ホンダ、小型セダン「フィット・アリア」発表

2002.11.29 自動車ニュース
 

ホンダ、小型セダン「フィット・アリア」発表

本田技研工業は、コンパクトハッチ「フィット」ベースのセダン「フィット・アリア」を、2002年11月29日に発表、12月20日に販売を開始する。


本田技研工業の、吉野浩行社長。「フィット アリア」は、グローバル規模での生産とスモールカーという、ホンダの得意分野を生かしたクルマ」と語る。フィットアリアの生産を行うタイのアユタヤ工場は、他にアコード(米国版)やシビック、CR-Vなども生産する。
 

■タイ生まれの、逆輸入車

「フィット・アリア」は、「フィット」に端を発する「グローバル・スモールプラットフォーム」に、4ドアの3ボックスボディを載せた新型セダン。フィット、7人乗り小型ミニバン「モビリオ」とその5人乗り「モビリオ・スパイク」に次ぐ、「SMALL MAXシリーズ第4弾」モデルである。
スモールハッチをベースとしたセダンという成り立ちは、トヨタの「ヴィッツ」「プラッツ」と同じだ。


インテリアのテーマは、「モダン・コンフォート」。アルミ調リング付き独立3眼メーターやオーディオ一体のメタリック調センターパネル、ベージュの濃淡による2トーンの内装色などで上質感を演出する
 

燃料タンクを前席下に配置した「センタータンクレイアウト」による広い室内と、多彩なアレンジがウリの「ウルトラ」シート、1.3リッターと1.5リッター「i-DSI」エンジン、CVT「ホンダマルチマチックS」など、おなじみのコンポーネンツを、タイにあるアユタヤ工場で組み立てる。つまりフィット・アリアは、タイ生まれの逆輸入車であり、現地では「シティ」の名で販売されている。

1.3リッター「1.3A」と、1.5リッター「1.5W」の2グレードに、それぞれ2WDと4WDを設定。1.5Wには「フィット1.5T」と同じ、7段マニュアルモードを備えたCVTを奢る。価格は、119.8万円から159.3万円まで。月2000台の販売を目指す。


横から見ると、デザインテーマの「フォワード・ビッグキャビン」がよくわかる。
 

■ゴルフバッグが4個積める

エクステリアは、コンパクトなエンジンによるショートノーズを生かした、「フォワード・ビッグキャビン」がテーマ。フロントグリルやリアガーニッシュにはクロームメッキを施し、フィットより上級感が演出された。
ボディサイズは、全長×全幅×全高=4310×1690×1485(4WDは1510)mm。フィットと較べて長さ80mm、幅15mm大きいが、高さは40mm低い。ホイールベースは2450mmで変わらない。ちなみにライバルと目されるプラッツは、4180×1660×1500mm/2370mm。フィット・アリアの方が一まわり大きい。


カットモデルによる、シートアレンジの展示。リアシートをフォールディングすると、荷室の奥行きは2m。助手席スペースも利用すれば、2710mmの長尺物が積載可能だという。
 

グローバル・スモールプラットフォームの目玉ともいえるセンタータンクレイアウトにより実現した、多彩なシートアレンジも健在。だが内容は少々異なり、「U」(Utility。分割可倒式の後席のダイブダウン機構によりトランクルームを拡大)、「L」(Long。助手席を畳み2710mmまでの長尺物を積める)、「T」(Tall。後席座面をチップアップし、高さを1245mmまで伸ばせる)は、フィットと同様のアレンジだが、「R」はRoomyのことで、容量500リッター(VDA方式)を誇るトランクルームを指す。9インチゴルフバッグを4個積んでも余裕あるスペースがジマンだ。



 

■2種類の「i-DSI」エンジン

1.3リッターと1.5リッター直4SOHCエンジンは、低燃費とフラットトルクがウリの「i-DSI」。1.3が86ps/5700rpmと12.1kgm/2800rpm、1.5は90ps/5500rpmと13.4kgm/2700rpmを発生する。組み合わされるトランスミッションは、フィット・シリーズでおなじみの、CVT「ホンダマルチマチックS」となる。「10・15モード」燃費は、1.3Aがリッター20.5km、1.5Wは同20.0km(いずれも2WD)。全車、「優-低排出ガス車」認定を受ける。ちなみにプラッツは1.5リッターの2WDで、リッター20.0km。

サスペンションは、前マクファーソンストラット、後トーションビーム(4WDはド・ディオン化)とフィットのものを踏襲。前後ともバネレート、スタビライザーサイズ、ダンパー減衰力が最適化。またリアトレッドを10mm拡げ1455mmとし、操縦安定性の向上を図った。さらに、リアサスペンションのロアアームをなくしたことで、トランクスペースを低床化するなどの工夫がこらされた。

価格は、以下の通り。

1.3A(2WD):119.8万円
1.3A(4WD):139.3万円
1.5W(2WD):139.8万円
1.5W(4WD):159.3万円

(webCGオオサワ)

ホンダ:http://www.honda.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・インスパイア 35TL(FF/5AT)/35iL(FF/5AT)【試乗速報】 2008.1.29 試乗記 ホンダ・インスパイア 35TL(FF/5AT)/35iL(FF/5AT)
    ……363万6000円/412万2000円

    ホンダのセダン「インスパイア」に5代目が登場。車体、エンジンとも拡大して乗り味はどう変わったのか? その実力を試した。
  • ホンダ・インスパイア 35TL 2007.12.20 画像・写真 2007年12月19日にデビューしたセダン、5代目「ホンダ・インスパイア」の姿を、写真で紹介する。
  • ホンダ・インスパイア アバンツァーレ(5AT)【試乗記】 2003.7.19 試乗記 ホンダ・インスパイア アバンツァーレ(5AT)
    ……402.0万円

    見かけはオートドクスなセダンながら、「自動運転(ほか)」に向けての先進技術を満載したホンダの新しい「インスパイア」。横浜で開催されたプレス試乗会に、『webCG』記者が参加した。


  • ホンダ・インスパイア30TL(5AT)【試乗記】 2003.8.14 試乗記 ホンダ・インスパイア30TL(5AT)
    ……324.0万円

    プリセーフティーをはじめ、ハイテク満載で登場したホンダのフラッグシップ「インスパイア」。片バンク休止機能を搭載する、新しいV6に感心した『webCG』エグゼクティブディレクターだが……。


  • ホンダ・インスパイア アバンツァーレ(5AT)【ブリーフテスト】 2004.3.16 試乗記 ……382.0万円
    総合評価……★★★

    走行状況に合わせてV型6気筒の片バンクを停止し、省燃費を実現したホンダのサルーン「インスパイア」。ドライバー補助システム「HiDS」、プリクラッシュセーフティなど、数々のハイテクを搭載するトップグレード「アバンツァーレ」を、自動車ジャーナリストの生方聡がテストした。


ホームへ戻る