ポルシェ「911 GT3」、381psに!

2002.12.26 自動車ニュース

ポルシェ「911 GT3」、381psに!

ポルシェジャパンは、「911」の高性能バージョン「GT3」2003年モデルの受注を、2002年12月20日に開始した。パワー、トルクともにアップし、さらなるハイパフォーマンス化が推し進められた。左ハンドル仕様で、価格は1419.0万円。モータースポーツ用「クラブスポーツ・パッケージ」も同じプライスタグを付ける。

スポーツモデル「RS」の後継として1999年のジュネーブショーでデビューした「911 GT3」。「911カレラ」をベースに、サーキットでの走行をも視野に入れたチューンが各所に施される、高性能モデルである。

自然吸気の3.6リッター水平対向6気筒エンジンは、最高出力が先代比21psアップの381ps(!)に。ノーマルの911カレラより61psもパワフルだ。
その分、回転数は400rpm引き上げられ、レッドゾーンは8200rpmからとなった。
トルクにおいては、先代より1.6kgm太くなり、39.3kgm。80%を2000rpmで発生させると謳われる。

気になるパフォーマンスは、最高速度306km/h、0-100km/h加速は先代を0.3秒上回る4.5秒、0-200km/h加速は19.7秒とされる。

6段MTには、オイルクーラーとオイル噴射による強制潤滑を採用した。
911カレラより30mmローダウンしたスポーツサスペンションも改良し、さらに踏ん張りがきくセッティングに。ホイールのリム幅を前8.5インチ、後11インチに、またタイヤを前235/40ZR18、後295/30ZR18に、それぞれ拡大した。

動力性能の向上にあわせ、ストッピングパワーも増強。フロントブレーキは、これまでの4ピストンから6ピストンキャリパーに変更、ブレーキディスクの直径は20mmプラスされ350mmとなった。ABSは軽量化され、反応も素早くなったという。
なおオプションとして、セラミック・ブレーキ・ディスクを備える「ポルシェ・セラミック・コンポジット・ブレーキ(PCCB)」を選ぶことも可能。これは既に「911 GT2」に標準、「911ターボ」にオプション設定されているものだ。

(webCG 有吉)

「ポルシェジャパン」:
http://www.porsche.co.jp/

 
ポルシェ「911 GT3」、381psに!の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】NEW 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • 「ポルシェ718ケイマンS」フォトギャラリー 2016.11.15 特集 往年の名車「718」の伝説を継承する、ポルシェの新たなプレミアムスポーツ「718ケイマンS」。新開発のターボエンジンがもたらす卓越した動力性能はもちろんのこと、先進感あふれるスタイリングや上質なインテリアも特長となっている。そのディテールを写真で紹介する。
ホームへ戻る