プジョー「206」最廉価版、165.0万円から

2003.01.10 自動車ニュース

プジョー「206」最廉価版、165.0万円から

プジョージャポンは、主力モデルであるハッチバック「206」に、最廉価版となる新グレード「Style」を追加設定、2003年1月10日に発売した。5段MT仕様で165.0万円、4段ATは175.0万円と、「戦略的」(プレスリリース)なプライスタグを付ける。

「206 Style」は、従来までのエントリーグレード「XT」に替わるモデル。4段AT仕様でXTより4.5万円安とし、さらにエンジンは、1.4リッター直4 SOHC(74ps/5500rpm、12.2kgm/2600rpm)で、右ハンドル、5ドア仕様となる。
装備面では、ボディ同色ドアノブ・テールゲートフィニッシャーやアルミ調メーターパネル、フロントフォグランプが備わる。

(webCG 永瀧)

プジョージャポン「ヴァーチャルショールーム」:
http://www.peugeot.co.jp/virtual/

 
プジョー「206」最廉価版、165.0万円からの画像

関連キーワード:
206プジョー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • ランドローバー・レンジローバー ヴェラール ファーストエディション(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.9.2 試乗記 「レンジローバー」ファミリーに新たに4番目のモデルが追加された。その名は「ヴェラール」。優雅なスタイリングが自慢のニューフェイスの“フィジカル”を、ノルウェーのオンロードとオフロードで試した。
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
ホームへ戻る