トヨタ「WiLL VS」を一部改良

2002.12.06 自動車ニュース

トヨタ「WiLL VS」を一部改良

トヨタ自動車は、「WiLL VS」を一部改良し、2002年12月4日に発売した。

異業種合同プロジェクト「WiLL」ブランドの第2弾モデルとして2001年4月にデビューした、「カローラ」ベースの「WiLL VS」。今回、1.5リッター「1NZ-FE」エンジンの排出ガスをクリーン化し、国土交通省認定の「超-低排出ガス車」認定を取得。「平成22年燃費基準」をクリア済みなため、グリーン税制の自動車税50%軽減対象車となった。

価格は従来通り、1.5リッターは149.8万円、1.8リッターモデルは、175.0万円から205.0万円まで。

(webCG 永瀧)

トヨタ自動車「WiLL VS」:
http://www.will-vs.com/

 
トヨタ「WiLL VS」を一部改良の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・オーリスRS“Sパッケージ”(FF/6MT)【試乗記】 2012.10.18 試乗記 トヨタ・オーリスRS“Sパッケージ”(FF/6MT)
    ……255万3083円

    大胆なテレビCMが話題となった「トヨタ・オーリス」。その走りをMTモデルで確かめた。
  • トヨタ・オーリス120T(FF/CVT)【試乗記】 2015.5.25 試乗記 トヨタ初の1.2リッター直噴ターボエンジンを搭載する「トヨタ・オーリス120T」に試乗。その走りは“ダウンサイジング”では一歩先を行く欧州勢に迫ったか? 遅れてきた主役の実力を探った。
  • 「トヨタ・ヴィッツ」にハイブリッドモデルが登場
    2017.1.12 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年1月12日、コンパクトカー「ヴィッツ」にマイナーチェンジを施し、販売を開始した。今回はハイブリッドモデルの追加設定が最大のトピック。さらに、エクステリア、シャシー、安全装備などにも改良が施された。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • トヨタ・オーリス ハイブリッド“Gパッケージ”(FF/CVT)【レビュー】 2016.5.11 試乗記 日本市場ではこれがないと始まらない? トヨタのCセグメントハッチバック車「オーリス」にハイブリッドモデルが登場。JC08モード計測で30.4km/リッターという燃費を実現する、新たな最上級グレードの出来栄えを報告する。
ホームへ戻る