スバル「レガシィ」シリーズに特別仕様車

2002.11.28 自動車ニュース
 

スバル「レガシィ」シリーズに特別仕様車

富士重工業は、スバル「レガシィツーリングワゴン」と「B4」に、走行性能を強化した特別仕様車「Sエディション」を設定し、2002年11月27日に販売を開始した。


【写真上】スパークイエローマイカのツーリングワゴン「GT-B EチューンII Sエディション」
【写真下】WRブルーマイカのB4「RSK S-edition」(両モデルが装着するBBS製鍛造アルミホイールは、メーカー装着オプション)
 

レガシィ「Sエディション」は、2リッターターボを積むワゴン「GT-B EチューンII」と、セダン「B4 RSK」がベース。フロントに、対向4ポッドキャリパーブレーキを装着。ポッドは、前後とも赤に塗装される。またステアリングギアレシオは、通常の16.5:1から15.0:1の「クイックステアリングギアレシオ」に変更、さらにフロントにヘリカルLSD(5段MTのみ)を奢った。
内外装は特別装備でスポーティに演出、「WRブルーマイカ」と「スパークイエローマイカ」、2色の専用色が設定される。

内外装の特別装備は、以下の通り。

●Sエディション特別装備
・ダークグレーヘッドランプベゼル
・カラードフォグランプカバー(RSK)
・サイドターンランプ
・チタン調センターパネル
・アルミパッド付きスポーツペダル
・MOMO製本革巻きステアリングホイール(チタン調リング)
・MDプレーヤー&6連奏CDチェンジャー付きAM/FMチューナー一体120Wオーディオ+6スピーカー

●主要装備
・HIDロービームランプ
・ビルシュタイン製ダンパー
・4センサー4チャネルABS
・デュアルSRSエアバッグ&サイドエアバッグ

価格は、「GT-B Sエディション」の5段MTが299.3万円、4段ATは304.8万円。「RSK Sエディション」は、5段MTが272.3万円、4段ATは277.8万円。

(webCGオオサワ)

富士重工業「スバル」:
http://www.subaru.co.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
ホームへ戻る