【スペック】全長×全幅×全高=3415×1495×1425mm/ホイールベース=2360mm/車重=780kg/駆動方式=FF/1リッター直3DOHC12バルブ(64ps/6000rpm、9.6kgm/3600rpm)/車両本体価格=115.8万円(テスト車=122.8万円)

ダイハツ・ミラジーノ1000X FF(4AT)【ブリーフテスト】

ダイハツ・ミラジーノ1000X FF(4AT) 2002.12.20 試乗記 ……122.8万円総合評価……★★

「軽自動車」以上「普通車」未満

「ミラ」のレトロ調モデル「ミラジーノ」のリッター車版。輸出用モデルの国内専用モデルでもある。シートベルトには、日本語ほか、英、仏、独、アラビア語で注意が記載される。日本仕様には「ジーノ」として、豪華なメッキバンパーやモール類で付加価値が付けられた。けっして「MINIもどき」ではなく、「コンパーノ風」なので、そこんとこヨロシク。
ドライビングポジションは、当たり前だが、“軽”の「ミラ」と変わらない。低い位置からコラムが生えるウッドリムのステアリングホイールを握ると、ダッシュボード上面を見下ろせ、ボンネットもまる見え。プロテインレザー製のシート、多用される木目調パネルなどと併せ、運転していると不思議な“オモチャ感”がある。楽しい。
ドライブフィールは、「軽にリッターエンジンを載せた」という成り立ちそのまま。軽自動車に大きなエンジンを積んだからといって普通乗用車になるわけではない。しかし実用と割り切るならコレで十分ともいえるわけで、クルマの存在意義を考えるうえである種の示唆に富む。現実問題としては、「トヨタ・ヴィッツ」や「ダイハツ・ストーリア」という身内モデルが立ちはだかる。



【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
ダイハツの基幹モデルである軽自動車「ミラ」に、1リッター直3ユニットを載せた普通車版。「ミラジーノ1000」の名前で2002年8月23日に登場した。前後大型メッキバンパー、メッキモール、メッキホイールアーチでボディが飾られる。車内では、2眼ホワイトメーター、ウッドステアリングホイール、プロテインレザーシートなどが採用された。トランスミッションは4段ATのみ。FF(前輪駆動)ほか、4WDモデルも用意される。
(グレード概要)
ミラジーノ1000には、バーシックバージョンと装備が充実した「X」の2種類がラインナップされる。Xは、インチアップされた14インチアルミホイールを履き、オーディオにラジオ、CD、さらにMDが加わる。そのほか、ドアミラーが電動格納式になり、リアドア、バックウィンドウがスモークドガラスになるのが違いだ。



ダイハツ・ミラジーノ1000X FF(4AT)【ブリーフテスト】の画像


ダイハツ・ミラジーノ1000X FF(4AT)【ブリーフテスト】の画像
写真をクリックするとリアハッチが開きます。

写真をクリックするとリアハッチが開きます。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★
木目調パネルで精一杯“豪華”を演出したインストゥルメントパネル。さらにステアリングホイールもウッドとレザーのコンビネーション仕様で、コテコテ度に拍車をかける。善し悪しはともかく、アジアンテイストに通ずる独特のパワーを感じさせるインパネまわりだ。アイボリー地のメーターが、場違いに(?)上品。テスト車にはナビゲーションシステムが搭載されるが、全“手動”式でディスプレイを引き出すと、オーディオのスイッチ、ダイヤル類が隠されて、絶望的に使いづらくなる。
(前席)……★★
ちんまりと小さいサイズのシート。スライド、リクライニング調整のみのシンプルなもの。ヘッドクリアランスを十分にとるためか、着座位置は低い。クッションの硬さは中庸なのだが、腰がなくあいまいに体が沈む印象。プロテインレザーは通気性が悪く、背中にジットリ汗をかく。
(後席)……★★
狭い膝前空間を有効活用するため、足をあまり前に出さないでも座れるよう、座面の高さを上げたリアシート。それでも、足先は前席の下に入れることになる。一方、頭上の空間は、着座位置のせいで、四角いボディからは意外なほど小さい。とはいえ、ミラジーノ1000のリアシートは、余裕はないが、スペース面からは大人用として実用に耐える。気になるのは、3点式シートベルトは備わるものの、ヘッドを支えるのに用をなさないヘッドピローだ。追突されたときが心配。
(荷室)……★★
リアサスのダンパーをスプリングと別体にして斜めに配し、荷室への侵入を防いだミラジーノ。小さいボディを最大限活用するための工夫のひとつだ。それでも生じた、むかって左の出っ張りは、燃料パイプの通り道である。床面最大幅115cm、奥行き55cm、パーセルシェルフまでの高さは40cm。リアシートの背もたれは、一体で前に倒すことも可能。キレイにフラットにはならないが、奥行きは120cm前後まで拡大、シェルフを外せば、臨時に大きなモノを運ぶことはできる。

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
ビンビンと元気に回る3気筒ユニット。遮音、防音材の使用が限られるクルマゆえ、急いで走るとウルサイ。活気に溢れてる、ともいえる。
4段ATはとりたてて賢いシフトプログラムがインストールされているわけではない。急な登り坂でもギアがトップに入ることがあるので、マニュアルで3速に固定する必要がある。そのためか、「D4」と「3」の間は、レバーのボタンを押すことなく、フリーで行き来できる。なお、ミラジーノ1000のFF車は、「平成12年基準排出ガス75%低減レベル」および「2010年新燃費基準」に適合した。
(乗り心地+ハンドリング)……★★
舗装の荒れた街なかでの乗り心地はいまひとつ。絶対的には短いホイールベースと、14インチのポテンザに合わせて硬められた足まわりゆえか、ヒョコヒョコ上下に短く揺すられる。高速道路でも継ぎ目でのショックは大きい。
一方、ステアリングホイールの重さは適当で、ハンドリングも安定方向に振られた素直なもの。スロットルをオフにしたときの挙動の変化は少ない。リアの追従性の悪さが気になるが、そこはクルマの性格上、切り捨てられた部分なのだろう。いうまでもなく、おとなしい運転をすると予想される女性ユーザーがメインターゲットだ。

(写真=清水健太)



【テストデータ】

報告者:webCG青木禎之
テスト日: 2002年10月16−17日
テスト車の形態: 広報車
テスト車の年式:2002年型
テスト車の走行距離:1890km
タイヤ:(前)165/55R14 72V(後)同じ(いずれもブリヂストン・ポテンザRE030)
オプション装備:コンパクト・ナビゲーションシステムIII+AM/FM付CDステレオ&16cmフロントスピーカー(7.0万円)
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:高速道路(5):市街地(3):山岳路(2)
走行距離:374.7km
使用燃料:40.1リッター
参考燃費:9.3km/リッター

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る