三菱、新型の商用車「ランサーカーゴ」発売

2003.01.06 自動車ニュース

三菱、新型の商用車「ランサーカーゴ」発売

三菱自動車は、新型の商用車「ランサーカーゴ」を、2003年1月6日に発売した。

「ランサーカーゴ」は、1992年5月デビューの「リベロカーゴ」に替わる、「ランサーセディアワゴン」ベースの商用バン。セディアワゴンから2年遅れての登場だ。
エンジンは、1.5リッター直4 SOHC16バルブ「ECI-MULTI」で、5段MTか無段変速機(CVT)、4WDでは4段ATを組み合わせる。国土交通省の「超-低排出ガス」認定車で、10・15モード燃費はリッター15.8km(CVT車)という。

荷室は、2名乗車時で、1740mm(長)×1360mm(幅)×905mm(高)。A4コピー用紙箱77個、みかん箱は31個搭載できるという。荷物搭載時の負担を軽減するため、床面高さを550mmとし、リアシートはワンアクションで前倒し可能な機構を採用した。

グレードは「E」と快適装備が追加された「G」の2種類。それぞれに、2WD(5段MT/CVT)と4WD(4段AT)が設定される。詳しい価格は以下の通り。

●E
118.0万円(2WD+5段MT)
125.5万円(2WD+CVT)
145.5万円(4WD+4段AT)

●G
126.8万円(2WD+5段MT)
134.3万円(2WD+CVT)
154.3万円(4WD+4段AT)

(webCG 永瀧)

「三菱自動車工業」:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/

 
三菱、新型の商用車「ランサーカーゴ」発売の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 商用バンの三菱ランサーカーゴが一部改良 2016.2.4 自動車ニュース 三菱が、日産からOEM供給を受けて販売している商用車「ランサーカーゴ」に一部改良を実施。2016年4月1日より適用されるオフセット衝突時の乗員保護の技術基準、および2016年8月1日より適用される自動車の電磁両立性の技術基準への適合をはかった。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • アルファ・ロメオ、各モデルに新ブランドロゴを採用 2017.2.8 自動車ニュース FCAがアルファ・ロメオの全ラインナップにマイナーチェンジを実施し、同日2月18日に販売を開始する。今回の改良では新しいブランドロゴを採用したほか、内外装のデザイン変更や、装備設定およびグレード体系の見直しも行っている。
  • マツダE&T、「ボンゴフレンディ」似の「CX-5」キャンパーを展示 2017.2.3 自動車ニュース マツダのエンジニアリング子会社であるマツダE&Tは、幕張メッセで2017年2月5日まで開催されているジャパンキャンピングカーショー2017で、車両の屋根上に宿泊スペースを持つ「CX-5ポップ・アップ・ルーフ・コンセプト」を展示している。
  • スバル、2018年型の「レガシィ」をシカゴで公開 2017.2.3 自動車ニュース 富士重工業は2017年2月3日、米国・シカゴで開催される2017年 シカゴオートショー(開催期間:2月9日~20日)で、2018年型「スバル・レガシィ」の米国仕様車を公開すると発表した。
ホームへ戻る