ルノーの新型「アヴァンタイム」デビュー

2002.11.29 自動車ニュース

ルノーの新型「アヴァンタイム」デビュー

ルノージャポンは、ニューモデル「アヴァンタイム(AVANTIME)」を、2002年11月28日に発売した。斬新なフォルムのボディに、2.9リッターV6エンジンと、シーケンシャルモード付き5段ATを搭載。価格は500.0万円。

■アヴァンギャルド

1999年のジュネーブショーで初お披露目された、ルノーのアッパークラスを担う「アヴァンタイム」。2001年10月の本国フランスでのリリースから約1年を経て、日本導入が実現した。

ミニバン「エスパスIII」の車台に、Bピラーのない斬新なボディを載せた“2ドア・ハードトップ・クーペ”。さらに、ボタンひとつでサンルーフやサンシェイドを操作できる「電動パノラミックサンルーフ」を開ければ、“カブリオレ”にもなる、とルノーは主張する。「従来のカテゴリーには属さない独創的なコンセプトの車」(プレスリリース)。

ボディサイズは、全長×全幅×全高=4660×1835×1630mm、ホイールベース2700mm。
電子制御スロットルバルブ、可変インテークバルブタイミング機構を備える2.9リッターV6 DOHC24バルブユニットは、最高出力207ps/6000rpm、最大トルク29.4kgm/3750rpmを発生。シフターを左に倒してマニュアル操作できる5段ATを介し、前輪を駆動する。
車重は1790kg。上部ボディフレームにはアルミ材を、またシャシーには亜鉛メッキ鋼を用い、牽牛かつ高い剛性を確保したという。

2列のレザーシートは前2人、後3人がけ。前席にはシートヒーターに加え、電動ランバーサポート、電動リフター(運転席)が備わる。荷室容量は530リッター、6:4分割可倒式の後席を倒せば、900リッターまで拡大する。

サスペンション形式は、エスパスのものを踏襲。前マクファーソンストラット、後トーションビーム。前後とも17インチのタイヤを履く。

緊急時のステアリング操作によってグリップが急に低下した場合に機能するESP(エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)、滑りやすい路面などで効果を発揮するトラクションコントロールなどに加え、前席SRSエアバッグ、同サイドエアバッグ、カーテンエアバッグ、ABSなど安全装備を揃える。

(webCG 有吉)

「ルノージャポン」:
http://www.renault.jp/

 
ルノーの新型「アヴァンタイム」デビューの画像

5mm厚の熱反射ガラス製サンルーフと、センターピラーレス構造のおかげで開放感あふれる車内。インパネまわりはシンプルな作りで、メーターはセンターに配される
 

	5mm厚の熱反射ガラス製サンルーフと、センターピラーレス構造のおかげで開放感あふれる車内。インパネまわりはシンプルな作りで、メーターはセンターに配される
	 

キセノンヘッドランプやフロントグリルが形作るVシェイプのフロントマスク、造形的なリアセクションと垂直なリアウィンドウ・・・アヴァンタイムは見るからにユニークだ。テールゲイトをもつミニバンタイプのボディながら、2ドアクーペでもあり、またサンルーフとサイドウィンドウを開ければカブリオレにもなる
 

	キセノンヘッドランプやフロントグリルが形作るVシェイプのフロントマスク、造形的なリアセクションと垂直なリアウィンドウ・・・アヴァンタイムは見るからにユニークだ。テールゲイトをもつミニバンタイプのボディながら、2ドアクーペでもあり、またサンルーフとサイドウィンドウを開ければカブリオレにもなる
	 

関連キーワード:
アヴァンタイムルノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・アヴァンタイム(5AT)【試乗記】 2002.11.26 試乗記 ルノー・アヴァンタイム(5AT)
    ……500.0万円

    ミニバンの形態をとりながら、ドアが2枚しかない“クーペ”モデル「アヴァンタイム」。ルノーがリリースした話題作に、webCG記者が試乗した。高い視点でドライブしながら考えたこととは?


  • ルノー・アヴァンタイム(5AT)【試乗記】 2002.12.5 試乗記 ルノー・アヴァンタイム(5AT)
    ……500.0万円

    「ミニバン」にして「クーペ」であり「カブリオレ」でもある(と謳われる)ルノーの新型車「アヴァンタイム」。この“新種のクルマ”を解釈しようとしてサジを投げてしまった『webCG』記者の短評、を引き継ぐカタチで、昔からのフランス車ファンたるwebCGエグゼクティブディレクターが、アヴァンタイムについて記述する。


  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【試乗記】 2017.8.15 試乗記 専用チューニングのエンジンとシャシー、そして空力デバイスが用いられた「メルセデスAMG GT」のハイパフォーマンスモデル「GT R」。高性能スポーツモデルの“聖地”、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェで鍛えられたその走りを試す。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】NEW 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
ホームへ戻る