三菱、デトロイトショーにスポーツカーとSUV出展

2002.12.18 自動車ニュース
 

三菱、デトロイトショーにスポーツカーとSUV出展

三菱自動車と同社の米国事業統括会社ミツビシ・モーターズ・アメリカ・インクは、2003年1月5日に始まる北米国際自動車ショー(通称デトロイトショー)に、高性能オープンスポーツのコンセプトカー「ターマックスパイダー(Tarmac Spyder)」と新型クロスオーバーSUV「エンデバー(Endeavor)」を出展すると、2002年12月17日に発表した。


【写真上】「ターマックスパイダー」イメージスケッチ
【写真下】「エンデバー」イメージスケッチ
 

「ターマックスパイダー」は、「ランサーエボリューション」や「パジェロエボリューション」などと同様、モータースポーツと高性能スポーツカーのイメージを表現したというコンセプトカー。2001年10月の第35回東京モーターショーに参考出品された「CZ-3ターマック」、その走行性能を向上させたモデルという。
一方の「エンデバー」は、北米市場で2003年3月に発売する新型ミドサイズSUV。V6エンジンを搭載、2WD車と4WD車を用意する。

(webCG 有吉)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。