日本GM、オペル「ヴィータ」2003年モデルを発表

2002.12.03 自動車ニュース

日本GM、オペル「ヴィータ」2003年モデルを発表

日本ゼネラルモーターズは、オペルのコンパクトハッチ「ヴィータ」(欧州名コルサ)の2003年モデルを、2002年12月7日(「GSi」は2003年春の予定)に発売する。

1995年に日本への導入が始まった「ヴィータ」。2001年末までの累計販売台数は約6万5000台を数え、わが国におけるオペル車の約30%を占める基幹車種である。

2003年モデルは、オペルが推進するブランドコンセプト「Fresh Thinking for Better Cars -自由な発想、より良いクルマのために-」にあわせて、グレードと仕様の見直しを行ったという。
具体的には、1.4リッターエンジンに4段ATを組み合わせた3ドアモデル「Swing」を廃止、ラインナップを従来の5車種から、4車種の5ドアモデルに絞った。
さらに、1.8リッターエンジンに5段MTを組み合わせたトップグレード「GSi」は、タイヤサイズを185/55R15から195/45R16に拡大。リア大型ルーフスポイラーや、赤塗装のブレーキキャリパーなどを採用し、よりスポーティな演出が施された。本革内装を、GSiには標準設定、1.4リッター+4段ATの中核グレード「GLS」と、ナビゲーションシステムを備える「GLS-Navi」には、13.0万円でオプション設定された。

価格は、1.2リッターエンジンに電子制御クラッチを備えるセミオートマチック「イージートロニック」を組み合わせた「Sport」(右ハンドルのみ)が169.5万円。「GLS」(左右ハンドル)が190.0万円、「GLS-Navi」は217.0万円。ホットハッチの「GSi」(右ハンドルのみ)は、232.0万円。

(webCGオオサワ)

「オペル」:
http://www.opel.co.jp/

 
日本GM、オペル「ヴィータ」2003年モデルを発表の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フランクフルトショー2015の会場から(その20) 2015.9.23 画像・写真 オペルはフランクフルトモーターショー(開催期間は9月15日~27日。一般公開は9月19日から)で新型「アストラ」を発表した。復活したドイツのブランド、ボルクヴァルトのクロスオーバーモデル「BX7」とともに画像で紹介する。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.30 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジを受けて登場! もともとの基本性能の高さに加えて、最新の安全装備やデジタルインターフェイスも手にした“Cセグメントの盟主”に、もはや死角は残されていないのか? 中間グレード「TSIハイライン」でテストした。
  • オペル・ヴィータスポーツ(5MT-オートマチックモード付)【試乗記】 2003.2.7 試乗記 オペル・ヴィータスポーツ(5MT-オートマチックモード付)
    ……169.5万円

    「ドライビングは知的なスポーツだ」とカタログで謳う「オペル・ヴィータ スポーツ」。オートマチックモードをもち、必要とあらばシーケンシャルシフトを楽しめるブリッツマークの末弟に、自動車専門誌『NAVI』の副編集長、佐藤健が乗った。


  • オペル・ヴィータGSi(5MT)【試乗記】 2002.5.28 試乗記 オペル・ヴィータGSi(5MT)
    ……217.0万円

    2002年モデルから追加された、1.8リッター「エコテック」ユニット搭載の5段MTモデル「GSi」。ヴィータのスポーツモデルにwebCG記者が乗った。


  • ホンダ・シビックハッチバック プロトタイプ/シビックセダン プロトタイプ【試乗記】 2017.5.29 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。シャシーを全面刷新し、“操る喜び”を追求したという新型の走りとは? 袖ヶ浦フォレストレースウェイで行われたプロトタイプ試乗会で、その出来栄えをチェックした。
ホームへ戻る