スズキ「MRワゴン」仕様変更

2002.12.12 自動車ニュース

スズキ「MRワゴン」仕様変更

スズキは、軽自動車「MRワゴン」の一部グレードの仕様を変更し、2002年12月10日に発売した。

変更されたのは、「N-1」と「N-1エアロ」。フロントグリルを、ヘッドランプ間にラインが入った専用デザインとしたほか、専用シート/ドアトリム表皮を「素材と色を見直した上質な生地」(プレスリリース)とした。
価格は据え置きで、「N-1」が104.8万円(2WD)と116.0万円(4WD)、「N-1エアロ」は114.8万円(2WD)と126.0万円(4WD)。なお、ブレーキアシスト付き4輪ABS装着車は2.5万円高。

(webCGわたなべ)

スズキ「MRワゴン」:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/mrwagon/

 
スズキ「MRワゴン」仕様変更の画像

関連キーワード:
MRワゴンスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • スズキ・アルト ターボRS(FF/5AT)【試乗記】 2015.4.1 試乗記 その出来栄えは、標準車の素性のよさがあればこそ? 64psのターボエンジンを搭載した「スズキ・アルト ターボRS」の実力を試す。
  • 早くも成約したユーザーも登場
    「フォルクスワーゲン・パサートTDI」発売記念イベントをリポート
    2018.2.14 From Our Staff フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年2月14日、「パサートTDI」および「パサートヴァリアントTDI」の発売記念イベントを行った。同社のティル・シェア社長があいさつに立ったほか、すでにパサートヴァリアントTDIの購入を決めたユーザーも登場した。
  • レクサスLS500“エグゼクティブ”(4WD/10AT)【試乗記】 2018.2.19 試乗記 レクサスのフラッグシップセダン「LS」に試乗。今回のテスト車は、助手席側後席を最上級VIP席とする“エグゼクティブ”仕様。ドイツの御三家とはひと味違う、日本流の“おもてなし”について考えた。
ホームへ戻る