ジープ「ラングラー」2003年モデル発表

2002.11.29 自動車ニュース

ジープ「ラングラー」2003年モデル発表

ダイムラークライスラー日本は、ジープ「ラングラー」の2003年モデルを、2002年12月7日に発売する。オートマチックトランスミッションを3段から4段に変更、使い勝手の向上も図った。

「ラングラー」は、1941年に誕生した“オリジナルジープ”「ウィリスMB」の伝統を最も色濃く継承する、スパルタンなモデルである。
2003年モデル最大の特徴は、オートマチックトランスミッションが、従来の3段から、オーバードライブスイッチ付きの4段に変更されたこと。これにより、従来よりスムーズな走りを実現したという。
エンジンは、4リッター直6 OHV(175ps/4600rpm、29.6kgm/3600rpm)と変わらず。2003年モデルのラインナップは今までと同じで、ソフトトップの「スポーツ」(5段MTと4段AT)、ハードトップ「サハラ」(4段AT)の2種類となる。

使い勝手の向上が図られたこともニュース。従来カセットのみだったオーディオは、AM/FM電子チューナー付きシングルCD/カセットプレーヤーにアップグレード。さらに12Vアクセサリー電源アウトレット、カップホルダー収納式灰皿などの快適装備を追加した。またフロントシートの形状を変更し、イージーアクセスレバーを上げるだけでシートが前に倒れ、後席へのアクセスが容易になったという。

その他の細かい変更点は、以下の通り。

●全モデル共通
・ステアリングホイールを、4本スポークに変更
・ファブリックシートの素材と、形状を変更
・リアシートの可倒を、ハンドル方式に変更
・サウンドバー(スピーカー2個、ルームランプ2個内蔵)/ロールバーの変更
・アンテナを、スパイラルアンテナに変更

●サハラのみ
・ルームミラーを、コンパスと温度計、照明付きの自動防眩式に変更
・スペアタイヤカバーの「Sahara」グラフィックデザインを変更
・排気口の位置を変更
・助手席シートバックの「マップポケット」を廃止

価格は若干値上げされ、「スポーツ」の5段MTが272.0万円、4段ATは278.0万円。「サハラ」は、314.5万円。

(webCGオオサワ)

「ジープ」:
http://www.jeep-japan.com/

 
ジープ「ラングラー」2003年モデル発表の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・レネゲード トレイルホーク(4WD/9AT)【試乗記】 2016.4.18 試乗記 アーバンサイズ。アドベンチャークラス。がテーマの最新ジープ、「レネゲード トレイルホーク」の出来栄えは? 標準装着タイヤ「グッドイヤー・ベクター4シーズンズ」の印象と合わせてリポートする。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.7.7 試乗記 アウディのラインナップの中で、最もコンパクトなSUVとなる「Q2」。都会の道からワインディングロードまで走らせてみると、ボディーのサイズにとどまらない、このニューモデルならではの存在意義が見えてきた。
  • ボルボXC60 T6 AWD(4WD/8AT)/XC60 D5 AWD(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.6.29 試乗記 2017年秋に日本での発売が予定される2代目「ボルボXC60」に、スペインで試乗。ボルボ全販売台数の30%を占めるという売れ筋SUVはどう変わったのか、ガソリン車の「T6 AWD」とディーゼル車「D5 AWD」でチェックした。
  • 「ジープ・ラングラー」に特別仕様車「JK」が登場 2017.6.30 自動車ニュース 「ジープ・ラングラー」に特別なデザインの限定モデル「JK」が登場。車名の「JK」は、3代目となる現行型ラングラーのコードネームにあやかったもので、ボディーカラーには「チーフ」(ブルー)と「ゴビ」(カーキ)の2色が用意されている。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.5 試乗記 全長5mに迫る、ボルボの最上級クロスオーバーモデル「V90クロスカントリー」。その“GT性能”を確かめるべく、1000km超のロングドライブを敢行した。北海道から東京まで、1泊2日のグランドツーリングを通して感じた、その魅力とは?
ホームへ戻る