【2003年デトロイトショー】レクサスRX330

2003.01.09 自動車ニュース
 
【2003年デトロイトショー】レクサスRX330

【2003年デトロイトショー】レクサスRX330

2003年1月5日から始まった「デトロイトショー」ことNAIAS(North American International Auto Show)。現地から、『CG』の竹下元太郎記者が、日本に先駆けて公開されたレクサス「RX330」、日本名「ハリアー」のニューモデルをピックアップしてお届けする。



 
【2003年デトロイトショー】レクサスRX330

■新型ハイブリッドも・・・レクサスRX330

レクサス・スタンドの話題は、日本に先んじて新型「ハリアー(RX330)」が公開されたこと。ニューモデルはキープコンセプトながら、若干スポーティな味わいが増したボディは、全長で155mm、全幅で28mm大きくなった。
2年以内に「ハイブリッド・シナジー・ドライブ」と呼ばれる、新しいハイブリッド・システムも搭載の予定。システムをプリウスの約2倍の電圧で作動させ、低燃費はそのままに、V6エンジン搭載車でもV8に匹敵するパワーを発揮させるという。トヨタはこのシステムで、ハイブリッドのメジャー化を急ぐ。

(CG 竹下)

関連キーワード:
RXレクサスデトロイトショー03イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事