VW「ゴルフ」にハイパフォーマンスモデル「R32」

2002.12.05 自動車ニュース
 

VW「ゴルフ」にハイパフォーマンスモデル「R32」

フォルクスワーゲングループジャパンは、主力モデル「ゴルフ」に、高性能バージョン「R32」を追加設定、2003年1月11日から販売する。



 

ホットハッチ「ゴルフR32」(アールサーティトゥーと読む)は、VWが「ハイパフォーマンスかつ高品質なモデル」と位置付ける「R line」シリーズの第1弾だ。

エンジンは、ゴルフの3ボックス版「ボーラV6 4MOTION」に搭載される狭角2.8リッターV6ユニット(204ps、27.5kgm)を、3.2リッターまで拡大したもの。最高出力241ps/6250rpm、最大トルク32.6kgm/2800-3200rpmを発生する。
トランスミッションは6段MT、駆動方式はハルデックスカプリングを用いた4WD「4MOTION」だ。足まわりは、20mmローダウンされたスポーツサスペンション、ブレーキは前後とも大径ベンチレーテッドディスクとなる。
気になるパフォーマンスは、0-100km加速が6.6秒、最高速は245km/hという。

導入されるラインナップ中唯一の3ドアボディは、「ブラックマジックパールエフェクト」か「リフレックスシルバーメタリック」で塗装。15本スポークの18インチアルミホイールが足もとをキメる。フロントグリルの「R32」ロゴが高性能バージョンの証。
車内には、専用「ケーニッヒ製レザースポーツシート」、Rをモチーフにデザインしたアルミ製ペダルなどを配し、スポーツ感を出した。また、オートエアコン、クルーズコントロール、AM/FMラジオ付きMDデッキなど快適装備も備わる。

左ハンドル仕様で、価格は、395.0万円。従来までのトップグレード、1.8リッターターボ「GTX」の55.0万円高。目標販売台数は、2003年度中に500台。なお2003年中ごろには、右ハンドル+5ドアモデルの導入も予定されている。

(webCG 永瀧)

「フォルクスワーゲングループジャパン」:
http://www.vwj.co.jp/

関連キーワード:
ゴルフフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 フォルクスワーゲンのコンパクトハッチバック「ポロ」の新型が、いよいよ日本に上陸。世界で累計1400万台以上、日本に限っても25万台以上のセールスを記録する、ベストセラーモデルの出来栄えをチェックした。
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2018.3.5 試乗記 クリーンディーゼルエンジンを搭載する「フォルクスワーゲン・パサート」が、いよいよ日本上陸。その乗り味にはどんな特徴があるのか、ワゴンの上級モデル「パサートヴァリアントTDIハイライン」に試乗して確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)【海外試乗記】 2018.2.27 試乗記 間もなく日本に導入される6代目「フォルクスワーゲン・ポロ」。そのハイパフォーマンスバージョンである「GTI」に、フランスのニースで試乗した。ライバルに肩を並べる高い動力性能と、日常性を犠牲にしない洗練されたドライブフィールをリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
ホームへ戻る