ランドローバー「ディスカバリー」マイナーチェンジ

2002.12.12 自動車ニュース

ランドローバー「ディスカバリー」マイナーチェンジ

ランドローバージャパンは、中核モデル「ディスカバリー」のマイナーチェンジを、2002年12月10日に発表した。販売は2003年1月11日から。

マイナーチェンジの眼目は、フェイスリフトを含む内外装デザインの変更、サスペンションとブレーキシステムの改良など。つまりは、2002年3月の「ニューヨークモーターショー」で発表された、ディスカバリー2003年モデルと同じになった。

フロントマスクは、トップモデル「レンジローバー」と同意匠の「ツインポケットヘッドランプ」に変更。デザインのみならず、イルミネーションの均一性やビームの照光幅拡大など、実用面での向上も図られた。さらに、フロントバンパーのデザインも一新。アプローチアングルは同じだが、フロントステップが高くなったことによる、オフロード走行性能のアップが謳われる。
リアは、テールランプの形状と取り付け位置を変更し、視認性を向上。加えて、新型のホイールデザインや、大口径化されたルーフバー(HSEのみ標準)を採用した。
インテリアは、内装色に「ランドローバーブラック」「ツンドラグリーン」「アルパカベージュ」の3色を追加した。

メカニカルな部分では、サスペンションのバネレートを最適化。ブレーキの感度、ペダルの踏み込み距離、フィーリングが改善されたという。

従来は3グレードのラインナップだったが、2グレードに縮小。グレード名はレンジローバーと同じ、ベーシックな「SE」(445.0万円)と上級「HSE」(490.0万円)となった。

(webCGオオサワ)

「ランドローバージャパン」:
http://www.landrover.co.jp/

 
ランドローバー「ディスカバリー」マイナーチェンジの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ディスカバリーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ランドローバー・ディスカバリーTd6/ディスカバリーSi6【海外試乗記】 2017.3.16 試乗記 フルモデルチェンジを受けた「ランドローバー・ディスカバリー」に米国で試乗。アルミモノコックボディーを採用するなど“革新的”な進歩を遂げた新型は、オンロードの洗練と悪路走破性の強化を同時に成し遂げた、ランドローバーの伝統の良き継承者だった。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――ランドローバー・レンジローバーSVオートバイオグラフィー(前編) 2017.4.20 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「レンジローバーSVオートバイオグラフィー」に試乗する。最もぜいたくでパワフルなレンジローバーを、谷口はどう表現するのだろうか。
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.4.18 試乗記 V12からV8ターボへ、4WDからFRへと改められた「フェラーリGTC4ルッソT」は、見た目からすればGTC4ルッソ・シリーズの追加グレードだ。しかし乗ればその差は歴然。V12モデルとは似て非なるグランツーリスモに仕上がっていた。
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • MINIクーパーSD クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.11 試乗記 6年ぶりにフルモデルチェンジした、MINIブランドのSUV「MINIクロスオーバー」に試乗。ひとまわり大きくなった2代目の走りや乗り心地、燃費性能を、ディーゼルのトップモデル「クーパーSD ALL4」でチェックした。
ホームへ戻る