三菱、新型の商用車「ランサーカーゴ」発売

2003.01.06 自動車ニュース

三菱、新型の商用車「ランサーカーゴ」発売

三菱自動車は、新型の商用車「ランサーカーゴ」を、2003年1月6日に発売した。

「ランサーカーゴ」は、1992年5月デビューの「リベロカーゴ」に替わる、「ランサーセディアワゴン」ベースの商用バン。セディアワゴンから2年遅れての登場だ。
エンジンは、1.5リッター直4 SOHC16バルブ「ECI-MULTI」で、5段MTか無段変速機(CVT)、4WDでは4段ATを組み合わせる。国土交通省の「超-低排出ガス」認定車で、10・15モード燃費はリッター15.8km(CVT車)という。

荷室は、2名乗車時で、1740mm(長)×1360mm(幅)×905mm(高)。A4コピー用紙箱77個、みかん箱は31個搭載できるという。荷物搭載時の負担を軽減するため、床面高さを550mmとし、リアシートはワンアクションで前倒し可能な機構を採用した。

グレードは「E」と快適装備が追加された「G」の2種類。それぞれに、2WD(5段MT/CVT)と4WD(4段AT)が設定される。詳しい価格は以下の通り。

●E
118.0万円(2WD+5段MT)
125.5万円(2WD+CVT)
145.5万円(4WD+4段AT)

●G
126.8万円(2WD+5段MT)
134.3万円(2WD+CVT)
154.3万円(4WD+4段AT)

(webCG 永瀧)

「三菱自動車工業」:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/

 
三菱、新型の商用車「ランサーカーゴ」発売の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ランサーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 商用バンの三菱ランサーカーゴが一部改良 2016.2.4 自動車ニュース 三菱が、日産からOEM供給を受けて販売している商用車「ランサーカーゴ」に一部改良を実施。2016年4月1日より適用されるオフセット衝突時の乗員保護の技術基準、および2016年8月1日より適用される自動車の電磁両立性の技術基準への適合をはかった。
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション(4WD)【試乗記】 2017.3.22 試乗記 マイナーチェンジを受けた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗。プラグインハイブリッドシステムの改良や先進安全装備の搭載など、全方位的に進化を遂げた最新モデルの出来栄えを、最上級グレード「Sエディション」で確かめた。
  • 第34回 ディーゼルLOVE(後編) 2017.3.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第34回は「ディーゼルLOVE(後編)」。カーマニアにとってディーゼル車の魅力とは? 前回に引き続き、ディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏をゲストに迎えての対談の様子をお届けする。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
ホームへ戻る