【2003年デトロイトショー】日産「マキシマ」「クエスト」

2003.01.08 自動車ニュース
【2003年デトロイトショー】日産「マキシマ」「クエスト」

【2003年デトロイトショー】日産「マキシマ」「クエスト」

2003年1月5日、新年恒例の「デトロイトショー」ことNAIAS(North American International Auto Show)が、米ミシガン州はデトロイトで始まった。
現地に飛んだwebCGエグゼクティブディレクターが、日産の主力モデル「マキシマ(Maxima)」と「クエスト(Quest)」についてリポートする。


【写真上】日産自動車の中村史郎デザイン本部長。「マキシマは4ドアのZ」
【写真下】マキシマのダッシュボード。Z風にまとめられる

【2003年デトロイトショー】日産「マキシマ」「クエスト」

■4ドアのZ・・・マキシマ

6代目となるニュー・マキシマは、昨年アメリカのインポート・カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた「アルティマ」の上に位置するモデル。アルティマがホンダ「アコード」、トヨタ「カムリ」に対抗するために大型化されたゆえ、その上のマキシマもまた半クラスぐらい上がった。
2.8〜3.4万ドルという価格からして、かなりの高級車。ほとんど「Z」と同じ価格帯である。実は、このクルマが狙っているのは、高級スポーティサルーン市場なのだ。
会場でお目にかかった、日産自動車の中村史郎デザイン本部長は、自らドアを開けて、詳しく説明してくださった。
「言ってみれば4ドアのZなんです。「インフィニティ」のクーペがZの2+2だとしたら、これはセダン版Zなんですね」


モデルによっては完全な4座となる

【2003年デトロイトショー】日産「マキシマ」「クエスト」

その言葉通り、よく見ると各所にZのデザイン・キューが表現されている。ヘッドランプ、ホイールアーチのフレア、リアサイドグラス、ルーフライン、そしてZの3眼メーターを思わすダッシュなど、まさにセダンのZだ。しかも高級モデルは以前のデイムラーのようにセンターコンソールをリアまで通して完全な4シーターにしているのがカッコいい。

スポーティさを強調するため、3.5リッター「VQ」エンジンは260psにアップされ、6段MTのほか、モデルによっては5段ATがつく。残念なのはFWD(前輪駆動)ということ。だが、リアサスペンションは一新されたという。

テネシー州スマーナ工場で生産予定で、2003年3月中に北米市場でリリースされる。


新型ミニバン「クエスト」

【2003年デトロイトショー】日産「マキシマ」「クエスト」

■個性の押し出し・・・クエスト

一方、ミニバンの祖先のようなクエストは、この3代目でようやくフォードとの共同開発というくびきから外され、純粋に日産開発のものとなった。
デザインはカリフォルニアのスタジオが担当(マキシマは厚木)。アメリカ第一のモデルのため、かなり強い表現のデザインを持つが、いまアメリカではこのくらいの個性の押し出しが望まれているという。
室内の煉瓦色の色遣いだけでなく、アメリカの量産車としては初めてというセンターメーターなど採用して、これまた意欲的なモデルに仕上がった。

ミシシッピー州キャントン新工場で造られる予定で、販売開始は2003年夏頃という。

(webCG大川)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。