スズキ「MRワゴン」仕様変更

2002.12.12 自動車ニュース

スズキ「MRワゴン」仕様変更

スズキは、軽自動車「MRワゴン」の一部グレードの仕様を変更し、2002年12月10日に発売した。

変更されたのは、「N-1」と「N-1エアロ」。フロントグリルを、ヘッドランプ間にラインが入った専用デザインとしたほか、専用シート/ドアトリム表皮を「素材と色を見直した上質な生地」(プレスリリース)とした。
価格は据え置きで、「N-1」が104.8万円(2WD)と116.0万円(4WD)、「N-1エアロ」は114.8万円(2WD)と126.0万円(4WD)。なお、ブレーキアシスト付き4輪ABS装着車は2.5万円高。

(webCGわたなべ)

スズキ「MRワゴン」:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/mrwagon/

 
スズキ「MRワゴン」仕様変更の画像

関連キーワード:
MRワゴンスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(後編)【試乗記】 2017.8.9 試乗記 ダイハツとスズキのクルマづくりを具現したかのような「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。公道での比較試乗を通して両モデルのキャラクターの違いを浮き彫りにするとともに、これからの軽自動車開発のあり方について考えた。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)【試乗記】 2017.11.8 試乗記 日本を代表するコンパクトスポーツ「スズキ・スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。動力性能も操縦性も乗り心地も、全方位的に進化を遂げた新型だが、2日間にわたる試乗体験ではいまひとつ留飲が下がらなかった。その理由とは?
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【レビュー】 2016.2.26 試乗記
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記