【スペック】全長×全幅×全高=3695×1660×1525mm/ホイールベース=2430mm/車両重量=950kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブ(97ps/5600rpm、13.9kgm/3200rpm)/車両本体価格=132.0万円(テスト車=151.9/レベライザー付きキセノンヘッドランプ=6.0万円/MD・CD一体AM/FMチューナーラジオ+4スピーカー=3.5万円/カーウィングスユニット=4.9万円/14インチアルミホイール=5.0万円/ISOFIX対応チャイルドシート用アンカー=0.5万円)

日産マーチ14e(4AT)【試乗記】

欧州車なみ 2002.11.30 試乗記 日産・マーチ14e(4AT)……151.9万円日産のコンパクカー「マーチ」。欧州では「マイクラ」の名で販売される、グローバルカーのトップグレード「14e」に試乗した。webCG記者が報告する。

平均月販1万4000台以上!

2002年2月デビューの3代目「マーチ」。発売から8ヶ月あまりが過ぎ、街でよく見かけるようになった。デビュー当初は「コンセプトカーそのまんま」のような目新しいデザインで人目を引いたから、「今なら目立つ!」ミーハー根性丸出しで乗ってみたいと思ったが、さすが(?)月販目標8000台の量販車種。アッという間に街に溢れた。実際売れ行きは目標台数を大きく上まわり、2002年4月は1万3470台を販売。着々と台数を延ばし、4〜8月の合計は7万637台、5ヶ月平均で1万4000台以上! 街でよく見かけるワケですね。
老若男女問わず、社用車として外まわりの営業員も乗るクルマだから、ギョロ目で丸っこい、個性的なエクステリアデザインは、個人的に「問題あるんじゃないか……」と思っていたが、杞憂だったようです。

テスト車「14e」はマーチのトップグレード。「ダイヤモンドシルバー」のボディーカラーは、フツーすぎてちょっと残念。暖かみのある「パプリカオレンジ」か、シック(?)な「オパールラベンダー」が個人的には好き。12種類もある外販色のなかで、人気トップはコンベンショナルなダイヤモンドシルバー。次にコミュニケーションカラーの1つで、淡い緑のビーンズ、オパールラベンダーと続く。もっと地味な色ばかり売れていると思ったが、そうでもないのはやはりデザインのせいだろうか。

便利なインテリジェントキー

インテリアは、淡いグリーンの「エクリュ」。ウィンカー&ワイパースイッチにまで、染料を混ぜた色つきの専用部品を使い、統一感のあるインテリアだ。運転席に座ると、先代より75mm広くなった全幅のせいか100mm高くなった全高によるのか、広々として圧迫感はない。ヘッドライトの盛り上を目印にすれば、狭い道での取りまわしも大丈夫。運転席にはラチェット式のシートリフターが備わり、ステアリングホイールのチルト機構も使えば、適切な運転姿勢を取ることができる。

テスト車は、トップグレードだけに、本革巻ステアリングホイールや、チタン調文字盤加飾メーター&シフトベースの装飾が奢られるインテリア。さらに、オートライトやフルオートエアコン、車速感応式間けつワイパーなど、いわゆる“上級装備”が標準だ。TVで宣伝している、ジマンの6エアバッグ(フロント、カーテン、サイド)も備わる。
新型マーチのニューアイテム、「インテリジェントキー」も標準装備。キーレスエントリー付きなのはもちろん、エンジンをかけるのは、キーを持ってさえいれば、鍵穴部分に取り付けられたレバーをまわすだけですむ。カギをポケットから取り出し、鍵穴にさしてまわす作業がないだけなのに、こんなに便利だとは思わなかった。かつてはトヨタ「セルシオ」など高級車専用だったが、ホンダの新型「アコード」に設定された「Hondaスマートカードキーシステム」や、ダイハツ「ムーヴ」の「キーフリーシステム」など、同機能のアイテムが登場するのも納得。

フィードバック前

内装や装備品に感心したのに、走り出したらちょっとガッカリした。アクセルペダルに対する、スロットル制御の問題か、ペダル踏み始めのトルクの立ち上がりが急激。試乗した日は雨だったので、白線の上など滑りやすい路面では前輪が空転して暴れることさえあった。さらに、1速から2速の変速ショックがかなり大きい。速度感応式電動パワーステアリングの感触も、高速では適度な軽さが悪くないものの、低速ではあまりに軽い。乗り心地も突き上げが多い……、不満がイッパイである。

実は、2002年10月に発表された、新型マーチベースのハイトワゴン「キューブ」に乗ったとき、プラットフォームやパワートレインなどを共用するにもかかわらず、上記の不満がかなり解消されていて驚いた。キューブの車重はマーチより130kgほど重いが、トルクの立ち上がりは滑らかで4段ATの変速もスムーズ。ハンドリングも、マーチよりずっとしっかりしている。思わずエンジニアの方に「1.4リッターのパワートレインは、もともとキューブ向けだったんですか?」と、失礼な質問をしてしまった。エンジニア氏は、「そうではありません。キューブを見据えてはいましたが」と苦笑いされた後、スロットルやEPS(電動パワステ)の制御プログラム修正など、「マーチで得たお客様の声を反映し、ネガをつぶしました」と説明。さらに「キューブ」で得られた情報を、「マイナーチェンジでマーチにフィードバックさせます」ともおっしゃった。

マーチの1.4リッターモデルは、まだ“未完成”なんじゃないか、と思った。細部にまでこだったインテリア、6エアバッグやインテリジェントキーなどを標準装備し、「テレビで宣伝される通りのクルマ」ではあるけれど。2代目「マイクラ」として、積極的にヨーロッパに出される日産マーチ。欧州車がそうであるように、同型車が道を走り始めてからも、熟成が進められる。そんなところまで、欧州車風なのだ。

(文=webCGオオサワ/写真=高橋信宏/2002年10月)

テスト車には、カーウィングスユニットも装備されていた。登録した携帯電話でしか利用できないため、ただ現在地が示されるのみで、試すことはできなかった。











この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マーチの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産マーチ ボレロA30(FF/5MT)【試乗記】 2016.11.15 試乗記 オーテックジャパンが、自社の創立30周年を記念してリリースした、30台限定のスペシャルモデル「日産マーチ ボレロA30」。オーテックが、持てるリソースのすべてを注いで作り上げた“特別なマーチ”の走りをリポートする。
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】NEW 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
ホームへ戻る