ポルシェ「911 GT3」、381psに!

2002.12.26 自動車ニュース

ポルシェ「911 GT3」、381psに!

ポルシェジャパンは、「911」の高性能バージョン「GT3」2003年モデルの受注を、2002年12月20日に開始した。パワー、トルクともにアップし、さらなるハイパフォーマンス化が推し進められた。左ハンドル仕様で、価格は1419.0万円。モータースポーツ用「クラブスポーツ・パッケージ」も同じプライスタグを付ける。

スポーツモデル「RS」の後継として1999年のジュネーブショーでデビューした「911 GT3」。「911カレラ」をベースに、サーキットでの走行をも視野に入れたチューンが各所に施される、高性能モデルである。

自然吸気の3.6リッター水平対向6気筒エンジンは、最高出力が先代比21psアップの381ps(!)に。ノーマルの911カレラより61psもパワフルだ。
その分、回転数は400rpm引き上げられ、レッドゾーンは8200rpmからとなった。
トルクにおいては、先代より1.6kgm太くなり、39.3kgm。80%を2000rpmで発生させると謳われる。

気になるパフォーマンスは、最高速度306km/h、0-100km/h加速は先代を0.3秒上回る4.5秒、0-200km/h加速は19.7秒とされる。

6段MTには、オイルクーラーとオイル噴射による強制潤滑を採用した。
911カレラより30mmローダウンしたスポーツサスペンションも改良し、さらに踏ん張りがきくセッティングに。ホイールのリム幅を前8.5インチ、後11インチに、またタイヤを前235/40ZR18、後295/30ZR18に、それぞれ拡大した。

動力性能の向上にあわせ、ストッピングパワーも増強。フロントブレーキは、これまでの4ピストンから6ピストンキャリパーに変更、ブレーキディスクの直径は20mmプラスされ350mmとなった。ABSは軽量化され、反応も素早くなったという。
なおオプションとして、セラミック・ブレーキ・ディスクを備える「ポルシェ・セラミック・コンポジット・ブレーキ(PCCB)」を選ぶことも可能。これは既に「911 GT2」に標準、「911ターボ」にオプション設定されているものだ。

(webCG 有吉)

「ポルシェジャパン」:
http://www.porsche.co.jp/

 
ポルシェ「911 GT3」、381psに!の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • ポルシェ718ケイマン/718ケイマンS【海外試乗記】 2016.8.19 試乗記 エンジンをフラット6からフラット4ターボに積み替え、車名も新たに再スタートを切った「ポルシェ718ケイマン」。“似て非なる最新型”は、やはり最善なのだろうか。スウェーデン南部のマルメで試乗した。
  • ランドローバー・ディスカバリーHSEラグジュアリー(ディーゼル)(4WD/8AT)【試乗記】 2017.8.16 試乗記 新型「ランドローバー・ディスカバリー」のディーゼルモデルに試乗。500kmにもおよぶ孤独な(?)ロングドライブで、その動力性能や快適性、経済性などについて真剣に考えた。
ホームへ戻る