三菱、新型の商用車「ランサーカーゴ」発売

2003.01.06 自動車ニュース

三菱、新型の商用車「ランサーカーゴ」発売

三菱自動車は、新型の商用車「ランサーカーゴ」を、2003年1月6日に発売した。

「ランサーカーゴ」は、1992年5月デビューの「リベロカーゴ」に替わる、「ランサーセディアワゴン」ベースの商用バン。セディアワゴンから2年遅れての登場だ。
エンジンは、1.5リッター直4 SOHC16バルブ「ECI-MULTI」で、5段MTか無段変速機(CVT)、4WDでは4段ATを組み合わせる。国土交通省の「超-低排出ガス」認定車で、10・15モード燃費はリッター15.8km(CVT車)という。

荷室は、2名乗車時で、1740mm(長)×1360mm(幅)×905mm(高)。A4コピー用紙箱77個、みかん箱は31個搭載できるという。荷物搭載時の負担を軽減するため、床面高さを550mmとし、リアシートはワンアクションで前倒し可能な機構を採用した。

グレードは「E」と快適装備が追加された「G」の2種類。それぞれに、2WD(5段MT/CVT)と4WD(4段AT)が設定される。詳しい価格は以下の通り。

●E
118.0万円(2WD+5段MT)
125.5万円(2WD+CVT)
145.5万円(4WD+4段AT)

●G
126.8万円(2WD+5段MT)
134.3万円(2WD+CVT)
154.3万円(4WD+4段AT)

(webCG 永瀧)

「三菱自動車工業」:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/

 
三菱、新型の商用車「ランサーカーゴ」発売の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る