日産「ウイングロード」に限定車

2003.01.09 自動車ニュース
 

日産「ウイングロード」に限定車

日産自動車は、ワゴン「ウイングロード」に、2003年3月末までの期間限定車「Sエアロリミテッド」を設定、2002年12月25日に販売を開始した。

 

「Sエアロ」をベースに、キセノンヘッドランプ(ロービーム)とフロントバンパーフォグランプ、CD一体AM/FM電子チューナーラジオ(120W/MD・CDオートチェンジャー対応機能付き)を標準装備。ボディ色には「ダイヤモンドシルバー」、「ホワイト」、「スーパーブラック」の3色が設定された。

価格は、165.9万円(2WD/4段AT)と194.1万円(4WD/4段AT)。それぞれベースの5.1万円高。

(webCG 永瀧)

 

日産自動車「ウイングロード」:
http://www.nissan.co.jp/WINGROAD/
同「ウイングロード Sエアロリミテッド」:
http://www.nissan.co.jp/WINGROAD/Y11/0212SAERO/index.html

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ステージアAR-X FOUR(4WD/5AT)【ブリーフテスト】 2004.12.17 試乗記 ……402万2550円
    総合評価……★★★★

    2004年8月にマイナーチェンジをし、ターボエンジンを捨てておとなしくなった印象の「日産ステージア」。その中でも異彩を放つ、ワイルドなクロスオーバーSUVタイプの「AR-X FOUR」に、自動車ジャーナリストの森口将之が乗った。


  • 日産ウイングロード15RXエアロ(FF/CVT)/18RXエアロ(FF/CVT)【試乗記】 2005.12.6 試乗記 日産ウイングロード15RXエアロ(FF/CVT)/18RXエアロ(FF/CVT)
    ……230万3700円/250万3200円

    2005年11月14日、日産のコンパクトワゴン「ウイングロード」が3代目に進化した。若者が求める使えるワゴンとは?エアロパーツで飾ったスポーティモデルに試乗した。


  • トヨタ・ハリアー プログレス“Metal and Leather Package”(ターボ車)(4WD/6AT)【試乗記】 2017.7.18 試乗記 トヨタのSUV「ハリアー」がマイナーチェンジ。高効率が追求された2リッターターボエンジンを得て、その走りはどう変わったのか。プレミアムな装備を充実させた新グレードの、4WDモデルでチェックした。
  • 日産ステージア250tRX FOUR(5AT)【試乗記】 2002.5.14 試乗記 日産ステージア250tRX FOUR(5AT)
    ……367.0万円

    ぶっちゃけたハナシ、スカイラインのステーションワゴン。そう解説する自動車ジャーナリスト、河村康彦が、ステージアのターボモデルに乗った。セダンには用意されない「ターボ+4WD」のワゴンやいかに!?


  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(後編)【試乗記】 2017.8.9 試乗記 ダイハツとスズキのクルマづくりを具現したかのような「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。公道での比較試乗を通して両モデルのキャラクターの違いを浮き彫りにするとともに、これからの軽自動車開発のあり方について考えた。
ホームへ戻る