「ルポGTIカップジャパン」、2003年にスタート

2002.12.10 自動車ニュース

「ルポGTIカップジャパン」、2003年にスタート

フォルクスワーゲングループジャパンは、2003年からスタートする「ルポGTIカップジャパン2003」の開催概要を、2002年12月3日に発表した。




「ルポGTIカップジャパン2003」は、フォルクスワーゲンのエントリーモデル「ルポ」の高性能版「ルポGTI」(国内未導入)ベースのマシンを使った、ワンメイクレースシリーズ。「ニュービートルカップジャパン」同様、上級からアマチュアまでが参加できるよう、「エキスパートクラス」と「クラブマンクラス」の2クラスが設けられる。2003年5月18日の筑波サーキットでの第1戦を皮切りに、年5戦で争われる予定だ。

マシンは、ルポGTIに、前後車高調整式サスペンションキットやレース専用タイヤなど、運営組織「フォルクスワーゲン・トロフィー・アソシエーション(VTA)」が認定したカップカー専用アイテムを追加装備。当初は左ハンドル仕様が採用される予定だったが、より幅広く参戦者を募るため、右ハンドル仕様が導入されることになった。
価格は、カップカー専用装備代込みで、280.0万円を上限とする。販売開始は、2003年春。なお、詳しいレギュレーションは後日発表される。

暫定レーススケジュールなど、概要は以下の通り。

●レーススケジュール(暫定)
第1戦 5月18日(日曜日:予選・決勝)筑波サーキット
第2戦 6月22日(日曜日:予選・決勝)ツインリンクもてぎ
第3戦 7月5日(土曜日:予選)7月6日(日曜日:決勝)鈴鹿サーキット
第4戦 8月24日(日曜日:予選・決勝)セントラルパークMINEサーキット
第5戦 9月14日(土曜日:予選・決勝)富士スピードウェイ

●カップカー専用装備(暫定)
前後車高調整式サスペンションキット、前後レーシングブレーキパッド、7J×15インチアルミホイール、レース専用タイヤ、ストレートマフラー(レース時のみ仕様)、ロールゲージ、4点式シートベルト、フードロックピン、前後牽引フックなど

●参戦予定台数
初戦開始時までに約20台を予定

(webCG 永瀧)

「フォルクスワーゲングループジャパン」:
http://www.vwj.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。