【スペック】全長×全幅×全高=3395×1475×1530mm/ホイールベース=2360mm/車重=780kg/駆動方式=FF/0.66リッター直3DOHC12バルブターボ・インタークーラー付き(64ps/6500rpm、10.8kgm/3500rpm)/車両本体価格=124.2万円(テスト車=133.01万円/オーディオ、前後スピーカー、アンテナ)

スズキKeiワークス FF(5MT)【試乗記】

使いきる快感 2002.11.29 試乗記 スズキKeiワークス FF(5MT)……131.01万円「カッ飛び豆粒モデル」として世のクルマ好きを驚かせた「アルトワークス」。2000年末の生産中止以来、ほぼ2年ぶりに“ワークス”が復活した!今回は「Kei」がベースである。真っ赤な新世代ワークスに、『webCG』記者が乗った。

ロウダウンと4輪ディスク

試乗会場には、スペシャルグリルをもち、フォグランプが埋め込まれた大型パンパーを備えた「Keiワークス」が並んでいた。スズキの方にご挨拶すると、「今回は色の選択を間違えました」と、赤いテスト車を見ながら苦笑いされる。グリル、ボディサイド、リアゲートに付けられた赤い「Works」バッヂが目立たないというのだ。
大丈夫。ノーマルのKeiより15mmロウダウンされたKeiワークスは、ちゃんとスポーツモデルの迫力をかもし出していますよ。

2002年11月12日、軽乗用車Keiのスポーツバージョン、Keiワークスが発売された。従来の「Keiスポーツ」の後継グレードにあたるモデルで、64psを発生するツインカムターボに、5段MTもしくは4段ATが組み合わされる。FF(前輪駆動)のほか、4WD車あり。
Keiワークスは、ノーマルと顔つきが変わるほか、ルーフエンドに大型のスポイラーが付く。15インチのアルミホイールも新意匠。室内にはレカロ社と共同開発したと謳われるバケットシートが奢られ、ファブリックの表皮も専用だ。そのほか、リアブレーキがドラムからディスクに格上げされ、FFの5MTモデルにはフロントLSDが標準で装備される。

価格は、FFの5MTモデルのみ「Keiスポーツ」より2.0万円アップの124.2万円。FFのAT車および4WDの値段は変わらず、それぞれ129.7万円(4AT)と、133.9/141.4万円(5MT/4AT)となる。

写真をクリックすると、メーターのアップが見られます。

写真をクリックすると、メーターのアップが見られます。


スズキKeiワークス FF(5MT)【試乗記】の画像


スズキKeiワークス FF(5MT)【試乗記】の画像

オツリがくる

いわゆるガンメタにペイントされた6本スポークのアルミがなかなかイイ。リアにも、ホイールの奥に丸いブレーキローターがのぞく。4輪ディスクは、2000年に生産が終了した「アルトワークス」以来だという。スズキはKeiによるワンメイクレース「Keiスポーツカップ」を行っているから、同社のスポーツイメージ向上には、アルトよりKeiに“ワークス”を追加するほうが効果的と判断されたのだろう。
Keiワークスは、外観のみならず、足まわりはダンパー、スプリングとも専用設定がなされ、ステアリングも通常の3.8回転から3.3回転に速められていると聞いて、ちょっと驚く。ずいぶん本格的だ。

「RECARO」という白い文字がウレシイ運転席に座って、試乗をはじめる。スポーツシートとはいえ、着座位置はノーマルモデルと同じで、視点が高い。ステアリングホイールは本革巻き。速度計と回転計は、シルバーメーターである。

パワーユニットはKeiスポーツからのキャリーオーバーで、3気筒らしく元気に回る。3500rpm付近から加給感が強まるが、爆発的なパワーの上昇はない。ロウで45km/h、セカンドで65km/h、サードで100km/hに達する細かく刻まれたギアで、64ps、10.8kgmと絶対的なアウトプットの小ささをカバー。同じエンジンを積む「MRワゴンスポーツ」よりヒト1人分軽い、780kgのボディを軽快に運ぶ。Keiワークスには、セカンド、サードをフルスケール使って走る爽快感、クルマの性能を使いきる快感がある。

スペシャルチューンのサスペンションは、「スポーツ」と「乗り心地」のバランスがよく、しなやかにしつけられる。コーナリングではそれなりにロールしながらよく粘る。ビックリしたのは、フロントに装着されたヘリカル式LSDの有効なことで、ハードに曲がりながらなおかつスロットルペダルを踏み込んでいくと、Keiワークスはフロント内輪を空転させることなく、グイグイ前に進んでいく。息をつめてのコーナリングが楽しめる。一方、ちょっと気を抜いてカーブにアプローチすると、若干のアンダーステアを出して抗議する。リミテッドスリップの標準装着だけで、Keiスポーツからの価格上昇分2.0万円は「じゅうぶんオツリがくる」と思った。





Keiなわけ

「ワークスはもっと過激じゃないと、という社内の声もありました」と、ランチを取りながらスズキの開発者の方が話してくれる。「でも、『ワークスも大人になったんです』と説得しました」。
たしかにKeiワークスは、かつての「アルトワークス」の、「ドコ行っちゃうの!?」といったネズミ花火のような(?)カッ飛び感は影をひそめ、加速時やコーナーリングでも、文字どおり地に足がついたスポーツモデルになった。いまさら言うのもなんだが、きっと大人になったのはワークスだけでなく、軽自動車というカテゴリーそのものが成熟したのだろう。Keiワークス“素”の値段は124.0万円。「トヨタ・ヴィッツ」をはじめとした小型車と四つに組む。いうまでもなく「軽だから」という言い訳は通じない。

「派手なエアロパーツで飾るだけでなく、メカニカルな面にも手を入れているのが立派だ」と考えていたら、開発費圧縮の苦労にハナシがおよび、レシオを変えたステアリングギアは、実は「アルト」のもの、と教えてもらった。ノーマルバージョンのKeiは、アルトより大きなタイヤを履くため、ステアリングの重さを考慮して「ワゴンR」と同じややスロウなギアを使っているのだ。
ちなみに、今回“ワークス”をアルトでなくKeiに設定した理由として、「スポーツモデルといえども3ドアでは売れない」という事情もあるようだ。世知辛い、平成大不況のニッポンですから。そういえば、Kei自体、そもそも「3ドアのスペシャルティモデル」としてデビューしたんじゃなかったっけ……。

Keiワークス、ガンバッテいただきたい。

(文=webCGアオキ/写真=林渓泉/2002年11月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・アルトF(FF/5AT)【試乗記】 2015.2.26 試乗記 5段ロボタイズドマニュアル「5AGS」を搭載した新型「スズキ・アルト」のエントリーグレードに試乗。スズキの将来を担う、新世代プラットフォームの実力に触れた。
  • スズキ・アルト ターボRS(FF/5AT)【試乗記】 2015.4.1 試乗記 その出来栄えは、標準車の素性のよさがあればこそ? 64psのターボエンジンを搭載した「スズキ・アルト ターボRS」の実力を試す。
  • スズキ・アルトX(FF/CVT)【試乗記】 2015.3.19 試乗記 このインパクトのある“顔つき”がとかく話題になりがちな新型「アルト」だが、デザインばかりに目を奪われてはいけない。このクルマの見どころはその奥、しっかりとしたボディーにこそあるからだ。上級グレードの「X」に試乗し、アルトの“軽自動車力”を探った。
ホームへ戻る