トヨタ「センチュリー」に天然ガス車

2003.01.15 自動車ニュース
 

トヨタ「センチュリー」に天然ガス車

トヨタ自動車は、同社の最高級モデル「センチュリー」に、CNG(圧縮天然ガス)エンジンシステム搭載車を追加設定、2003年1月9日に発売した。



 

CNGエンジンはガソリンのそれと較べ、二酸化炭素排出量が少なく、環境に与える影響が小さいとされている。

今回搭載されるCNGエンジンシステムは、従来から「センチュリー」に搭載されている、5リッターV12「1GZ-FE」ガソリンエンジンをベースに、主要部品や燃料系部品をCNG用に変更。最高出力258ps/5200rpm(ガソリンエンジン比で22psダウン)、最大トルク41.3kgm/4000rpm(同マイナス7.7kgm)を発生する。燃料タンクは200リッターで、1回の充填で約350kmの走行が可能という。

CNG専用触媒やエンジン制御の最適化により、排出ガス中のHC(炭化水素)、NOx(窒素酸化物)を低減。「平成12年基準排出ガス75%低減レベル」相当のクリーン化を図った。

なお、ベースエンジン同様、左右6気筒毎の独立制御により、電子制御部品などが故障しても片側6気筒での運転を可能とする「フェイルセーフ」機能が付与される。
また、ゴルフバック2個分のラゲッジスペースも同時に確保される。

価格は、1350.0万円(フロア4段AT、コラム4段ATとも同じ)。ノーマルモデルの412.0万円高となる。

(webCG 永瀧)

トヨタ自動車「センチュリー」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/Century/

関連キーワード:
センチュリートヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • BMW G310R(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.9 試乗記 小排気量セグメントという新たな市場に切り込むべく、ドイツの雄が送り込んだニューモデル「BMW G310R」がいよいよ登場。中型免許でも乗れる、お値段およそ60万円のストリートモデルでも、唯我独尊の世界をつらぬく“BMWらしさ”は健在なのか?
  • トヨタ・マークX“+Mスーパーチャージャー”(FR/6AT)【試乗記】 2010.3.31 試乗記 トヨタ・マークX“+Mスーパーチャージャー”350S(FR/6AT)/“+Mスーパーチャージャー”プレミアム(FR/6AT)
    ……502万8000円/487万3000円

    トヨタのセダン「マークX」に、スーパーチャージャーでパワーアップしたコンプリートカーが登場。いったいどんな走りなのか、『webCG』のコンドーと関がチェックしてみた。
  • トヨタ・プレミオ 1.8X“Lパッケージ”(FF/CVT)/アリオン A15“Gパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2007.6.26 試乗記 トヨタ・プレミオ 1.8X“Lパッケージ”(FF/CVT)/アリオン A15“Gパッケージ”(FF/CVT)
    ……241万800円/223万2300円

    トヨタのミディアムセダン「プレミオ/アリオン」がフルモデルチェンジし2代目となった。2つの顔をもつ新型セダンに試乗した。
  • 第59回:「EV化の流れは止まらない」のウソ 2017.9.19 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第59回は「『EV化の流れは止まらない』のウソ」。内燃車のEVシフトが叫ばれる中、ディーゼル車の存在意義が揺らぎ始めている。ディーゼルは本当に消えてしまうのか!? 「BMW 320d」を購入した筆者が、疑問を投げかける。
ホームへ戻る