ヤナセ、日本GMに輸入権を移管

2002.11.29 自動車ニュース

ヤナセ、日本GMに輸入権を移管

ヤナセは、2002年12月末を目処に、これまで同社が保有していたキャデラックとサーブブランドの輸入権を、日本ゼネラルモーターズ(GM)に移管すると、2002年11月28日に発表した。

輸入権とは、輸入車の販売価格や輸入量を決めることができる権利のこと。今回、日本GMに輸入権を移管し、ヤナセは乗用車輸入から完全撤退。今後は輸入車販売に傾注するという。
なお、日本GMとヤナセは、引き続きヤナセがキャデラック、シボレー、オペル、及びシボレーブランド製品の販売及びアフターサービスを手がけることで合意しているという。

(webCG 永瀧)

「ヤナセ」:
http://www.yanase.co.jp/index.html
「日本ゼネラルモーターズ」:
http://www.gmjapan.co.jp/

ヤナセ、日本GMに輸入権を移管の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。