日産、燃料電池車「エクストレイルFCV」の大臣認定を取得

2002.12.11 自動車ニュース

日産、燃料電池車「エクストレイルFCV」の大臣認定を取得

日産自動車は、2002年12月10日、燃料電池車「エクストレイル(X-TRAIL)FCV」の国土交通省大臣認定を取得、国内公道試験を開始すると発表した。

日産の燃料電池車は、2002年1月に同社が発表した、環境保全の取り組みに関する中期環境行動計画、「ニッサン・グリーンプログラム2005」に基づくもの。当初は2005年の発売が予定されていたが、2年前倒しして2003年となった。一足先の2002年12月2日に限定発売されたホンダ「FCX」とトヨタ「FCHV(Fuel Cell Hybrid Vehicle)」に触発されたことは、想像に難くない。

「エクストレイルFCV」のサイズは、全長×全幅×全高=4465×1765×1790mm。燃料となる水素は、350気圧のタンクに充填される。燃料電池とリチウムイオンバッテリーを組み合わせたハイブリッド方式を採用し、出力58kWのモーターを駆動して走行する。5人乗りで、最高速度は125km/hという。

日産は、1999年にメタノールから水素を取り出して燃料にする、メタノール改質式燃料電池車「ルネッサFCV」による走行実験を開始。2001年からはルノーと共同で、850億円を投資した5年間の共同開発プログラムをスタートさせた。「California Fuel Cell Partnership」にも参加し、2001年4月から「X-TERRA FCV」で、米国カリフォルニア州サクラメントを拠点に公道走行実験を実施している。

(webCGオオサワ)

 
日産、燃料電池車「エクストレイルFCV」の大臣認定を取得の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エクストレイルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る