ダイハツ「ミラ」をフルモデルチェンジ

2002.12.20 自動車ニュース
 

ダイハツ「ミラ」をフルモデルチェンジ

ダイハツ工業は、軽乗用車「ミラ」をフルモデルチェンジし、2002年12月20日に発表した。「ムーヴ」でも使われるブランニュープラットフォームをベースに、ベーシックな「MIRA」とアグレッシブなフェイスをもつ「MIRA AVY」(アヴィ)の二本立てで登場!!


【写真上】ミラ
【写真下】ダイハツ工業の山田隆哉社長
 

■6代目の新型

1980年に初代がデビュー、22年間で国内生産累計450万台を突破したダイハツの軽自動車「ミラ」に、4年ぶりのフルモデルチェンジが施された。6代目となる新型は、2002年10月にデビューした「ムーヴ」の新開発プラットフォームを採用。優れたパッケージングと高い質感をセリングポイントにする。モデルラインナップはベーシックな「ミラ」(3/5ドア)に、「アトラクティブ&ヴィヴィッド ミニ」をコンセプトにし、デザインの異なる上級モデル「ミラ AVY(アヴィ)」(5ドアのみ)が加わった。商用バン(3ドアのみ)もあり。いずれも、2WDほか4WDが用意される。

エンジンとトランスミッションは、直3SOHC6バルブ(48ps)に5MTと3AT、可変バルブタイミング機構を備える直3DOHC12バルブDVVT(58ps)には5MTと4ATに加えてCVT、新開発の直3DOHC12バルブDVVT筒内直噴エンジン(60ps)は5MTのみ、そして直3DOHCターボ(64ps)には5MTと4ATが組み合わされる。価格は、「ミラ」が69.9万円から。ミラアヴィが94.0万円から。商用バンは、55.5万円からとなる。


ミラアヴィ
 

■2つのミラ

女性を中心に人気を集めたミラ。新型は、「おしゃれで活動的なミセス」をターゲットにするベーシックな「ミラ」と、「知的でアクティブな若い女性」に訴求したい「ミラ AVY」の2種類が設定された。AVYは「Attractive & Vivid Mini for Yourself」の頭文字から名付けられ、ミラより30mmボリュームあるフロントフード、大径タイヤなどでダイナミックな印象に仕上げたという。

ボディサイズは、全長×全幅×全高=3395×1475×1500(アヴィは1530)mm、ホイールベースはムーヴと同じ2390mm。先代と較べて、全高が75mm(アヴィは105mm)、ホイールベースは30mm延長された。


ミラの荷室。写真は直噴エンジン搭載の3ドア「V」グレード
 

室内の広さは、新型ジマンのひとつ。室内長は、ミラがムーヴと同じ1895mm、アヴィはさらに20mm長い1915mmである。旧型と較べると、カップルディスタンスが40mm広い620mm、前後乗員間隔は100mm長い890mmとなり、2リッタークラスの上級乗用車並のニースペースが謳われる。インテリアは、きめ細かいシボの開発や、部品間の隙間や段差を0.3mm程度に抑え、上質感を演出した。
広さに加え、使い勝手も考慮された。ヒップポイントを、従来比40mmプラスの580mm(アヴィは610mm)に設定して乗降性を向上。ムーヴと同様90度まで開くドアや、4人分のカップホルダーなどを含む19カ所の収納などが備わる。


新開発の「EF-VD」型筒内直噴エンジン
 

■「10・15モード」で30.5km/リッター

エンジンは、ミラが0.66リッター直3OHC6バルブ(48ps)と、可変バルブタイミング機構付きの直3DOHC12バルブDVVT(54ps)、さらに「V」グレード(3ドアのみ)には、筒内直噴の直3DOHC12バルブDVVT(60ps)が搭載される。
軽自動車NAエンジンで、クラストップの出力が謳われる直噴エンジンは、フリクションの低減や、アイドリング不要時に自動的にエンジンを停める「DAIHATSU STOP AND GO SYSTEM」を採用。「10・15モード」燃費で30.5km/リッターと、ハイブリッド車を除くガソリンエンジン車の世界最高燃費を実現した。
アヴィには、直3DOHC12バルブDVVT(54ps)と、直3DOHC12バルブターボ(64ps)が搭載される。


ミラアヴィのリアビュー
 

サスペンションは、フロントがマクファーソンストラット、リアはトーションビーム式を採用。従来と較べて、サスペンションストローク量を約20%増やすなどし、乗り心地と安定性を向上させたという。

ムーヴで採用された、滑りやすい路面で安定した走行を可能にする電子デバイス「DVS II」が、アヴィの「RS」と「R」にオプション設定される。環境性能はムーヴに採用された、ダイハツご自慢の自己浄化機能をもつ「インテリジェント触媒」などにより、DVVT付きエンジンを積む2WD車は、全車「超ー低排出ガス車」に認定。それ以外のモデルも、「優ー低排出ガス車」または「良ー低排出ガス車」をパスする。



 

価格は、ミラが「L」(3ドア、2WD/5MT)の69.9万円から、「X」(5ドア、4WD/CVT)の105.2万円まで。筒内直噴エンジンを積む「V」(3ドアのみ、2WD/5MT)は92.0万円。ミラアヴィ(5ドアのみ)が「L」(2WD/4AT)の94.0万円から、「RS」(4WD/4AT)の132.0万円まで。ミラバン(3ドアのみ)は、「A」(2WD/5MT)の55.5万円から、「A」(4WD/3AT)の75.8万円までとなる。

(webCGオオサワ)

「ダイハツ工業」:
http://www.daihatsu.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ミラの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 特集 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
  • スズキ、「バレーノ」に装備充実の「XS」グレードを設定 2016.11.17 自動車ニュース スズキは2016年11月17日、小型乗用車「バレーノ」に新グレード「XS」を設定し、販売を開始した。エクステリアにディスチャージヘッドランプやアルミホイール、室内装備にはフルオートエアコン、助手席シートヒーターなどが採用されている。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • トヨタ、新型小型車「ルーミー」「タンク」を発売 2016.11.9 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月9日、ハイトワゴンタイプの新型小型車「ルーミー」と「タンク」を発表し、販売を開始した。ルーミーとタンクは、広々とした空間“Living”と余裕の走り“Driving”を掛け合わせた「1LD-CAR(ワンエルディーカー)」がコンセプトの小型車である。
ホームへ戻る