【スペック】メルセデスベンツSL500:全長×全幅×全項=4535×1815×1298mm/ホイールベース=2560mm/車重=1845kg/駆動方式=FR/5リッターV8DOHC24バルブ(306ps/5600rpm、46.9kgm/2700-4200rpm)

メルセデス・ベンツSL500【試乗記】

究極のオヤジ殺し 2003.01.05 試乗記 メルセデス・ベンツSL500「Roadster and coupe in one thanks to vario-roof」と謳われるブランニューSL。5リッターV8を積む2座オープンSL500に、イタリアのフィレンツェで清水和夫が乗った。 会員コンテンツ「Contributions」より再録。

開閉16秒のバリオルーフ

BMW7シリーズの試乗会を終えると、一路イタリアのフィレンツェに向かった。メルセデスベンツ新SLシリーズをテストするためである。
シエナの街に近いトスカーナ地方のワインディングは狭く荒れている。SLのテストドライブでは久しぶりに徳大寺有恒さんとペアを組んだ。徳さんからはこの伝統的なSLに関して色々な話が聞けた。さらに贅沢なことに、プレス向け試乗会場には1954年の300SLクーペ(ガルウイング)、300SLロードスターが用意され自由に試乗できたのだ。

新型SLのボディサイズは、全長×全幅×全高=4535×1815×1298mm、ホイールベース2560mm。先代のSLと比較して全長35mm、全幅5mm、全高が3mm(ハードトップと比較)大きくなり、ホイールベースは45mm長くなった。スリップ時に各ホイールのブレーキをコントロールするESP(エレクトリックスタビリティプログラム)や、ブレーキマネージメントをコンピューターが行うSBC(センソトロニックブレーキコントロール)などを搭載する。2001年9月のフランクフルトモーターショーで国際的にお披露目された、12年ぶりのニューモデルである。

新型SLのハイライトの一つは、バリオルーフと呼ばれる電動ハードトップだ。わずか16秒で開閉されるから、初代バリオルーフのSLK(25秒)よりも、トヨタのソアラ(25秒)よりも速い。
試乗会のスタート場所はフィレンツェの市街の中心であったので、はじめから荒れた石畳の路面に出くわした。「メルセデスは相当自信を持っているのですね」と徳さんに話しかける。しっかりしたボディが印象的だった。

エンジンのスタートボタンはシフトレバーの頭に付いているのだ。インテリアは、ナビもオーディオも最高級品が揃う。シートはどんな体型のドライバーにもフィットするフルサポートが備わり、さらに電動マッサージまでついた豪華なものだ。この装備は究極のオヤジ殺しだとおもった。

路面の凹凸が消えた

5リッターV8(306ps/5600rpm、46.9kgm/2700から4200rpm)は、メルセデスにしては驚くほどエンジンのサウンドがスポーティである。アクセルを踏む込むと低めのエキゾーストサウンドが聞こえてくる。メルセデスが独自開発した5ATとの組み合わせは、いつもながらまったくすばらしいものだ。変速ショックもなく、スムースにギアがつながる。シフトのタッチもステアリングの手応えも軽く、新型SLのエレガントな走りにマッチしている。
「ABC(アクティブボディコントロール)」と呼ばれるアクティブサスペンションシステムは、すでにCLやSクラスに採用されているが、SLではさらに進化した。「コンフォート」モードも用意されるが、平均的な路面では「スポーツモード」で快適で、引き締まったサスペンションという印象だ。乗り心地はすべての道がビロードの絨毯がひかれたようにスムーズ。これはBMWの7シリーズと同じような印象であった。いままでそこにあった、路面の凹凸が消えているのだ。

もう少しスパイスを

いよいよ本格的なワインディングにさしかかる。二人は延々と100キロも続くロングワインディングコースをなぜか選んでしまった。途中で雨が降ってくる。路面は落ち葉で滑りやすい。「徳さん、本当にみんなこのコースを走っているのですかね?」と不安になるが、返事はない。コーナーを少し攻め込む。ロールはほとんどない。さらにコーナーを激しく攻めると……。

一度だけコーナーの深さを読み間違え、オーバースピードで入ってしまった。「徳さんごめん……!」

この危機を救ったのは新開発のセンソトロニックSBC(ブレーキバイワイヤー)と、ESPであった。これはブレーキペダルの踏力ほか、車輪速度、ステアリング角度、エンジンやトランスミッションの情報などを、それぞれのセンサーから得てブレーキの"きき"をコントロールするもの。それも車輪ごとに、である。

試乗を終えるとみんなでSL談義となった。最高の乗り心地とハンドリングであることに異論はない。でも、個人的にはもう少しスパイスを効かせて欲しかった。この意見には小林彰太郎さんも賛同した。

メルセデスは、「清水さん、次はAMG SL55にのって見てください。ポルシェのGT2と勝負できますよ」と自信ありげであった。

(文=清水和夫/写真=ダイムラー・クライスラー/2001年10月29日)

関連記事
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • 第349回:メルセデス・ベンツのデザイナーが語る
    “モダンラグジュアリー”と“ドリームカー”
    2016.6.10 エディターから一言 メルセデス・ベンツが「Sクラス カブリオレ」をはじめとする3台のオープンカーを日本に導入。発表会に合わせて来日したデザイナーに、新しいデザインコンセプトである“モダンラグジュアリー”とは何か、そして3台の“ドリームカー”について話を聞いた。
  • メルセデス・ベンツSL63 AMG(FR/7AT)【試乗記】 2012.10.17 試乗記 メルセデス・ベンツSL63 AMG(FR/7AT)
    ……2245万円

    飛ばせば矢のように速く、流せば無類の底力を発揮する「SL63 AMG」。このスーパーロードスターを心地よく走らせるにはどうしたらいい? 初秋の南房総を行く。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • 最高出力460psの限定車「BMW M4 CS」発売 2017.5.10 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月10日、上海モーターショーでデビューした高性能モデル「BMW M4 CS」の日本導入を発表。同日、60台限定で受注を開始した。納車時期は、同年の秋以降になる見込み。
  • メルセデス・ベンツEクラス クーペ【海外試乗記】 2017.3.30 試乗記 セダン、ステーションワゴンに続き、「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」がいよいよ最新世代へとフルモデルチェンジ。W114以来の伝統を誇る、スリーポインテッドスターのミディアムクーペの実力を、スペインはカタロニアで試した。
  • 「BMW 4シリーズ クーペ/カブリオレ/グランクーペ」がマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「4シリーズ クーペ」「4シリーズ カブリオレ」「4シリーズ グランクーペ」をマイナーチェンジし、同日販売を開始した。最新モデルでは、エクステリアが大幅にリフレッシュされている。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.28 試乗記 メルセデス・ベンツのトップエンドモデルに、44年ぶりとなる「カブリオレ」が復活。ぜいたくなオープン4シーターが実現する世界とは……? パワフルな5.5リッターV8ツインターボを積む「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」で確かめた。
ホームへ戻る