【2003年デトロイトショー】BMW「Xアクティビティ」

2003.01.11 自動車ニュース
 
【2003年デトロイトショー】BMW「Xアクティビティ」

【2003年デトロイトショー】BMW「Xアクティビティ」

2003年1月5日に始まった、2003年の「デトロイトショー」(North American International Auto Show)。BMWは、3シリーズをベースにしたSUVのコンセプトモデル「Xアクティビディ」を出品した。『CG』編集委員、高平高輝によるリポート。


「Xアクティビティ」のリアシートを倒すと、窪んだバックレストの窪んだセンターラインに、自転車の後輪を乗せることができる
 
【2003年デトロイトショー】BMW「Xアクティビティ」

■3シリーズのSUV・・・Xアクティビティ

2002年、ミニを含めてついに念願の販売台数で大台の100万台を突破したBMWは、デトロイトに3シリーズのマイナーチェンジモデルと、「Xアクティビティ」というコンセプトカーを出品した。

Xアクティビティは、「X5」に続いてデビューする予定(2003年度中か?)の小型スポーツワゴンたる、「X3」のスタディモデルと見るのが自然。だが、BMWが“フレームストラクチャー・コンバーチブル”と呼ぶ特徴的な構造、すなわち、Aピラーがリアエンドまでつながり、ルーフもB・Cピラーもない構造が、そのまま市販モデルに採用される可能性は低い。
全長は4.55m、エンジンは3リッター直6を積むというから、要するに3シリーズをベースにしたSUVだ。

(CG 高平)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW X5 xDrive35d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2014.1.8 試乗記 プレミアムSUVのパイオニア「BMW X5」が、通算で3代目となる新型に移行した。外観からは「キープコンセプト」に見える今回のモデルチェンジは「攻め」か「守り」か? 3リッターディーゼルエンジンを搭載する「X5 xDrive35d Mスポーツ」で箱根のワインディングロードを目指した。
  • BMW X5 xDrive40e(4WD/8AT)【レビュー】 2015.12.18 試乗記 魅力は環境性能だけにあらず? BMWの大型SUV「X5」に、プラグインハイブリッド車(PHEV)の「xDrive40e」が登場。2リッター直4ターボエンジンと、8段AT内に組み込まれたモーターが織り成す走りを、日本屈指のワインディングロードである箱根のターンパイクで試した。
  • BMW X5 xDrive35d xLine(4WD/8AT)【試乗記】 2014.3.11 試乗記 直6ディーゼルターボを搭載した「BMW X5」に試乗。モダンなパフォーマンスとクラシックなフィーリングを併せ持つ、その魅力に触れた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.7.7 試乗記 アウディのラインナップの中で、最もコンパクトなSUVとなる「Q2」。都会の道からワインディングロードまで走らせてみると、ボディーのサイズにとどまらない、このニューモデルならではの存在意義が見えてきた。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
ホームへ戻る