VW「ゴルフ」にハイパフォーマンスモデル「R32」

2002.12.05 自動車ニュース
 

VW「ゴルフ」にハイパフォーマンスモデル「R32」

フォルクスワーゲングループジャパンは、主力モデル「ゴルフ」に、高性能バージョン「R32」を追加設定、2003年1月11日から販売する。



 

ホットハッチ「ゴルフR32」(アールサーティトゥーと読む)は、VWが「ハイパフォーマンスかつ高品質なモデル」と位置付ける「R line」シリーズの第1弾だ。

エンジンは、ゴルフの3ボックス版「ボーラV6 4MOTION」に搭載される狭角2.8リッターV6ユニット(204ps、27.5kgm)を、3.2リッターまで拡大したもの。最高出力241ps/6250rpm、最大トルク32.6kgm/2800-3200rpmを発生する。
トランスミッションは6段MT、駆動方式はハルデックスカプリングを用いた4WD「4MOTION」だ。足まわりは、20mmローダウンされたスポーツサスペンション、ブレーキは前後とも大径ベンチレーテッドディスクとなる。
気になるパフォーマンスは、0-100km加速が6.6秒、最高速は245km/hという。

導入されるラインナップ中唯一の3ドアボディは、「ブラックマジックパールエフェクト」か「リフレックスシルバーメタリック」で塗装。15本スポークの18インチアルミホイールが足もとをキメる。フロントグリルの「R32」ロゴが高性能バージョンの証。
車内には、専用「ケーニッヒ製レザースポーツシート」、Rをモチーフにデザインしたアルミ製ペダルなどを配し、スポーツ感を出した。また、オートエアコン、クルーズコントロール、AM/FMラジオ付きMDデッキなど快適装備も備わる。

左ハンドル仕様で、価格は、395.0万円。従来までのトップグレード、1.8リッターターボ「GTX」の55.0万円高。目標販売台数は、2003年度中に500台。なお2003年中ごろには、右ハンドル+5ドアモデルの導入も予定されている。

(webCG 永瀧)

「フォルクスワーゲングループジャパン」:
http://www.vwj.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
ホームへ戻る