シボレー「クルーズ」、販売チャネル拡大

2002.12.18 自動車ニュース

シボレー「クルーズ」、販売チャネル拡大

スズキと日本ゼネラルモーターズ(日本GM)は、GMとスズキが共同開発したシボレーブランドのミニSUV「クルーズ」の販売チャネルを拡大すると、2002年12月16日に発表した。

2001年10月にデビューしたシボレー「クルーズ」は、1981年から戦略的提携を結んでいるGMとスズキが、初めて共同開発したモデル。スズキが自前の小型車プラットフォーム上に基本設計を行ない、GMはデザインや足まわりのチューニングを担当した。
ラインナップは、スズキ製エンジンの排気量により2種類。従来は、1.3リッターをスズキ「アリーナ」店で、1.5リッターを日本GM「GMオートワールド」ネットワークで販売していたが、今回、両社で相互のモデルを取り扱うことが決まった。ちなみに今までの販売実績は、スズキ側が1万1301台、日本GM側は610台(2001年10月から2002年11月)。

同日、車両への小変更も発表された。アルミホイールの採用、1.3リッター+2WD車におけるルーフレール省略などが主な内容となる。

価格は、1.3リッターが119.0万円から145.0万円まで、1.5リッターは144.0万円と160.0万円。

(webCG 有吉)

シボレー「クルーズ」:
http://www.chevrolet.co.jp/cruze/

 
シボレー「クルーズ」、販売チャネル拡大の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・ソニック LT(FF/6AT)【試乗記】 2011.11.20 試乗記 シボレー・ソニック LT(FF/6AT)
    ……198万円

    シボレーブランドの新しい5ドアハッチバック「ソニック」が日本に導入された。GMが“ワイルド・コンパクト”とうたう新型はどんなクルマ? 早速試乗した。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.5 試乗記 全長5mに迫る、ボルボの最上級クロスオーバーモデル「V90クロスカントリー」。その“GT性能”を確かめるべく、1000km超のロングドライブを敢行した。北海道から東京まで、1泊2日のグランドツーリングを通して感じた、その魅力とは?
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • スズキ・バレーノXT(FF/6AT)【試乗記】 2016.5.25 試乗記 ターゲットは「フォード・フォーカス」? スズキから新しいコンパクトモデルの「バレーノ」が登場。新開発のBセグメントプラットフォームの実力やいかに? 1リッターの直噴ターボエンジンを搭載した上級グレード「XT」を借り出し、その走りを試した。
ホームへ戻る