三菱WRC、プジョーから開発エンジニア引き抜き

2002.12.11 自動車ニュース

三菱WRC、プジョーから開発エンジニア引き抜き

先ごろ、2003年に世界ラリー選手権(WRC)活動を一時休止すると発表した三菱自動車は、2004年の復活に向けて新しいテクニカルディレクターを起用した。2002年12月10日に発表された。

2003年1月1日付けで、三菱WRCチームの母体、「ラリーアートヨーロッパ(RAE)」の新しいテクニカルディレクターとなるのは、現在プジョーチームでチーフ開発エンジニアを務めるマリオ・フォナリス。イタリアはトリノに生まれた32歳のフォナリスは、技術責任者としてプジョーのチャンピオン獲得に貢献したとされる人物だ。

(webCG 有吉)

三菱WRC、プジョーから開発エンジニア引き抜きの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。