【スペック】全長×全幅×全高=4415×1695×1470mm/ホイールベース=2525mm/車重=1350kg/駆動方式=4WD/2リッター水平対向4DOHC16バルブ(155ps/6400rpm、20.0kgm/3200rpm)/車両本体価格=212.1万円(テスト車=223.1万円/濃色ガラス+HIDロービームランプ+セイフティパック=11.0万円)

スバル・インプレッサ スポーツワゴン20S(4AT)【試乗記】

すぐ手が届くスポーティ 2002.12.03 試乗記 スバル・インプレッサ スポーツワゴン20S(4AT)……223.1万円2002年11月に、マイナーチェンジを受けたスバル・インプレッサ。“戦うスポーツ”の3ボックスとは一線を画すスポーツワゴンに、webCG記者が乗った。

陰で支える女房役

280ps、WRC(世界ラリー選手権)での活躍と、ハデなセダンの陰に隠れて、あまりクローズアップされることのない「インプレッサ」のワゴン。実は、セダンより販売台数が多い。先代の台数比率では、セダンの約2倍の販売実績を誇る。インプレッサの家計(?)を、影で支える女房役なのだ。
ワゴンのラインナップは、セダンにはない1.5リッターを積む「15i」と「15i-S」、2リッターNAの「20S」、250psターボを搭載する「WRX」の3種類。売れ線は排気量が小さい順で、ユーザーの女性比率が高いことが特徴。「280psの“STiバージョン”が一番人気で、男性ユーザーが圧倒的」(広報担当者)なセダンとは、売れ筋がエラく違う。

それもそのはず、「すべては世界で勝つために」(カタログ)のセダンとは異なり、「スポーツの最高峰で、磨きました」(同)ワゴンには、カジュアルで身近なキャラクターが与えられた。セダンはWRCでの戦闘力を高めるべく、トレッド拡大に伴って全幅が5ナンバー枠をオーバー。一方ワゴンのボディサイズは、全長×全幅×全高=4415×1695×1470mmで、依然として5ナンバー枠内に収まる。サイズと諸経費で、実質的な手頃さを兼ね備えることが特徴である。
とはいっても、そこは世界のラリーフィールドを股にかけるセダンの姉妹車。ただのワゴンではなく、「スポーツワゴン」を名乗る。2リッターNAを積む「20S」に乗った。

真ん中にタコメーター

インプレッサは、マイナーチェンジでフロントマスクが大きく変わった。従来の丸目に代わり、新型はややツリ目。わかりやすい“スポーティルック”になった。ただ、そこは技術を重んじるスバル。デザインを変えるだけではなく、ボンネット前端を下げ、空力性能を向上したという。

大きなサイドサポート付きのフロントシートは、座るとかなりコシがある。しかし、お尻が痛くなったりせず、ランバーサポート(腰部)がきいているので、腰痛もちのリポーターにはありがたい。レバー式のハイトコントロールが付く。操作が軽くて微調整しやすい。
シフトスイッチのついたMOMO製ステアリングの奥に、シルバーで縁取られた3連メータが見える。中央に速度計ではなく、シフトインジケーター付きのタコメーターを配すとは、さすがスバル。スポーティの演出が小粋です。
前を見て「おや?」と思った。丸目じゃなくなったためボンネット左右の盛り上がりがなく、視界にボンネットがあまり入ってこない。ボディサイズは手頃で、取りまわしに不満ははないが、なんとなく寂しさを感じる。

エンジンは、レガシィシリーズにも積まれる、自然吸気の2リッター水平対向4気筒DOHC。155psの最高出力と、20.0kgmの最大トルクは変わらない。シーケンシャルモード付き4段ATと組み合わされる。

ステアリングホイールは、シフトスイッチ付きのMOMO製。

オプションの「セイフティパック」(11.0万円)は、SRSサイドエアバッグと、リア中央席3点式シートベルト&ヘッドレストが装着される。



オーディオを聞きながら

リポーターの生家には、同じエンジンを積むレガシィ「B4 RS type B」(5MT)がある。20SはB4に較べて車重が30kg軽いためか、軽快感ある加速が気持ちいい。WRXのように前のクルマやコーナーが“怒濤の勢い”で迫ることはないから、まわりの景色を楽しむ余裕もある。ただし、それはATが「パワーモード」の場合。ノーマルモードでは3000rpmあたりの、トルクが盛り上がる手前でシフトアップするため、走りはグっとおとなしくなる。もちろんその分静かで、燃費のいい走りが期待できる。

とかいいながらリポーターは気が短いので、ATをパワーモード&マニュアルシフトにして走った。1速で60km/h強、2速で100km/h+αをカバーする。シフトを楽しむほどギアがクロースしてないのが残念だが、4段ではしかたない。100km/hは2500rpmと静かなクルージングができる。ちなみに、今回の参考燃費は8.6km/リッター。ターボよりずっと高燃費なのも、20Sのメリットだ。

“スポーツワゴン”ゆえか、サスペンションはちょっと締まった印象だが、決して硬くはない。タイヤの銘柄はブリヂストン「ポテンザRE88」とスポーティでも、サイズは「195/60R15」とことさら薄くなく、乗り心地も良好。ちなみに、マイナーチェンジでリアサスペンションのトップマウント形状が変更され、剛性を高めるとともに、操縦安定性と乗り心地を向上したという。謳い文句通り、高速道路などでの直進安定性は高かった。
連続するコーナーでは、WRXのように“格闘”せずとも、オーディオに耳を傾けながら運転を楽しめる。STiバージョンのように心臓ドキドキ、エンドルフィンが出たりしないけど、すぐ手に届くところにスポーティがあるのは、いいものだと感じた。

(文=webCGオオサワ/写真=難波ケンジ/2002年11月)

関連記事
  • スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.17 試乗記 スバルのワゴン「レヴォーグ」に、「STI Sport」を名乗る最上級グレードが登場。一体、どんな走りを見せるのか? 排気量の異なる2タイプのうち、よりパワフルな2リッターモデルで、その実力を試した。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport(4WD/CVT)【試乗記】 2016.7.20 試乗記 「スバル・レヴォーグ」にSTI(スバルテクニカインターナショナル)が手がけた新グレード「STI Sport」が登場。“台数制限ナシ”で販売されるカタログモデルの「STI」の出来栄えと、そこに込められたスバルの思惑をリポートする。
  • スバル・レヴォーグ1.6STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.4 試乗記 「STI Sport」とは、STIとのコラボレーションによって走行性能と質感を高めた、「レヴォーグ」の最上級グレードのこと。170psと“実用的”なパワーを持つ1.6リッター仕様のステアリングを握り、その走りをじっくりと味わった。
  • スバルXV【開発者インタビュー】 2017.4.27 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能に至るまで、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。新型に込めた思いを、開発を率いたスバルの井上正彦プロジェクト ジェネラル マネージャーに聞いた。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport(4WD/CVT)【レビュー】
    2016.7.14 試乗記 STIが手がけた、スポーツワゴン「スバル・レヴォーグ」の最上級グレード「STI Sport」。これまでのようなカスタマイズカーや特別仕様車としてではなく、メーカーがライン生産する“カタログモデル”として登場したSTIの実力を試す。
  • スバル・レヴォーグ2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2014.8.6 試乗記 リアルスポーツカーとグランドツーリングカーの融合を目指して開発された、スバルの新型ワゴン「レヴォーグ」。実際に乗ってみたら、どうなのか? 最もパワフルかつスポーティーなグレードで試した。
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
  • アペリティフ365 in東京の会場から 2017.5.19 画像・写真 東京・渋谷区の代官山ヒルサイドテラスで、「アペリティフ365 in東京」が開催された。フランス人が好むとされる、食事の前に飲み物とアミューズ(おつまみ)を楽しむ“アペリティフ”という習慣を、日本でも楽しもうというイベントである。会場の様子を写真でリポートする。
  • 「ジープ・レネゲード」にBeatsとコラボした限定車登場 2017.5.19 自動車ニュース FCAジャパンは2017年5月19日、「ジープ・レネゲード」に特別仕様車「トレイルホークBeats Edition(ビーツエディション)」を設定し、同年6月10日に200台の台数限定で発売すると発表した。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
ホームへ戻る