【スペック】全長×全幅×全高=3925×1680×1530mm/ホイールベース=1920mm/車両重量=1060kg/駆動方式=FF/1.3リッター直4DOHC16バルブ(91ps/6000rpm、12.6kgm/3500rpm)/車両本体価格=107.0万円(テスト車=119.1万円/フレンドパッケージA(4.6万円)=ダークティンテッドガラス/撥水ドアミラー/撥水フロントドアガラス/撥水フロントガラス/運転席大型アームレスト/リアアシストグリップ/リアドアスピーカー×2/オーディオリモートコントロールスイッチ付ステアリング、DSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロールシステム(6.2万円)、フロアマット(1.3万円))

マツダ・デミオ Casual 1.3リッター(5MT)【試乗記】

チャキチャキ走る 2002.11.28 試乗記 マツダ・デミオ Casual 1.3リッター(5MT)……119.1万円マツダの大ヒット作「デミオ」。2代目となった新型のベーシックモデルである、「CASUAL」の1.3リッター、しかも(レアな)5段マニュアル仕様に、webCGオオサワと、自動車専門誌『NAVI』の新人岡田威紀編集部員が乗った。
前席で1358mm、後席で1348mmのショルダースペースは、クラストップレベルと謳われる。前席は、シート幅が38mm拡大された。運転席には、ラチェット式のハイトコントロールがつく。

前席で1358mm、後席で1348mmのショルダースペースは、クラストップレベルと謳われる。前席は、シート幅が38mm拡大された。運転席には、ラチェット式のハイトコントロールがつく。
センターパネル裏側に、エアコン、オーディオなどをあらかじめ取り付け、車両組み立て時にパネル全体を取り付ける「モジュール方式」を採用。「アテンザ」から、本格的に採用された手法である。

センターパネル裏側に、エアコン、オーディオなどをあらかじめ取り付け、車両組み立て時にパネル全体を取り付ける「モジュール方式」を採用。「アテンザ」から、本格的に採用された手法である。
後席は、左右一体で160mmスライドでき、左右独立してリクライニング可能。一番前までスライドさせるだけでも、荷室の奥行きを拡大できる。

後席は、左右一体で160mmスライドでき、左右独立してリクライニング可能。一番前までスライドさせるだけでも、荷室の奥行きを拡大できる。

いいクルマ感

:マツダの大ヒット「デミオ」の2代目に乗ったワケだけど、感想は?
:『NAVI』の佐藤トシキさんはじめ編集部員から、「新しいデミオ、いいよ〜!」と聞いていたんですが、乗ってみたらそのコトバどおり「いいクルマ感」がしました。
:「いいクルマ感」ときましたか。どのへんで感じたのか、聞いていきましょう。
:ちなみにテスト車は、「Casual」グレードのもっともベーシックなグレードですね?
:そう。デミオは、ベーシックな「Casual」、オシャレな「Cozy」と、スポーティな「Sport」の3種類にキャラクターがわけられていて、テスト車はカジュアルの1.3リッターモデル、5段MT仕様! 車両本体価格107.0万円の、いわゆる“最廉価グレード”だよ。
:ディンプル加工されたダッシュボードとか、CDオーディオとエアコンが収まる、シルバーのセンターコンソールなどの質感がカッチリしてます。
:マツダご自慢の、コンソールパネルと内部の機械類をセットにして組み付ける、“モジュール方式”センターコンソールがお気に入りか。
:やたらと解説調ですね。
:……モジュール方式は、コストダウンの決め手といわれている。
:それはともかく、新鮮な印象を受けました。
:シートのすわり心地とか、室内空間の広さはどうだった? 187cmと『NAVI』で一番背が高く、XLサイズのヘルメットしか入らない“巨大頭”で有名なオカダ君。
:“巨大頭”はほっといてください……。ともあれ、硬すぎないシートの座り心地はよかったです。ボクにとって問題のヘッドクリアランスも余裕たっぷり。
:そりゃすごい。ボディが大きくなったから、大柄なオカダ君でも余裕なのかも。全長×全幅×全高=3925×1680×1530mmは、先代と較べてそれぞれ125mm、10mm、30mm大きいし、ホイールベースも100mm長い。
:先代に較べて大きくなったサイズも、「いいクルマ感」を感じさせる一因かもしれないです。

Zoom-Zoom!

:走ってみてはどう? まずエンジンから。マツダが新開発した「MZR」は、1.3リッター版が91ps/6000rpmの最高出力と、12.6kgm/3500rpmの最大トルクを発生。
:低回転からトルクがあって、クラッチミートがラクでした。
:走り出すとどう?
:2000rpmから4000rpmくらいまで、トルクが厚い感じがします。街乗りがラクですね。5000rpm以上では、さすがにノイズが高くなりますが、2速で90km/h、3速で100km/h+αまでカバーするから、高速道路の合流とか追い越しも普通にこなせた。「Zoom-Zoom」ってカンジですよ。
:ちなみに、5速での100km/h巡航は3000rpm。オーディオも聞こえるし、同乗者と普通の声で会話できる。気になるトコロはあった?
:エンジンは気持ちいいんですが、シフトフィールがちょっと気になりました。横方向はちゃんと動くのにタテはグニャっとして、ギアが入ったのか入らなかったのかわかりにくい。
:走行中は何度もシフトするからね。シフトフィールは大事なポイントだ。
:ところで燃費が気になったんですけど。ボクが乗ったとき、トリップメーターは300kmを超えてたのに、燃料計を見るとガソリンが1/3ほど残ってたから。
:今回の参考燃費は11.5km/リッター。このクラスとしてビックリするほどよくはないけど、試乗した時は、大人3人+撮影機材を積んで山道を走ったりしたからリッパなもの。ということは、大人3〜4人で旅行に出かけた場合、燃費はだいたいこれくらいってことかな。

写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。



気が利いてる

:ハンドリングはどう? Zoom-Zoomしてた?
:どの速度域でもステアリングは適度な重さを保つし、路面状況も手に伝わってきます。
:新型デミオに採用した、エンジン回転数感応式パワーステアリングのおかげかな。
:コーナリングは、イメージ通りに曲がれるっていう感じ。ハンドルを切ったら「これくらい曲がる」という感覚に沿う。
:乗り心地は?
:ゴツゴツした突き上げが少なくて、よかったです。高速道路で速度を上げると、段差を通過した後上下にフワフワすることもありましたが、適度に柔らかくていい乗り心地だと思います。
:これでお値段が107.0万円。オカダ君的にはどう?
:日産「マーチ12c」(5ドア/5MT)の109.5万円、トヨタ「ヴィッツ U」の1.3リッターモデル(5ドア/5MT)の118.5万円より安い。チャキチャキ走るし、ハイトワゴンならではの広さと実用性がある。後席スライド機構で荷室を大きくしたり、ヘッドレストを抜かないでダブルフォールディングできるのは、撮影機材を積むにも使い勝手がヨカッタ。
:付け加えると、荷室からもフォールディング操作ができるのが便利。「荷物が大きすぎて入らない」と思ったら、すぐにスペースを拡大できる。
:生意気いうようですけど、気が利いてます。
:さすが、ハイトワゴンのヒットを飛ばしたデミオ!
:ベタなオチですねえ。
:ところで、「Zoom-Zoom」って、どういう意味?

(文=webCGオオサワ&NAVIオカダ/写真=清水健太/2002年9月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

デミオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・デミオXDツーリング(FF/6AT)/デミオ13Sツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.2.23 試乗記 発売から1年あまり、「マツダ・デミオ」がドライバーとの人馬一体感を深める改良を受けた。その進化のほどは? 「デミオXDツーリング」と「デミオ13Sツーリング Lパッケージ」に試乗した。
  • マツダ・デミオ15MB(FF/6MT)【試乗記】 2016.3.29 試乗記 マツダが「デミオ」に設定している「15MB」というグレードは、モータースポーツへの参加を想定した競技向けのベース車両である。しかし、モータースポーツに参加する予定がない人にも、大いに薦めたいモデルだ。その理由は……。
  • マツダ・デミオ13S(FF/6AT)【試乗記】 2014.11.10 試乗記 デビュー以来、好調なセールスが伝えられる4代目「マツダ・デミオ」。このクルマならではの魅力はどこにあるのか? ガソリン車の中間グレード「13S」で探った。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
ホームへ戻る