【Movie】ルノー「アヴァンタイム」試乗会より(その3)

2002.12.18 自動車ニュース
 
【Movie】ルノー「アヴァンタイム」試乗会より(その3)

【Movie】ルノー「アヴァンタイム」試乗会より(その3)

一見ミニバンのアバンギャルドなクーペ、ルノー「アヴァンタイム」。2002年11月28日からの販売に先立ち、静岡県ヴァンジ彫刻庭園美術館で行なわれた、プレス向け試乗会の模様を、動画でお送りする第3弾。今回は、ルノージャポン、商品広報担当アジア太平洋地域のブレン・フレデリックさんに、アヴァンタイムの特徴を伺った。


アヴァンタイムのドアは長いため、凝った開閉機構が採用された。写真は、ドアの仕組みについて説明する、ルノー商品広報担当のブレン・フレデリックさん。
 
【Movie】ルノー「アヴァンタイム」試乗会より(その3)

革新的なデザインのアヴァンタイム。ベースはルノーのミニバン「エスパスIII」である。大柄なボディだが、ドア素材にプラスチックなどを利用し、1780kgという重量を達成した。

【ボディの材質、ドアの開閉に驚嘆!】

(撮影=カネヨシ/編集=武政)



 
【Movie】ルノー「アヴァンタイム」試乗会より(その3)

【関連リンク】
ルノー・アヴァンタイム(5AT)【短評】(2002/11/26)
ルノー・アヴァンタイム(5AT)【短評】(2002/12/05)
ルノー・アヴァンタイム 3.0 24V【海外試乗記】(2001/07/21)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ルノー・アヴァンタイム(5AT)【試乗記】 2002.12.5 試乗記 ルノー・アヴァンタイム(5AT)
    ……500.0万円

    「ミニバン」にして「クーペ」であり「カブリオレ」でもある(と謳われる)ルノーの新型車「アヴァンタイム」。この“新種のクルマ”を解釈しようとしてサジを投げてしまった『webCG』記者の短評、を引き継ぐカタチで、昔からのフランス車ファンたるwebCGエグゼクティブディレクターが、アヴァンタイムについて記述する。


  • ルノー・アヴァンタイム(5AT)【試乗記】 2002.11.26 試乗記 ルノー・アヴァンタイム(5AT)
    ……500.0万円

    ミニバンの形態をとりながら、ドアが2枚しかない“クーペ”モデル「アヴァンタイム」。ルノーがリリースした話題作に、webCG記者が試乗した。高い視点でドライブしながら考えたこととは?


  • 【ジュネーブショー2017】ルノーが新型「アルピーヌA110」を世界初公開 2017.3.9 自動車ニュース ルノーがミドシップの小型スポーツカー「アルピーヌA110」をジュネーブショーで世界初公開した。1970年代に活躍した同名のスポーツカーのリバイバルモデルであり、欧州では2017年の後半に、日本とイギリスでは2018年に発売される。
  • 【ジュネーブショー2017】ホンダ、新型「シビック タイプR」の量産モデルを世界初公開 2017.3.7 自動車ニュース 本田技研工業の英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッドは2017年3月7日、ジュネーブモーターショーで新型「シビック タイプR」の量産モデルを世界初公開した。
  • ルノー・アヴァンタイム 3.0 24V【海外試乗記】 2001.7.21 試乗記 ルノー・アヴァンタイム3.0 24V(6MT)

    2ドアのワンボックス! いや、「比類なきドライビングプレジャーとツーリングのために生み出されたニューコンセプトクーペ」(プレス資料)が、ルノー・アヴァンタイムである。ドイツ勢に牛耳られる高級車市場に、まったく新しいアプローチを図るフレンチラグジュアリー。自動車ジャーナリスト、笹目二朗がベルリンで乗った!


ホームへ戻る