ポルシェ「911 GT3」、381psに!

2002.12.26 自動車ニュース

ポルシェ「911 GT3」、381psに!

ポルシェジャパンは、「911」の高性能バージョン「GT3」2003年モデルの受注を、2002年12月20日に開始した。パワー、トルクともにアップし、さらなるハイパフォーマンス化が推し進められた。左ハンドル仕様で、価格は1419.0万円。モータースポーツ用「クラブスポーツ・パッケージ」も同じプライスタグを付ける。

スポーツモデル「RS」の後継として1999年のジュネーブショーでデビューした「911 GT3」。「911カレラ」をベースに、サーキットでの走行をも視野に入れたチューンが各所に施される、高性能モデルである。

自然吸気の3.6リッター水平対向6気筒エンジンは、最高出力が先代比21psアップの381ps(!)に。ノーマルの911カレラより61psもパワフルだ。
その分、回転数は400rpm引き上げられ、レッドゾーンは8200rpmからとなった。
トルクにおいては、先代より1.6kgm太くなり、39.3kgm。80%を2000rpmで発生させると謳われる。

気になるパフォーマンスは、最高速度306km/h、0-100km/h加速は先代を0.3秒上回る4.5秒、0-200km/h加速は19.7秒とされる。

6段MTには、オイルクーラーとオイル噴射による強制潤滑を採用した。
911カレラより30mmローダウンしたスポーツサスペンションも改良し、さらに踏ん張りがきくセッティングに。ホイールのリム幅を前8.5インチ、後11インチに、またタイヤを前235/40ZR18、後295/30ZR18に、それぞれ拡大した。

動力性能の向上にあわせ、ストッピングパワーも増強。フロントブレーキは、これまでの4ピストンから6ピストンキャリパーに変更、ブレーキディスクの直径は20mmプラスされ350mmとなった。ABSは軽量化され、反応も素早くなったという。
なおオプションとして、セラミック・ブレーキ・ディスクを備える「ポルシェ・セラミック・コンポジット・ブレーキ(PCCB)」を選ぶことも可能。これは既に「911 GT2」に標準、「911ターボ」にオプション設定されているものだ。

(webCG 有吉)

「ポルシェジャパン」:
http://www.porsche.co.jp/

 
ポルシェ「911 GT3」、381psに!の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)/911タルガ4 GTS(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.2.17 試乗記 「ポルシェ911」の高性能モデル「911 GTS」がリニューアル。新世代の3リッターツインターボエンジンを搭載する最新型は、どんな走りを見せるのか? 「911カレラGTS」と「911タルガ4 GTS」に、南アフリカで試乗した。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • 【ジュネーブショー2017】最高出力500psの「ポルシェ911 GT3」登場 2017.3.8 自動車ニュース 独ポルシェは2017年3月7日、ジュネーブショーモーターショーで「911 GT3」の最新モデルを世界初公開した。同車は最高出力500psの4リッター水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載しており、日本での販売価格は2115万円。
  • ポルシェ・パナメーラ スポーツツーリスモ 2017.3.3 画像・写真 独ポルシェは第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で「パナメーラ」のワゴンバリエーションである「パナメーラ スポーツツーリスモ」を発表する。その姿を画像で紹介する。
  • ブガッティ・シロン(4WD/7AT)【海外試乗記】NEW 2017.3.27 試乗記 1500psから420km/hという最高速を繰り出す「ブガッティ・シロン」に試乗。その桁外れの動力性能は驚き値するが、それにも増して感動的だったのは、どんな状況でもこのクルマを100%信頼できるという感触が備わっていることだった。
ホームへ戻る