スズキ「MRワゴン」仕様変更

2002.12.12 自動車ニュース

スズキ「MRワゴン」仕様変更

スズキは、軽自動車「MRワゴン」の一部グレードの仕様を変更し、2002年12月10日に発売した。

変更されたのは、「N-1」と「N-1エアロ」。フロントグリルを、ヘッドランプ間にラインが入った専用デザインとしたほか、専用シート/ドアトリム表皮を「素材と色を見直した上質な生地」(プレスリリース)とした。
価格は据え置きで、「N-1」が104.8万円(2WD)と116.0万円(4WD)、「N-1エアロ」は114.8万円(2WD)と126.0万円(4WD)。なお、ブレーキアシスト付き4輪ABS装着車は2.5万円高。

(webCGわたなべ)

スズキ「MRワゴン」:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/mrwagon/

 
スズキ「MRワゴン」仕様変更の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MRワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
  • スズキ・アルト ワークス 2015.12.24 画像・写真 スズキから新型「アルト ワークス」登場。エンジンや足まわりなどに独自のチューニングが施されており、胸のすく力強い加速性能と、キビキビとした操縦性が追及されている。15年の時を経て復活した、軽規格の高性能スポーツモデルの詳細な姿を写真で紹介する。
  • スズキ・アルト ターボRS(FF/5AT)【試乗記】 2015.5.7 試乗記 「久々のターボモデル復活」と、「アルトワークス」を知る世代の人々の注目を集めることとなった「アルト ターボRS」。新時代のホットハッチをロングドライブに連れ出し、その魅力を味わった。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
ホームへ戻る