【スペック】全長×全幅×全高=3695×1675×1550mm/ホイールベース=2370mm/車重=1090kg/駆動方式=4WD/1.5リッター直4DOHC16バルブ(105ps/6000rpm、14.1kgm/4200rpm)/車両本体価格=148.0万円(テスト車=158.1万円)(K)

トヨタ WiLLサイファ1.5リッター4WD(4AT)【ブリーフテスト】

トヨタ WiLLサイファ1.5リッター4WD(4AT) 2002.12.19 試乗記 ……158.1万円総合評価……★★

先行実験

異形自動車シリーズ「WiLL」の三男坊。斬新なカタチのみならず、情報ネットワークサービス「G-BOOK」を搭載し、機能面からも新機軸を打ち出した。早いハナシが、通信機能をもったコンピュータをセンターコンソールに埋め込んだ。ディスプレイにタッチすることで、近場のレストランやゴルフ場やオートキャンプ場などを教えてくれ、また、オペレーターを介したサービスもオプションで用意される……といった先端技術より、126.0万円(1.3リッター)/148.0万円(1.5リッター)で、ナビゲーションシステム付きの(変形)「ヴィッツ」が買える、という方が、一般消費者には重要かも。
フザけた外観とはうらはらに、しっかりした“走り”を見せるWiLLサイファ。“育てるクルマ”とのキャッチコピーとは逆に、ユーザーを教育して、トヨタの情報ネットワークにからめとるための野望のクルマ。本命たるトヨタの高級車に、“情報”という付加価値をつけるための実験車でもある。

【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
2002年10月21日にデビューした、ヴィッツベースの5ドアモデル。トヨタ、近畿日本ツーリスト、江崎グリコ、コクヨ、松下電器産業の5社が進める異業種合同プロジェクト「WiLL」のブランド名を冠する第3弾である。エンジンはヴィッツでも使われる、1.3リッター直4と1.5リッター直4の2種類。前者が前輪駆動、後者は4WDになる。トランスミッションはいずれも4段AT。
サイファの特徴はなんといっても、車載情報端末「G-BOOK」の搭載。「DCM(Data Communication Module)」と呼ばれる通信モジュールの採用により、携帯電話を必要とせずに、最大144kbpsの通信を可能とする。月々550円(年払で6600円の場合)からの定額制。オペレーターサービスやカラオケなど、別途料金が発生するコンテンツもある。i-MODEなどの有料コンテンツと、同じ仕組みだ。「DCM」そのものが通信機能を備えるが、オペレーターを介してのナビゲーション設定など、音声通信では携帯電話を利用する。
(グレード概要)
サイファ1.3は前輪駆動。1.5リッターを積む4WDモデル。装備の差はない。標準で、電動格納リモコンドアミラーやオートエアコンなどを装着。ただし、オーディオ類はラジオレスの4スピーカーだ。車載端末「G-BOOK」は、全車標準装備。ナビゲーションシステムも、G-BOOKに含まれる。安全装備として、EBD付きABSや前席SRSエアバッグ、リア3点式シートベルトなどが付く。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
デザインモチーフである「円」を各部に反復させ、なによりセンタークラスターの「G-BOOK」をフィーチャーしたインパネまわり。同じヴィッツベースの従兄弟車「イスト」ほどには、“なかにヴィッツが入っている”感が少ない。アルファロメオが先鞭をつけた円周部で空調関係をコントロールするダイヤルスイッチや、「ヒカリモノ」という単語を連想するブルーメタリックのパネル類などが、WiLLモデルとして凝ったところだ。
(前席)……★★★★
7色あるボディカラーに対しインテリアが1種類なのが寂しいが、それを補ってあまりまるフロントシートのできのよさ。ある種の“気合い”が感じられる。シートの骨格こそヴィッツと共用だが、硬さの異なるクッションが組み合わされ、「ファルマー」と呼ばれる柔らかい新素材の生地とあわせ、座り心地はいい。センターコンソール下部の「センターボックス」「助手席シートアンダートレイ」インパネ左右端の「マルチボックス」など、モノ入れは豊富。ただ、携帯電話を固定する「携帯電話ホルダー」(販売店装着オプション)の、場違いな無骨さはいかがなものか。
(後席)……★★★
前席同様、しっかりしたクッションをもつ座り心地のいいリアシート。サイドの絞り込みが少ないボディ、高めの全高の恩恵で、頭まわりのスペースには余裕がある。ひざ前にもほどほどの空間が確保され、前席下に足先を入れるのはたやすい。乗車定員は5人だから、法規上3人座れるが、実質2人用と割り切ったほうがいい。左右とも、ISOFIX対応型チャイルドシート固定用バーが設定される。
(荷室)……★★
1.5リッターモデルは4WDゆえ、床下にデファレンシャルが配置される。そのため、荷室のフロアはFF(前輪駆動)車より20cmほど高い。床面最大幅は114cm、奥行き45cm、天井までの高さは75から80cm。後席は分割可倒式で、背もたれ端のレバーを引くだけで、背もたれを前に倒せ、高くなったフロアと面一に荷室を拡大できる。130cm前後の長尺物も搭載可。

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
サイファの機関面は、基本的にヴィッツと同じ。エンジンは、1.3と1.5の2種類で、いずれも「VVT-i」こと可変バルブタイミング機構を備えた「BEAMS」ユニット。どちらも「平成12年排出ガス75%低減レベル」を達成、いわゆる3ツ星である。テスト車の1.5リッターモデルは、4WDシステムを運ぶための排気量アップ版。“変わりボディ”の代償、100kg超の重量増にして、組み合わされる4段ATのギア比はヴィッツ1.5リッター「RS」と変わらないから、動力性能はそれなり。とはいえ、しゃかりきにトバしたくなるクルマではないし……ということを考慮しないでも、実用上はまったく十分。
(乗り心地+ハンドリング)……★★
増加したウェイトは、乗り心地の面ではプラスに働いて、見かけによらずサイファはしっとり走る。高速道路でのスタビリティにも問題なく、長距離ドライブも苦もなくこなす。ハンドリングも、ヴィッツゆずりの穏やかなものだ。ただ、重量がかさむ4WDシステムゆえか、ときに路面からの突き上げが気になることも。雪国在住の方以外は、迷わず1.3リッターを買った方がいい。

(写真=郡大二郎(K)、岡田茂(O)、トヨタ自動車)

【テストデータ】

報告者:webCG青木禎之
テスト日: 2002年11月10日
テスト車の形態: 広報車
テスト車の年式:2002年型
テスト車の走行距離:1349km
タイヤ:(前)175/65R14 82S(後)同じ(いずれもブリヂストンB391)
オプション装備:アルミホイール(5.0万円)+CD・MD一体ラジオ&6スピーカー(5.1万円)
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:高速道路(8):市街地(2):山岳路(1)
走行距離:906.6km
使用燃料:80.6リッター
参考燃費:11.2km/リッター

WiLLサイファをドライブするトヨタ自動車の豊田章男常務取締役(アジア本部長、e-TOYOTA部担当)
(O)
 
WiLLサイファをドライブするトヨタ自動車の豊田章男常務取締役(アジア本部長、e-TOYOTA部担当)
	(O)
	 

 
トヨタ WiLLサイファ1.5リッター4WD(4AT)【ブリーフテスト】の画像

 
トヨタ WiLLサイファ1.5リッター4WD(4AT)【ブリーフテスト】の画像

 
トヨタ WiLLサイファ1.5リッター4WD(4AT)【ブリーフテスト】の画像

 
トヨタ WiLLサイファ1.5リッター4WD(4AT)【ブリーフテスト】の画像
(K)
 
(K)
	 
(O)
 
(O)
	 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ1.3F(FF/CVT)【試乗記】 2014.6.12 試乗記 デビュー4年目を迎えた「トヨタ・ヴィッツ」が大幅にマイナーチェンジ。刷新された1.3リッターエンジンや25.0km/リッターの低燃費ばかりが注目を集めているが、それ以外にも見落とせない進化のポイントがあった。
  • トヨタ・ヴィッツRS“G's・スマートパッケージ”(FF/5MT)【試乗記】 2014.7.1 試乗記 マイナーチェンジされた「トヨタ・ヴィッツ」の中で、ひときわ異彩を放つスポーティーモデル「ヴィッツRS“G's”」。こだわりの専用パーツやチューニングで磨いたという、走りの質をリポートする。
  • シトロエン、「C4ピカソ」にディーゼルモデルを投入 2016.11.21 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年11月21日、「シトロエンC4ピカソ」と「シトロエン・グランドC4ピカソ」に、一部内外装と装備の変更や、ディーゼルエンジン「BlueHDi」搭載モデルの追加などのマイナーチェンジを実施した。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
ホームへ戻る