ターボ(64ps、10kgm)もラインナップされる。トランスミッションは、コラム式4段ATをメインに、フロアシフトの5MT、CVTが用意される。FF(前輪駆動)のほか、4WDも設定される。
(グレード概要)
ムーヴのグレードは、NAの「L」と「X」、ターボエンジンを積む「R」の3種類。ベーシックグレードのLは、0.66リッター直3DOHC12バルブ(58ps、6.5kgm)のエンジンに、コラム式4段AT、またはフロア式5段MTの組み合わせ。XやRとは異なり、エクステリアにルーフエンドスポイラーや、サイドマットガードが装着されず、ホイールはスチールホイール+キャップとなる。室内では、250mmスライドする後席や、ワンモーション荷室フラットも備わらない。安全装備として、前席SRSエアバッグは装着されるが、EBD付きABSが3.0万円のオプション設定となるなど、装備が簡素化される。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★★
“大屋根型”のワイドなバイザーの下に、大きなメーターを配したダッシュボードまわりは、デザイン的にも質感上も、1〜1.3リッター級コンパクトカーと較べてなんの遜色もない。上下2段式の「デュアルグローブBOX」やシートアンダートレイをはじめ、収納スペースは22個所とタップリある。ドアミラースイッチやパワーウインドウスイッチ、はてはダッシュボード両端の引き出し式カップホルダーのマーク部分にまで、照明が灯るのも軽自動車としては前代未聞だ。ついでにいえば、パワー式の集中ドアロックは、まるで高級輸入車のごとくフューエルリッドのロックと連動する。余談だが、姉妹車の「ムーヴカスタム」の最上級モデル「RSリミテッド」(FF)には、高級車でもまだ採用例の少ない、前車追従機能付きのレーダークルーズコントロールを、オプション設定。オドロキ!!
(前席)……★★★
実際目にすると「外れて落っこちてしまうのではないか!」と思える、約90度まで開くドアをあけると、室内幅一杯にベンチタイプのシート(MT仕様はセパレート型)が広がる。センターアームレストを出せばセパレート風に使えるし、ヘッドレストを取り外してリクライニングすれば、いわゆる“フルフラットシート”に変身も可能。すっきりした見た目は好感が持てるし、座り心地もなかなかだ。
(後席)……★★★★
フロントと同様、90度近くまでガバっと開くドアから後席に乗り込むと、とても軽自動車とは思えない、余裕の大きなレッグスペースに圧倒される。「ボディ構造の進化によってダッシュボードを前に出すことができ、同時にリアシートを後方に移動させることでタンデムディスタンス(前後乗員間の距離)を105mm拡大できた」という。デビューからわずか4年にして、プラットフォームの刷新に踏み切った理由のひとつがここにある。ショルダー部分も広く、大人2人ではもったいない?
(荷室)……★★★
Lグレードには、ムーヴの“目玉商品”ともいえる、250mmスライドするリアシートと、「ワンモーション荷室フラット」は装備されない。
とはいえ、Lの後席シートバックも前倒し可能で、完全にフラットにはならないものの、荷室の奥行きを拡大できる。ラゲッジスペースをフル活用するのでなければ、問題ないだろう。

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)…★★★★
新型ムーヴは、全車“クリーン排ガス”を実現。NAモデルは★3つレベルの「超−低排ガス」をパス。3気筒&4気筒ターボモデルでも、★2つの「優−低排ガス」車に認定された。NAモデルの場合、通常は使用に伴った劣化の避けられない触媒貴金属に、世界で初めて自己再生機能を持たせたという「インテリジェント触媒」を採用したことがそのヒミツだ。
トランスミッションは、プレス向け試乗会に用意された4段ATに加え、5段MT、CVTと多彩。ちなみに、前述の高度なクリーン化を達成したことによる、動力性能の不自然さは一切感じられない。4段ATのシフトプログラムも、ごく自然だ。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★★
新型ムーヴの走りの質感も、内外装同様、やはり小型車並。むしろ、こうした表現は適切ではないかもしれない。なぜならこのクルマの場合、走りのクオリティはすでに「一部の小型車のそれをしのいだ」とさえ、いえるものだからだ。
新型ムーヴの走りには「骨がある」。このクルマのボディの動きには、これまで軽自動車特有と思われた“ペナペナ感”がない。サスペンションの動きは、ゆったりしたストローク感が表現されるし、ブレーキの踏み応えも多くの軽自動車に感じられる、「薄板を踏みつけるような感触」がない。ちなみに、ステアリングフィールはターボ付きよりも、自然吸気エンジン車の方がより自然。これは、燃費のハンディキャップを少しでも減らすべく、ターボモデルに限って電動式パワーステアリングを装備(他は油圧式)することが原因だろう。

(写真=中里慎一郎)

【テストデータ】

報告者:河村康彦
テスト日: 2002年9月30日
テスト車の形態: 広報車
テスト車の年式:2002年型
テスト車の走行距離:--
タイヤ:(前)145/80R13 75S(後)同じ
オプション装備:CD付きカセットラジオ+4スピーカー/ABS/13インチアルミホイール(8.0万円)
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:高速道路(5):市街地(5)
走行距離:--
使用燃料:--
参考燃費:--

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ムーヴの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る