【2003年デトロイトショー】トヨタと日産の北米ニューモデル

2003.01.10 自動車ニュース
【2003年デトロイトショー】トヨタと日産の北米ニューモデル

【2003年デトロイトショー】トヨタと日産の北米ニューモデル

2003年の「デトロイトショー」(North American International Auto Show)では、日本メーカーが北米向けの大型モデルを発表した。トヨタの大型ミニバン「シエナ」と、日産のフルサイズピックアップ「タイタン」を、webCGコンテンツエディターのアオキがリポートする。


トヨタ「シエナ」

【2003年デトロイトショー】トヨタと日産の北米ニューモデル

■a little selfish fun・・・トヨタ「シエナ」

今回のデトロイトショー話題のひとつに、日本メーカーが本格的に大型モデルを市場に投入しはじめたことが挙げられる。北米メーカー以上にアメリカに密着しているとの自信からか、ビッグ3の牙城を切り崩しにかかる。

トヨタが発表したのは、両側スライドドアをもつ3列シートのミニバン「シエナ」。先代より5インチ(127mm)長いホイールベースを与え、室内空間をグッと拡大した。230psを発生するV6エンジンを搭載、新しいクラッシャブルボディ、フロントダブルエアバッグ、ABSなど、強化された安全装備とあわせ、「a little selfish fun」をもてると謳われる。ベーシックグレード「CE」が2万2955ドルからという価格もウリのひとつ。販売台数を、旧型の年8万1000台から12万台に拡大することをもくろむ。


日産のピックアップトラック「タイタン」

【2003年デトロイトショー】トヨタと日産の北米ニューモデル

■ライバルは、「フォードF150」・・・日産「タイタン」

日産は、「この秋登場!」のフルサイズ・ピックアップ「タイタン」を披露した。ラダーフレームをもつコンベンショナルなトラックで、300psを発生する5.6リッターV8を搭載。このセグメントのトップセラー「フォードF150」同様、2列シート、両側に後ヒンジのリアドアを備える。




【2003年デトロイトショー】トヨタと日産の北米ニューモデル

ライバルより乗員の居住性が高く、荷室も大きいと日産は主張。豊富なアクセサリーやリアフェンダーにツールボックスを備えることなど、使い勝手のよさをアピールする。2002年に81万3000台を売った「Fシリーズ」に対し、10万台の販売目標をかかげる。価格は明かにされていないが、そうとうコンペティティブなプライスが付けられよう。

(webCGアオキ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。