スバル「レガシィB4 BLITZEN 2003 model」発売

2003.01.06 自動車ニュース

スバル「レガシィB4 BLITZEN 2003 model」発売

富士重工業のモータースポーツ系会社、スバルテクニカインターナショナル(STI)は、スバル「レガシィB4 BLITZEN 2003 model」を発表、2003年1月24日より販売を開始する。限定400台。

「BLITZEN(ブリッツェン)」は、富士重工業とポルシェデザインが共同開発した外装部品などを身に纏う、レガシィお馴染みの限定モデル。2000年に初めてレガシィB4に設定されて以降、B4、そして「レガシィツーリングワゴン」に毎年設定されている。

2003年モデルの「B4 BLITZEN」は、専用のエクステリアデザインやフロントヘリカルLSD(5段MT車)など、前年モデルの仕様を踏襲しながらも、クイックステアリングギヤレシオや、4段AT車でのフロント4ポットブレーキキャリパーの採用など、走りの装備を充実させた。販売台数は400台と過去最も少ない(前年はセダン、ワゴンあわせて1500台)。

内装には、2002年4月にスバルのアドバンスドデザイン担当チーフデザイナーに就任したアンドレアス・ザパティナスのコーディネートによる専用の本革シート、本革ドアトリムやルーフトリムなどを配し、インテリアデザインと質感の向上を図った。

その他の主な装備は以下の通り。

・専用フロントバンパー
・専用フロントグリル
・専用リアスポイラー
・専用リアバンパー
・専用サイドスカート
・専用17インチアルミホイール
・シルバーグレー色ヘッドランプベゼル
・サイドターンランプ(ホワイトタイプ)
・専用リアガーニッシュ
・チタン調センターパネル
・サイドシルプレート
・専用本革シート(シート色:ブリックブラウン/ブラック、運転席パワースライド・リクライニングチルトリフター、フロント・スポーティーバケットタイプ、シートヒーター・ランバーサポート付き)
・専用本革ドアトリム(トリム色:ブリックブラウン)
・アルミパッド式スポーツペダル
・チェッカードルーフトリム
・リアエンブレム
・フロント・ヘリカルLSD(5段MT)
・クイックステアリングギヤレシオ(15.0:1)
・フロント・ストラットタワーバー
・フロント16インチ対向4ポッドベンチレーテッドディスクブレーキ
・マフラーカッター
・マッキントッシュサウンドシステム
・濃色ガラス

価格は、318.0万円(5段MT)と323.5万円(4段AT)。

(webCG 永瀧)

スバル「レガシィB4」:
http://www.subaru.co.jp/legacy/top.html
STI「レガシィB4 BLITZEN 2003 model」:
http://www.subaru-sti.co.jp/blitzen2003/

スバル「レガシィB4 BLITZEN 2003 model」発売の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ 2017.7.26 画像・写真 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に新グレード「1.4ターボ」が登場。日本初導入の1.4リッター直4直噴ターボエンジンに加え、専用のメッキグリルなどで飾られたスポーティーなルックスも特徴とされている。同車の姿を、写真で紹介する。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
ホームへ戻る