横浜ゴム「ADVAN NEOVA」をモデルチェンジ

2003.01.15 自動車ニュース

横浜ゴム「ADVAN NEOVA」をモデルチェンジ

横浜ゴムは、スポーツドライビング用タイヤ「ADVAN NEOVA」をモデルチェンジした。名称を「ADVAN NEOVA AD07」と改め、2002年2月20日から発売する。


2003年1月10日から3日間、千葉県は幕張メッセで開催された「東京オートサロン2003」の会場で、新型タイヤ「ADVAN NEOVA AD07」のプレゼンテーションが行われた。

ADVAN「NEOVA」は、横浜ゴム「ADVAN」ブランドの、スポーツドライビング用タイヤのフラッグシップ。8年ぶりにフルモデルチェンジが施され、名称を「NEOVA AD07」と改めた。改良の眼目は、ドライ&ウエット性能と耐久性の向上、さらに走行時の性能維持だ。

具体的には、真夏の熱い路面から冷えた雨の路面まで、幅広くグリップを確保するという、新開発“マイクロシリカ”を配合した「MSコンパウンド」を採用。コンピューターシミュレーションと実車評価から開発された「ラウンドブロックパターン」や「グルーブイングルーブ」などにより、ドライ&ウェットグリップと、優れた耐久性の実現が謳われる。テストしたサーキットでの平均ラップタイムは、従来品に比べドライで1.46秒、ウエットで1.84秒向上したという。

発売サイズは、265/35R18 93Wから175/60R14 79Hの全25サイズで、価格はオープンプライス。

(webCG 永瀧)

横浜ゴム「Official Tire Web Site」:
http://www.yokohamatire.jp/yrc/index.html

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。